堀田さんの映画レビュー・感想・評価

堀田

堀田

映画(64)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

キング・コング(2005年製作の映画)

4.5

小学生の時に家族で初めて見た作品なのですが、感動しすぎて涙が溢れたお話でした。見たことがない人にはぜひ見て欲しいです。とても切ないお話です。

猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011年製作の映画)

4.0

トム・フェルトンさんが出演しているということで観た作品だったのですが、猿の惑星が面白すぎました。猿の惑星をみるきっかけができてよかったと思いました。

ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館(2012年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

悲しき結末でした。
なんで…と思ってしまいますね。
恨みというのは怖いものですね。

ペット2(2019年製作の映画)

3.8

本当にハートフルなお話で、見ててほっこりして、面白さもあって、とても平和な気持ちになれるお話です。
元気がもらえるお話ですね。

ペット(2016年製作の映画)

4.0

ペット達の日常、その中で起きる事件がペットならではで可愛いと思いました。実際にペットが野良の動物と喧嘩していても、喧嘩してるんだなーと軽く感じることも、動物達からしたら壮絶な戦いなんだなと思うと面白か>>続きを読む

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

5.0

この監督さんの作品が本当に大好きです。
同じ方を前回同様主人公にされていて、主人公の方がまたとても素晴らしいです。
監督と主人公の方の相性はバッチリなんだと思います。
笑いあり、涙ありのお話というのは
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

5.0

映画の中で使われている曲がとにかく素晴らしいと思いました。映画を観ていなくても思い出す音楽であり、BGMとしても聴きたい音楽であり、本当に最高です。
アラジンの、世界観を作り出すのは難しいのでは?と思
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

5.0

感動の涙の嵐です。
最初は野獣がリアルなのかな⁇と不思議な気持ちで見始めましたが、想像を超えるリアルさでした。映画の世界観に入り込めるお話でした。心がぎゅっとなって、あたたかい気持ちにもなれて、エンド
>>続きを読む

コロニア(2015年製作の映画)

3.8

エマ・ワトソンに惹かれてこの映画を鑑賞しました。
内容は凄まじいもので、こんなにも恐ろしいところがあったら頑張る気力もなくしてしまうだろうと思いました。
エマ・ワトソンの勇敢さや愛の強さ、信念の強さを
>>続きを読む

ソウ(2004年製作の映画)

3.8

グロテスクが苦手という面から観ることを避けていたのですが、友達がみたいということで初めて観させていただきました。想像以上にストーリー性のあるお話で、最後の結末も面白かったです。
続編もこれからみようと
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.0

おっかないだけではなくて、家族愛あふれる、そして生活味のあるお話だった。
音を出すことへの恐怖、いつ来るかわからない恐怖の中、普通の生活をしようと頑張る家族、裏で生き物の生態や生存者を探すお父さん、子
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

5.0

音楽を聴きながら、えげつない運転テクニックを持っている主人公が本当にカッコイイですね。ヒロインが巻き込まれて一緒に逃げるシーンがまたドキドキして楽しいです。

パラレルワールド・ラブストーリー(2019年製作の映画)

5.0

見ているとどんどん、え⁇どゆこと⁇なに⁇て頭の中が⁇だらけになっていくのですが、最終的には全ての真実が分かります。そういうことだったのか、と圧倒されてしまいました。最後の最後まで結末がわからない東野圭>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

5.0

なんといってもこのホテルの世界観、そして音楽に心惹かれました。次々と起こるホテルでのちょっとしたトラブルに向き合いながら、大きな事件を追うお話です。
最後は、まさか⁈⁈と思う展開でした。1つ1つがつな
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

5.0

映画館で見に行ったのですが、最終的にはしゃくり上げるほどの涙があふれました。
受け入れたくない現実、また戻ってほしいという一心で頑張る母親、その方向がどんどん過激になっていってしまう、自分がこの状況に
>>続きを読む

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.8

想像と異なる人魚の姿、薄着味悪さの中にある魅力が印象的でした。
人間を食べる人魚ですが、人間に恋してしまいます。
胸がギュッとなったり、最終的にどうするのだろうというドキドキがあります。
この映画はな
>>続きを読む

