ブタブタさんの映画レビュー・感想・評価

ブタブタ

ブタブタ

映画(834)
ドラマ(7)

日本沈没(1973年製作の映画)

4.0

昨年末、世田谷文学館で開催された『小松左京展《D計画》』を見に行来ました。
展覧会のタイトルにもなっている《D計画》とは『日本沈没』に登場する日本民族脱出計画の事です。
あの頃は日本はおろか世界が種類
>>続きを読む

アンドロメダ…(1971年製作の映画)

4.0

子供の頃、懐かしの『月曜ロードショー』(解説・荻昌弘)でやってて、SF映画という事もあり楽しみにしてて見たけど余りの静かで何も起きない展開に途中で寝た。
覚えてるのは謎のウィルスで死んだ人間の血液が砂
>>続きを読む

戦国自衛隊1549(2005年製作の映画)

-

半村良・原作の小説『戦国自衛隊』 はタイムパラドックスによって主人公が織田信長になってしまう。
で『1549』はストーリー的に原作の続編なんですね。
軍隊の特殊部隊が異国の地で行方不明になり、その指揮
>>続きを読む

茶々 天涯の貴妃(おんな)(2007年製作の映画)

-

「当初は米倉涼子の主演を予定していたが(中略)降板」
言っちゃ悪いけど茶々の元タカラジェンヌの人、目が離れすぎてて『インスマスを覆う影』の魚人に見える。
あと髪型が前頭葉部に二つコブがボコっと出てるの
>>続きを読む

映画 としまえん(2019年製作の映画)

-

子供の頃、家族でとしまえんに行き今はなき旧ミラーハウスで本当に迷って出られなくなり泣いて係員さんに救出されたんですけど、その後事ある毎に親にその時の事を言われて笑い物にされ、今だにその事で親を憎悪して>>続きを読む

バンパイアハンターD(2000年製作の映画)

4.0

菊地秀行原作『吸血鬼ハンターD』より『Dー妖殺行』のアニメ化。
原作をほぼ完璧に映像として再現しつつもアニメ化に当たってアレンジも加えている。
特に吸血鬼に魅入られる名無しの娘がヒロイン、シャーロット
>>続きを読む

ブラックマジック M-66(1987年製作の映画)

4.0

原作者・士郎正宗による唯一の(北久保弘之共同)監督作品。
しかし正確には絵コンテ・士郎正宗、監督・北久保弘之、らしい。
大友克洋『AKIRA』と並ぶ重要作品だと思う。
士郎正宗自身による『ブラックマジ
>>続きを読む

ボーイ・ミーツ・ガール(1983年製作の映画)

3.7

カラックスによるゴダール『気狂いピエロ』なのか。
いろんな映画の引用、Remixで出来ている、らしい。
カラックスの習作ともいえる映画。
その分のちのカラックスの作風・濃度に満ちてる。
ストーリーは特
>>続きを読む

汚れた血(1986年製作の映画)

5.0

レオス・カラックス監督【アレックス青春三部作】を一気見したので再レビュー。

「愛は伝染する」
「少年は金庫を、少女は掟を破った」

ジャン・リュック・ゴダール、リュック・ベッソンらと新しい仏映画の才
>>続きを読む

北京原人 Who are you?(1997年製作の映画)

-

ウパ━━━━━━━━━━━━━━━ッ
ついに見た!
『幻の湖』『シベリア超特急』と並ぶ日本三大ボンクラ映画。
その中でもブッチギリの底抜け大駄作。
しかし北京原人の酷さって前記2作より『デビルマン』よ
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

-

基本ジャニーズ映画は嫌いだし、ジャニーズも嫌いだし、ならYou!見なきゃいいじゃんm9( ゚Д゚) ビシッ!て地獄のジャニーさん(By長瀬くん)に言われそうだけど、映画館に行く程でなく、配信で来たら>>続きを読む

ロボコップ(1987年製作の映画)

