ブタブタさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • ブタブタさんの鑑賞したドラマ
ブタブタ

ブタブタ

警視-K(1980年製作のドラマ)

4.0

「必ず、ホシをあげる!」
「はーい!」
の『警視庁・捜査一課長』って勝新の『警視K』と対極にあるドラマだと思う。
勝新太郎・脚本・演出・主演『警視K』
そのアドリブ、即興の演出は「ヌーヴェルヴァーグ」
>>続きを読む

0

GHOUL/グール(2018年製作のドラマ)

3.0

もっと早く見ればよかった!
世界一信頼出来るプロデューサー、ジェイソン・ブラムさん制作のインド・ホラードラマシリーズ。
約3年経ってるのでややネタバレ注意で<(_ _)>
Netflixのインド産ドラ
>>続きを読む

0

アトランタ(2016年製作のドラマ)

5.0

ドナルド・グローバーを簡単に言うと星野源みたいな人?らしい。
歌手として成功し俳優としても高い評価を得る。
それだけに留まらず制作者・脚本家更には監督として映画(ドラマ)に於けるトータライズされた才能
>>続きを読む

0

ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路(2020年製作のドラマ)

4.0

ジョーダン・ピール✖️JJエイブラムスによるクトゥルフ神話を題材とした小説『ラヴクラフト・カントリー』をドラマ化。
クトゥルフ神話の創始者HPラヴクラフトは人種差別主義者である事はファンの間では既に有
>>続きを読む

0

ファルコン&ウィンター・ソルジャー(2020年製作のドラマ)

3.5

『敗者達(ルーザーズ)の物語』
『狼をさがして』を見た後だと感慨深い。
「神話には英雄を引き立てる為の敗者(ルーザー)が必ず存在し彼等は「敗北」する事によって神話を形作っている」
という、以上の言葉は
>>続きを読む

2

デッド・ゾーン シーズン6(年製作のドラマ)

3.5

ラストシーズンである。
スティーヴン・キングというよりも寧ろPKディック的な展開を見せる。
ハルマゲドンは回避された…筈なのにジョニーは核戦争後の破滅した世界に居る能力者とのヴィジョンを介した交信が始
>>続きを読む

0

デッド・ゾーン シーズン2(年製作のドラマ)

4.0

このシーズン2が一番よく覚えてる。
11話「神の真似事」が傑作エピソード。
移植手術でなければ余命僅かの心臓病の旧友ジェイソンの未来を見たジョニーはドナーが現れ助かるというヴィジョンを見る。
しかしそ
>>続きを読む

0

スター・トレック:ディスカバリー(2017年製作のドラマ)

4.0

面白いしスゴい。
『ディープスペースナイン』と同時進行で見てるけど超面白い。
ただ😅主役の人が好きじゃない…というか魅力を感じないし感情移入出来ない。
途中で見なくなったウォーキングデッドの時もそうだ
>>続きを読む

0

渡る世間は鬼ばかり 3時間スペシャル2019(2019年製作のドラマ)

5.0

「年も開け幸楽にもいつもと変わらない日常が訪れると誰もが疑いもしなかった2020年。新型コロリウイルスの世界的流行という危機的状況の訪れに幸楽もまた無関係ではいられないのでした。このピンチを乗り切る為>>続きを読む

0

仮面ライダーBLACK(1987年製作のドラマ)

5.0

【仮面ライダー50周年記念】として続々と、それこそ信じ難い様な企画・作品の数々が発表されましたが中でも個人的には庵野秀明監督による『シン・仮面ライダー』よりも
「え-(;゚ロ゚)-!」と驚いたのが白石
>>続きを読む

0

新!少年探偵団(2021年製作のドラマ)

3.5

昔から思ってるのが江戸川乱歩は横溝正史と違って映像化に向いてない。
横溝正史はスティーヴン・キング(その他多数)と同じく始めから文章が完全に映像として書かれてるのに対して乱歩の小説は、小説の中でしか存
>>続きを読む

0

死との約束(2021年製作のドラマ)

4.0

アガサ・クリスティ・原作、三谷幸喜・脚本、野村萬斎・主演《勝呂武尊》シリーズ第三弾。
原作『死との約束』は『オリエント』に比べると舞台はそんなに凝ってないし『アクロイド』と比べると世界そのものが覆され
>>続きを読む

