saikiさんの映画レビュー・感想・評価

saiki

saiki

映像制作、画家

飛行機内の小さなモニターで映画を見ることは、冷えて伸びきったラーメンを食べているようなものだ。

オールタイムベスト
ランボー
ナイトクローラー
マッドマックス
Shaking Tokyo
犬神家の一族
他人の顔
トニー滝谷
LAコンフィデンシャル
cure
黒い家
復讐者に憐れみを
渇き
オアシス
息もできない
プレデター
ソナチネ
ディアボロス

映画(227)
ドラマ(1)

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます


「レヴェナント」と「ファーゴ」を混ぜたような映画


極寒の大自然は壮大だがとても恐ろしく、その中で生きる人間はものすごく無力に見えた。

人間の善し悪しなど自然には関係ないから、ただ冷徹で残酷。
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

4.0


バリーシール微妙だよとか言ってたやつ誰だよ!面白いじゃねーか!

トムがヘラヘラしながらウルフオブウォール的に成金になっていく感じ
気持ちいーぜー

やっぱりダグリーマンの作品は落としちゃダメだな
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.0


マッドマックス以来のアクションとか言ってる人いたけど片腹痛いわ
マッドマックス舐めんな

人生はビギナーズ(2010年製作の映画)

3.0


It’s okay.

This is your first time spending a life.
So you make mistakes.

You are just a beginne
>>続きを読む

ノー・エスケープ 自由への国境(2015年製作の映画)

1.0


低予算でアイデア勝負の映画かと思って期待していたがこれはハズレ。

砂漠でスナイパーに狙われる映画として、
傑作「ザウォール」の足元にも及ばない。

そもそもスナイパーのキャラが薄いんだもん。正体を
>>続きを読む

全員死刑(2017年製作の映画)

3.9


始まってすぐに園子温みたいだなと思った。
いかにも自主制作っぽいエネルギーとか、
パンチラとか、過激なバイオレンスシーンとか、色付きの照明とか。

自主制作あがりだし、
予算も全然ないだろうから、
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます


パターソンは
日々のルーティンに忠実な男
同じ時間に起き、
同じシリアルを食べ、
時刻表に沿ってバスを走らせ、
犬の散歩がてらバーで一杯のビールを飲む
その繰り返しだ

そして平凡な毎日の中で
ふと
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.0

サブカル女子目掛けてマーケティングしたような映画でしたが楽しかったです

ALONE/アローン(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます


「127時間」と「ザウォール」をミックスしたような設定

「127時間」のように痛々しいシーンが待ち受けてるわけでもないし、
「ザウォール」のように外敵がいるわけでもないので、ものすごく地味だ…
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます


とにかく各キャラクターに対するこちらの印象をどんどん変えていく映画だな。

リズの印象は二転三転するのは言わずもがな

売春男のロバートフォードは、
こいつうぜーって印象だったのに後半ではナイスガイ
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.5


吹雪の日に、お湯に浸かり、
冷え切った体をゆっくり温めながら、
体についたゴミを一つずつ取り除いていく

カウンセリングのような映画でした

というかグルーミング映画ですね

この映画の解説はこの方
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.7


完璧主義・唯我独尊の芸術家がもし床に伏せ、賢明な看病をされたら、それでも彼は完璧主義・唯我独尊でいられるのか?
という所からアイディアを膨らませていったという完璧主義・唯我独尊なPTA監督

おいP
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます


アクションシーンも増量で
ふざけ度合いも増量だけど
主人公が一度どん底に落ちてそこから這い上がる、というテンプレ構成は、真面目だな〜と思った。

どん底に落ちる所は基本的に退屈。
仕方ないけどね。
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ブツ切りの編集と、
毒々しい音楽と、
ホアキンとホアキンとホアキンが
最高だった。
ホラー映画の演出でやったノワールって感じだ。
コレは今年ベスト10入り決定。

何が起きてるのかをいちいち説明しない
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます



前作の「三度目の殺人」からまたグッと家族テーマに戻った是枝作品

相変わらず、丁寧な演出と役者陣のアンサンブルが際立っていたのは言わずもがな。

是枝作品の常連である樹木希林は
なんか顔の輪郭や、
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます


このオストルンド監督、
人を居心地悪くさせる演出が上手い。

前作のフレンチアルプスも物凄く胃がキリキリする様な作品だったけど、今作もそんな感じ。

アートのトークイベントという静粛な場で、
トゥレ
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ショーンベイカーの映画は好き嫌いが分かれる。
おれは嫌いな方。生理的に無理。

タンジェリンもそうだったけど、ショーンベイカー映画は最初の30分とかは超退屈なんだよね。
今回は特にコレと言ったストーリ
>>続きを読む

タンジェリン(2015年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

きっついわー

最初の20分くらいは退屈
やたらケバい
画面に映るものが全てケバい
音楽もケバい
こういう種類の映画、
好きじゃないからめちゃくちゃキツかった。

終盤の人間関係の絡み、そこに向けての
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

「あんた、タバコ吸っとったん?」
「おお、吸っとったで」
カチン、シュポ

からミッションインポッシブル始まると思った

マザー!(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

この不穏な空気感を作るのが、上手い。
演出を見てるだけで面白いよ。

ミシェルファイファーがでてきて嫌な予感。
良いキャスティング
これはマズイ…って気持ちになる

デリカシーのない人々に強引に持って
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.3

このままガンガン盛り上がって突っ走ってくれー!って所でドラマシーンが入っちゃうから、あぁ…イキたいのにイカせてくれない、、みたいなのが何度か続いたのでドッと疲れたし長く感じた。

二階堂ふみが大竹しの
>>続きを読む

FAKE ディレクターズ・カット版(2016年製作の映画)

3.0

森達也って真面目で堅実なイメージだけど
ほんとはすごくいやらしいよね

港町(2018年製作の映画)

3.0

想田監督の作品にしては、
集中力や読解力をあまり要さなかった。

切り取った時間と、空気感と、
牛窓という街並みと、
そこにいる人々の生き様を
ゆーったり嗜む感じ。

毒っ気はほとんど無いし、
何も起
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

4.5

誰かが言った
「スターウォーズ、テメーはダメだ。オレが観たかったスペースアドベンチャーはコレ!」
まさに!コレコレ!

広い宇宙に広がる世界!
多種多様な種族との共存!
未来のガジェット!
若い2人の
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

シャイニングの下り最高!!笑

そしてやっぱゲームやんないとダメだな。
ゲームは子供がやる無益なものって考え方が古いって事を再認識した

以下imdbからのトリビア
・スピルバーグ曰く、今作は三番目に
>>続きを読む

ラブレス(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます


すげぇ映画見ちゃったな。。

これ、ゴーンガールやブルーバレンタインに対するロシアからのアンサーって感じの映画だよ

ゴーンガールやブルーバレンタインよりも、鋭くて、意地悪で、いちまい上手。

描く
>>続きを読む

>|