4.5

「1ドルでたのしむべ~www」
大企業が支配する近未来ディストピア、荒廃しきったデトロイト。
(現実のデトロイトは今『イット・フォローズ』に見る様に廃墟と化してるみたいですが)
アメリカは米墨戦争真っ
>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

4.5

『ジョジョ』の荒木飛呂彦先生はSキング大好きでその多大なる影響を本・インタビュー等で沢山語ってますが、『ドクタースリープ』は一周回って『ジョジョ』の実写版みたいに見えた。
人間と人間以外の者達との、光
>>続きを読む

ドキュメンタリー 鏡の中の戦争(2014年製作の映画)

2.0

やってるのがロバート秋山さんなら本当にそのまんま『クリエイターファイル』になってしまう。
昔働いてた職場にもいました。
元警察官で現在は予備役(日本にそんな制度なない)で僕に打ち明けてくれた処によると
>>続きを読む

将軍家光の乱心 激突(1989年製作の映画)

3.0

冒頭のキャスト・テロップがなんか丸っこい可愛いフォントなのは何故?
載ってる作品は素晴らしいのに編集がダメっていう美術作品集とかあるけど、この映画はそんな感じ。
アクションはスゴいけど映画としての細か
>>続きを読む

ねらわれた学園(1981年製作の映画)

2.5

大林宣彦監督追悼特集で改めて鑑賞。
特に言うことは何も無い。
ただ、このポスターヴィジュアルが滅茶苦茶カッコよくてこの雰囲気の本編も見てみたかったもの。

バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲(1997年製作の映画)

1.0

蛇蝎のごとく嫌われてる興行もコケた駄作。
オープニングのバットマンとロビンがスーツを装着して武器を装備してこれから出撃って一番大事な掴みのシーンで二人のケツがプリ~ン❤てアップになる。
やる気あんの?
>>続きを読む

パンドラム(2009年製作の映画)

2.5

ポール・アンダーソンが制作に回り米独合作のSFホラーとの事で『イベントホライゾン』の続編的な作品というか同一世界観かと思って期待し過ぎたのが失敗でした。
日本のポスターヴィジュアルが人がエリンギみたい
>>続きを読む

イベント・ホライゾン(1997年製作の映画)

4.0

『モンスターハンター』も楽しみな我らがボンクラ映画の巨匠〝ダメな方の〟ポール・アンダーソン監督のカルト的人気をもつSFホラー映画。
既に言われてますが兎に角パクリというかあらゆるこの手の作品のパッチワ
>>続きを読む

スティーブン・キング/ランゴリアーズ(1995年製作の映画)

3.5

テレビのミニシリーズとして制作されたそうで前後編3時間もある。
10人の人間を残し乗客が消えた旅客機が異世界へと迷い込む『ミスト』と並ぶキングのパニックスリラー物が原作。
お約束のクズキャラクター「ト
>>続きを読む

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝(2008年製作の映画)

1.0

監督が代わったり、レイチェル・ワイズがいないし何で中国?の色々残念なPart3。
まあ3作目は大抵ダメだってXメンでも言ってたし。
見るべきは兵馬俑軍団だけ。

ハムナプトラ2 黄金のピラミッド(2001年製作の映画)

4.0

1作目同様相変わらず面白い。
特に白眉はミイラ兵士と二階建てバスのチェイス。
トム・クルーズのTheマミーは何でイムホテップ出さなかった!
ラスボス・イムホテップとセト神化してデビルマンみたいになった
>>続きを読む

ハムナプトラ 失われた砂漠の都(1999年製作の映画)

4.0

ハリウッド映画の潤沢な予算と一流のスタッフ・キャストが本気になればいにしえのホラー映画でもこんなにワクワクドキドキの超一流エンターテインメントになる。
正に超A流B級映画。
スターウォーズ・ファントム
>>続きを読む

シュトルム・ウント・ドランクッ(2013年製作の映画)