0

黒井戸殺し(2018年製作のドラマ)

4.5

アガサ・クリスティ『アクロイド殺し』を、舞台を日本にしアレンジを加えながらほぼ忠実にそして完璧な映像化では。
原作はミステリーファンの間では超有名な絶対にやっちゃいけないタブーをやってしまった事で賛否
>>続きを読む

0

山田孝之のカンヌ映画祭(2017年製作のドラマ)

3.0

フィルマークスになかったと思うけど誰か申請してくれたお蔭?
『北区赤羽』に続く山田孝之主演のセミドキュメンタリーでモキュメンタリー。
今度は突然カンヌ映画祭パルム・ドールを取ると言い出す山田孝之。
>>続きを読む

0

1925年の明智小五郎(2016年製作のドラマ)

5.0

「乱歩は短編作家」と評論等では繰り返し言われていて、やはり乱歩の実験的・前衛的小説作家としての真骨頂は短編小説だと思う。
その乱歩の短編小説を忠実に映像化するとなると必然的に普通の所謂ドラマ・映画では
>>続きを読む

0

妖しい愛の物語(2016年製作のドラマ)

5.0

とにかく『何者』が素晴らしかった。
原作読んだ時はそんなでもなかったけどキャストのアニメ的とも言えるファッション・メイク・キャラクターデザインによって見たことも無い探偵劇となった。
話しはシンプルで、
>>続きを読む

0

リバースエッジ 大川端探偵社(2014年製作のドラマ)

-

『まほろ駅前多田便利軒』が『俺たちは天使だ』で『大川端探偵事務所』が『探偵物語』や『傷だらけの天使』等など70年から80年代初頭頃の都市を生きるアウトロー物のコメディが入ったドラマの復古と言うか。
>>続きを読む

0

山田孝之の東京都北区赤羽(2015年製作のドラマ)

3.0

江口寿史の例によって途中で終わった作品に
『平成大江戸巷談イレギュラー』という作品があって原作は狩撫麻礼の別ペンネーム、漫画アクション連載で11話迄ある物の単行本には五話しか載ってない。
フランチャイ
>>続きを読む

0

元カレ(2003年製作のドラマ)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

DVD-BOX買ってて何故か定期的に見たくなるドラマ。
放送当時、ロケ地である東急百貨店港北SCに自転車で行ける距離に住んでおり、港北周辺に買い物に行ったり聖地巡礼宜しくロケ地を見に行ってたりした。
>>続きを読む

0

愛するということ(1993年製作のドラマ)

-

「ストーカー」という言葉も存在もまだ一般的ではなかった時代に初めて「ストーカー」という物を描いたドラマ。
但し制作しているスタッフ・キャストも見ている視聴者も之が「ストーカー」という物だという認識はな
>>続きを読む

0

Sweet Home -俺と世界の絶望-(2020年製作のドラマ)

4.5

原作は未読。LINE発のwebコミックらしい乍どの位人気なのか。
漫画原作でNetflixの潤沢な予算での連続ドラマ化は日本では『今際の国のアリス』があったけど。
日本にもダークファンタジー、異能バト
>>続きを読む

0

教場Ⅱ(2021年製作のドラマ)

-

うちの奥さんがゴードンファン?らしく見てたのを一部横目で見た。
君塚良一脚本なのでゴミなのは分かってるけど陰湿で病的なイジメがなんかのエンターテインメントやお話しの起伏になると思ってる時点でドン引き。
>>続きを読む

0

ウルトラマン80(1980年製作のドラマ)

-

リアムタイムで見た初めてのウルトラマン。それだけに期待も大きくその分ガッカリしたのを今も記憶してる。
今年は放送40周年で盛り上がってる?ウルトラマン80である。
ウルトラマ~ンエイティ~🎵
の主題歌
>>続きを読む

0

マンダロリアン シーズン2(2020年製作のドラマ)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

面白かった!
ハッキリ言ってゴミ以下のスカイウォーカーの何とかを帳消し…とまでは行かないけど大分アレのガッカリ感を払拭してくれた。

旧三部作の最後の謎というか、残された最大の遺産「ボバ・フェット」と
>>続きを読む

0

今際の国のアリス(2020年製作のドラマ)

