gori3さんの映画レビュー・感想・評価

gori3

gori3

映画(151)
ドラマ(0)

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.8

ええやん。つっこみどころは多々あれど、映画のヒロインが飛び出てくる世界で野暮はいいっこなし!
劇場のおっちゃんの粋な計らい。先達としての関わりにジーンとくる。
私にとってはビターエンドだが、二人にとっ
>>続きを読む

リトル・フォレスト 冬・春(2015年製作の映画)

4.0

円でなく螺旋。
これにつきる。とあるおっちゃんがオススメしてきたときは胡散臭く思ってたけども確かに今の自分には刺さる。
円でなく螺旋なのだな(;´д`)

愛と青春の旅だち(1982年製作の映画)

4.0

リチャード・ギアめっちゃカッコいいやん。
なんやろはじめはフルメタルジャケットな気持ちで見てたのだが、ベトナム戦争後ということもあり、社会の雰囲気も少しずつ変わってきているところ。キャンプのある土地で
>>続きを読む

リトル・フォレスト 夏・秋(2014年製作の映画)

3.5

のびーっと見るのにはよし。
せっかく野生児という設定なのだから、水のはった桶を運ぶところはしっかり水を入れてほしかった。酢とみりんの絵がちがっとったり、微妙なところが気になった。後、合鴨さん。しめる所
>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

3.0

素晴らしい作品だったが、家で観るのはツラい…今度は映画館で観たい(;´д`)

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.5

しみじみしみた。
刑務所からの脱獄話…という前情報はあったが、全くそんな気配なく進むのだが…畳み掛けるように伏線が回収されていく様、そして、レッドの仮釈放へ向けての面接。
ド派手なシーンはないが、心う
>>続きを読む

コマンドー(1985年製作の映画)

3.0

シュワちゃんの筋肉5点満点。サービスカットの背中!切れてるよ!二頭筋がチョモランマ!(;´д`)
でも、コマンドー部隊、弛みすぎ。
ベネット!あんたもうちょいシェイプアップしなさい!グリーンベレーの人
>>続きを読む

弥生、三月-君を愛した30年-(2020年製作の映画)

3.8

波留さんがすてきでした(;´д`)
のっけからガンガンに飛ばしていくスタイル。開幕KISSはびっくりしたが、そら惚れてまうわな。タイミングのズレですれ違う二人。その原因を作ったのがサクラなら結びつける
>>続きを読む

ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!(2018年製作の映画)

4.2

心のライオンをたおせ!
いやもうサイコーやないかい!中身はなんもない(誉めてる)せやけど、グッと気持ちが熱くなる!展開無茶苦茶荒唐無稽。だが、ラストシーン。これで上がらんこたぁないでしょ!特別音響で観
>>続きを読む

ファイティング・ファミリー(2019年製作の映画)

4.2

青春ドストライク。べっぴんさんばかりの中にめっちゃ異質なペイジ確かにおったおった!次兄の苦悩、長兄のアドバイス。繋がる話。実話ではないだろうが、凄くしっくりほんわかした。
HHH対ロックに燃えたみんな
>>続きを読む

みとりし(2018年製作の映画)

4.0

みとりし
という仕事があるとは知らなかった。が、現代社会を思えばこれからますます必要になってくる仕事だろう。途中は何度かそんな軽率な!って気分になりましたが、みとりしという仕事の光の部分だけでなく、闇
>>続きを読む

家族を想うとき(2019年製作の映画)

4.0

ハッピーエンド…!何て思っていた時期が私にもありました。ビターエンド、トゥルーエンド。
息子ー!てっなるのやけどその息子も見えない何かに縛られる。現代社会の光と影。父の苦悩と心労。息子の足掻きに娘の閉
>>続きを読む

キャッツ(2019年製作の映画)

4.2

凄くよかった。歌もダンスもすてき。マキャビティの大物な小物感ええわぁ。私好みの作品(;´д`)
猫が気持ち悪い人。わざわざ観に行かなくても。私はすぐ慣れた。ストーリーが意味わからんとかはやってこれミュ
>>続きを読む

HiGH&LOW THE WORST(2019年製作の映画)

4.2

こまけぇ事はいいんだよ!
どつきあいを楽しめ!ストーリーは二の次三の次!脈略なくとも何のその。いや、楽しかった!完全に俺向け!何で応援上映とらんかったんや!大失敗!(;´д`)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.0

よくわかりませんでした(;´д`)
やくしゃのおんなのこがかわいかったです。

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

3.8

わからん…!きゃんたまがヒャーン!となる途中のレースシーンも、二人のガキのケンカもものすごい好みで、最高に楽しかったのだが、なんやろう。終わってからグッと来るものがない。面白かったんだよ…?なんでや…>>続きを読む

男はつらいよ お帰り 寅さん(2019年製作の映画)

4.0

初男はつらいよ
シリーズの面白さを感じながら、うるっときながら、まぁ、こんなもんかと思っていたがな、エンディングの曲が反則。凄くしみた。長年愛される作品なのだなと感じる。良かった。