2.5

ヒロインである謎の女・松浦エミルを演じる中村榮美子さんは名古屋を拠点とする劇作家で美術家・天野天街さん主催の「少年王者館」に所属しており一年程前に天野天街コラージュ作品を集めた展覧会があって見に行きま>>続きを読む

囚われた国家(2019年製作の映画)

4.5

ルパート・ワイアット監督インタビューによるとこれは『影の軍隊』『アルジェの戦い』のSF版。
異星人地球侵略物といっても派手派手なビームが飛び交う様な物ではなく全てが静かに淡々と進行していく。
主人公で
>>続きを読む

続・荒野の用心棒(1966年製作の映画)

4.0

(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)ジャンゴォォォオオ~~♪
主題歌「さすらいのジャンゴ」はあまりにも名曲(`•∀•´)✧
残酷ウエスタンの元祖で大傑作。
棺桶を引き摺る黒尽ぐめの謎のガンマン・その名
>>続きを読む

キャッチ22(1970年製作の映画)

4.0

『ドグラ・マグラ』の夢野久作は先の大戦中、航空技術将校として南方戦線に従軍しその時の軍隊内の非常識で不条理かつ人間を狂気に駆り立てる軍隊独自の恐るべきシステムみたいな体験は『戦場』など多くの作品で描か>>続きを読む

千年女優(2001年製作の映画)

1.0

早逝の天才・今敏監督第二長編作品。
う〰️んという感想だった。
そもそもテーマ自体に興味がなかったのかもしれない。
ある女優のインタビューから始まり過去へ、その半生を虚々実々を交えてひたすら追い続ける
>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

3.5

早逝の天才・今敏監督最後の作品。
原作は言わずと知れた日本を代表する前衛実験小説家・筒井康隆。
『パプリカ』はまず95年に漫画家・萩原玲二によるコミカライズが今はなき講談社ミスターマガジンに連載される
>>続きを読む

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

4.0

当時は同人誌活動(と言っても写植の手伝い程度です)しててコミケにも毎回参加してた。
『パーフェクトブルー』のプロモーションで企業エリアに劇中登場するアイドル「CHUM」のコスプレイヤーさん?が来てたり
>>続きを読む

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実(2020年製作の映画)

4.0

右翼VS左翼という単純な図式では無かった。
少なくとも本作の最大の見せ場である三島由紀夫VS芥正彦の討論だけを見れば。
しかしこの二人の討論は言葉は悪いけど初めから出来レースというかプロレスで言えば「
>>続きを読む

PUSH 光と闇の能力者(2009年製作の映画)

1.0

「ダコタ・ファニングが可愛い」
以上。
クリス・エヴァンスとダコタ・ファニングが居てこの程度の映画しか作れんのか貴様らは…
気の抜けたX-Menというか日本でも染谷将太や松岡茉優が出てる気の抜けた超能
>>続きを読む

ドニー・ダーコ(2001年製作の映画)

5.0

『28日後に死ぬ〇〇〇』
タイムリープにパラレルワールド、主宇宙、接宇宙、謎の教本「タイムトラベルの哲学」…
之ぞカルトの超難解映画。
注・ネタバレ含みます。
🐰⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎
>>続きを読む

X-MEN:フューチャー&パスト(2014年製作の映画)

3.0

マシューボーン監督・脚本による『フューチャー&パスト』はどんな作品だったのか。
見ることが叶わなかった映画に対する妄想は膨らむばかり。
人口頭脳の暴走により崩壊した未来。
ラストのセンチネル軍団との戦
>>続きを読む

Vフォー・ヴェンデッタ(2005年製作の映画)

3.8

コロナウイルスのせいで映画館にも行けず(奥さんに「行くな(^ω^)」と言われてるので)配信映画を見るしかなく。
映画を見て今の日本の状況に酷似してるとか、そういう事は基本余り言いたくない。
エンターテ
>>続きを読む

>|