4.0

ボンクラ映画好きとしては予告にもあった「全身タトゥー日本刀男VSビキニ空手お姉ちゃん」のバトルだけで大勝利な気もする。

原作未読なのでどの程度、改変、脚色されてるかは不明。

映画・ドラマの感想とし
>>続きを読む

0

アウトサイダー(2020年製作のドラマ)

4.0

小説、原作の『ぼぎわんが来る』『リング』の映像化の様だった。
永遠のトラウマ絵本『ねないこだれだ』のオバケや「寝ない子は〇〇〇が来て攫って行く」という世界中にある伝承に出て来る妖怪や怪物。
「ブギーマ
>>続きを読む

0

犬神家の一族(2018年製作のドラマ)

-

最近また横溝正史✖️金田一の映像化が続いてきて、年一回ペースのNHKプレミアム『金田一』の長谷川博己、吉岡秀隆『横溝正史短篇シリーズ』の池松壮亮と、今や金田一のモデルケースとも言うべき市川崑✖️石坂浩>>続きを読む

0

ザ・ボーイズ シーズン2(2020年製作のドラマ)

3.5

後半盛り返したけど全体的にはS1には遥かに及ばなかった。
第一話アバンのブラックノワールによるスーパーテロリスト・ナキーブ瞬殺が一番面白かった。
能力者を管理してるヴォートの施設から脱走したスキンヘッ
>>続きを読む

0

ザ・ボーイズ シーズン1(2019年製作のドラマ)

4.5

実写、ヒーロー版『爆れつハンター』
面白かった!
ヒーロー狩り集団「ザ・ボーイズ」と下衆ヒーロー「セブン」の血みどろと虚々実々の戦い。
脚本の素晴らしさ。
「ナイトメア編」の悪のスーパーマンとも言うべ
>>続きを読む

0

柳生一族の陰謀(2020年製作のドラマ)

2.0

今わざわざリメイクする意味がよく分からない。
スケール、予算、東映のオールキャスト大作だった深作欣二映画版に及ぶはずもないのに、原作に深作欣二がテロップされる通りストーリーは映画版ほぼそのままだし。
>>続きを読む

0

誰かが、見ている(2020年製作のドラマ)

-

AmazonJAPANはダメだ。
アマプラを開けば松本人志が出てくるし、CMには三浦ルレい(読み方知らん)を出してるし、最近の老人が重労働(荷物仕分けは本当に大変。昔バイトで経験あり)してて「毎日勉強
>>続きを読む

0

女子高生の無駄づかい(2020年製作のドラマ)

4.0

「岡田結実事務所退所、バラエティから撤退の陰でこじるりが独りほくそ笑む」
「こじるり自滅!岡田結実の高笑いが聞こえる」
この記事書いた人はこじるりさんに恨みでもあるのか。
岡田結実さんは芝居に本腰に入
>>続きを読む

0

コブラ会 シーズン1(2018年製作のドラマ)

5.0

ほぼテーマはスターウォーズと同じ。
「正義」と「悪」全ては「バランス」
嘗てはダークサイド、悪役、いじめっ子でやられ役でしかなかったコブラ会。
そして34年の月日が流れ「最後のコブラ会」ジョニーの負け
>>続きを読む

0

死霊のはらわた リターンズ シーズン3(2018年製作のドラマ)

4.5


『死霊のはらわた2』が『死霊のはらわた』のスケールアップリメイクであった様に『ASHvsEVILDEAD』は『キャプテンスーパーマーケット』のスケールアップリメイクだった様に思う。
『キャプテンスー
>>続きを読む

0

西部警察 SPECIAL(2004年製作のドラマ)

1.0

フィルマークスに項目があるのに驚いた。
しかも感想は一人だけという(笑)
2003年、撮影中にクルマが見物人に突っ込み5人の重軽傷者を出した為に制作中止。
予定されてたドラマ版も全部中止でお蔵入り寸前
>>続きを読む

0

レギオン シーズン3(2019年製作のドラマ)

4.0

X-Men✖️ツイン・ピークスな非常に実験的なドラマだった。
なのにシーズン3完結編は普通のドラマとして着地しちゃったと言うかもっと前衛的実験的かつ滅茶苦茶なのが見たかった。
普通に感動的なラストとか
>>続きを読む

0
>|