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.0

なんやろ…すごく素敵な時間やった。
リアリティは正直ないのやろうけど、ビートルズやらコカ・コーラがない世界やからそこはOK!凡人が過ぎた力に惑わされながら、それでも自分を取り戻す。そんな事を思った。
>>続きを読む

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作の映画)

3.5

ディカプリオやらしい!サミュエル最悪やん!主人公いいよ!その割りきり!ドクターお父さんみたい!途中まで今年度ベストの道を爆進!…なのに、ダルタニアンの解釈が全く合わない!何かもう最後が無…ではないが上>>続きを読む

駅馬車(1986年製作の映画)

3.5

1940年!戦争の只中やないかい!そんな中で娯楽映画を作る余裕があるとは…恐るべしアメリカ!
結局ダラス嬢が何を厭われていたかわからんかった。もう少し当時の事がわかっていればもっと楽しめていたのだろう
>>続きを読む

15ミニッツ・ウォー(2019年製作の映画)

3.5

政府はクソ…と思わされるが、そうせざる負えない国際情勢。しかして、犠牲者は…かくして現場は追い詰められる…無情。

アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場(2017年製作の映画)

4.0

不覚にも途中で寝てしまったが、タイトル通り英雄なき戦場だった。戦争という怪物とどう向き合っていかなくてはいかないか考えさせられた。ソ連と講話した二次大戦のフィンランドは化け物だとしか思ってなかったが、>>続きを読む

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

4.5

まさかこんなに胸に来るとは!
音楽は好きやけどピアノ?なにそれおいしいのレベルの私がわけわからんが刺さった!
天才だけの話だと置いてけぼりにされるけど、そこに松坂桃李演じる庶民派ピアニストがいる!(我
>>続きを読む

ディリリとパリの時間旅行(2018年製作の映画)

3.5

日本のアニメとの違いにはじめは戸惑ったが、慣れてくれば味のある絵が逆に良かった。子ども向け(だよね!?)なので、色々と突っ込みどころのあるお話だったが、マダムのマイペースっぷりにずっこけること多々あり>>続きを読む

ジョアン・ジルベルトを探して(2018年製作の映画)

3.5

ボサノヴァの始祖を探し求めるドキュメンタリー。1ジャンルを築き上げる人はやはり普通ではないのだなとひしひしと感じさせられた。完全に変人…のように思えるが、それだけではないのだろうなぁ(;´д`)恐るべ>>続きを読む

仁義なき戦い 完結篇(1974年製作の映画)

4.0

きっちりと広能さんの引退が描かれた今作。でも、ハッピーなど微塵もなくヤクザってなぁどうしようもない稼業だということを見せつけてくる。ただ、生き残ったものも燻って死んでいくのだろうなぁ…(山守の親分は除>>続きを読む

ブラインドスポッティング(2018年製作の映画)

4.5

二回目でさらに好きになった。やはり、ダブル主人公やな。白だが白になりきれず、黒に染まりたいが染まれない、一線は越えられない白人。そんな彼を理解していくことにした奥さん。(ひょっとしたら諦めてる?)後、>>続きを読む

仁義なき戦い 頂上作戦(1974年製作の映画)

4.0

噛めば噛むほど味のでるスルメのような作品。ここで終わってもええよなと思わされる。広能さんは大阪で親っさんと刺し違えたほうが幸せやったのかなぁ(;´д`)

仁義なき戦い 代理戦争(1973年製作の映画)

4.5

一度目はわからなかったところがどんどん理解できる!広能さんの出番とその他のメンバーのバランスが秀逸。そして山守の親っさんの化け物じみた様子(見た目はグダグダなのだが)が最高!すごい好き!(;´д`)

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

4.5

劇場で初観賞。音にこだわる塚口サンサン劇場4番シアターだったのもあるが歌に圧倒された。この作品こそ劇場の大音響で聞きたい作品。次に観るなら音響の良いところじゃないと魅力が半減しそう。ああ無情、なれど無>>続きを読む

ある精肉店のはなし(2013年製作の映画)

4.0

屠殺という仕事をしているとすごいね。と言われる。僕からしたら自分の手を汚さずにお肉を食べる皆さんの方がすごい。
これにつきるよなぁ。生き物は他者の命を頂かないと生きていけない。だからこそ感謝の念を持つ
>>続きを読む

キング・アーサー(2016年製作の映画)

4.0

鈍器カリバー!…ではなかったが、聖剣にたいする雑な扱い。貴種流離ではあるが、最後までチンピラ。でもまぁ、それがええんかな!楽しくみさせてもらいました。
時代考証?カンフージョージがおるのにそんな事言っ
>>続きを読む

キング・アーサー(2004年製作の映画)

4.0

鈍器カリバーというパワーワードのもと観賞したがキングアーサー違いだった(;´д`)
が、めっちゃ好み!はじめはボーグが。最後はランスロットが!幸せなアーサー王物語(ハッピーだけではないが)リアルエンド
>>続きを読む

決算!忠臣蔵(2019年製作の映画)

3.0

高速参勤交代!とかのシリーズだよね?
安定のクオリティ。火消し衣装が討ち入りの装束やったのはそういうわけね。なるほど、勉強になりました。
お金、大事(;´д`)