黒人魚(2018年製作の映画)

3.5

ザ・ホラー映画という感じでした。
何をしてもダメなの⁈て思ってしまう展開でした。恨みというものは関係のない人までも関わってしまうからこわいですね。

ヴィジット(2015年製作の映画)

4.5

おじいさんとおばあさんがとにかくこわい、気持ち悪い、奇妙です。
生きている人間なのにこんなにこわい動きをされるともうこわすぎて寝れません。

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

4.5

ティムバートンさんの世界観がもろ表現されている、とても奇妙だけど美しい世界です。
なぜこんなにも世界観を作れるのか、と毎度思ってしまうほど、ティムバートンさんの世界観が演出されています。
ストーリーも
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

5.0

この作品は、主人公の男の子が自分の心との葛藤を、怪獣との会話の中でしていくというお話です。
心の悲しさ・怒り・受け入れたくない心を全て怪獣が表現してくれているというとても心にぐっとくるお話です。

ウォーム・ボディーズ(2013年製作の映画)

4.0

新しいゾンビ映画です。主人公がゾンビというのが新しくて、そしてゾンビの語りで進んでいくどこかほっこりする映画となっています。
ゾンビが心を取り戻す為に、共に戦う姿が大好きです。

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

5.0

はっっっっっっっ
となってしまいました。
最後の最後に一気に衝撃を受けました。
この映画はすごい。

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

4.0

おじいさまがとにかく恐ろしい‼︎
盗人をしている人達が悪いはずなのに、その残虐さにかわいそうに思えるこの気持ちが面白かったです。
本当にスリルあって、ずっとドキドキしてしまう映画でした。自分自身もハッ
>>続きを読む

ANON アノン(2018年製作の映画)

3.5

こんな世の中になってしまったら、プライベートが何もないなって思うようなお話でした。
それだけプライベートもなければ犯罪もなくなると思われる矢先に、記憶を消すことができる相手が出てきて、事件が難解すると
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

5.0

また新しい映画を見たと思いました。
ずっとドキドキします。そして、色々明かされていくことが驚き満載でした。
最後の最後には⁈⁈⁈とまた驚きました。とても面白かったです。

キャビン(2011年製作の映画)

4.0

ホラー映画なのに、すごく笑えるし面白いです。
最初怖いと思っていたものが、途中から面白くて笑えてきました。面白ろホラー映画です。

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

4.5

ゾッとするけど、スカッとするお話です。
この言葉に尽きます。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.5

とても美しいお話です。
女の人がとても優しくて勇敢で、本当に美しいです。行動力が素晴らしい。
そして一緒に付き合ってくれる友達や一緒に住んでいるおじさん、ほんとにほっこりします。
とにかく映像美です。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2(2011年製作の映画)

5.0

遂にヴォルデモートと正真正銘戦う最終章。ハリーと仲間達が本当に逞しくて、皆がヴォルデモートに立ち向かいます。その団結力が素晴らしいです。今までの集大成です。
皆が本当にカッコいいです。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1(2010年製作の映画)

5.0

分霊箱を見つける為に、様々な危険なことを試みます。ヒントもないので考えられるところを闇雲に探さないといけないし、どこもかしこもハリーをみんなが追っている為に下手に動くこともできないというとても大変なこ>>続きを読む

ハリー・ポッターと謎のプリンス(2008年製作の映画)

5.0

ハリーとマルフォイが戦うシーンがとても印象的です。
魔法界中がヴォルデモートの復活を認めざるおえない状況になります。
ほんとにシリアスです。
どんどんヴォルデモートが力をつけていき、ハリーの周りの状況
>>続きを読む

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

遂に復活してしまったヴォルデモートに立ち向かう為に、不死鳥の騎士団が立ち上がります。
不死鳥の騎士団では印象的なドローレスアンブリッジがとにかくある意味の強敵です。面白いくらいに学校中の敵です。ドロー
>>続きを読む

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年製作の映画)

5.0

三大魔法学校対抗試合のお話です。対抗試合は結構過酷な課題が多く、命がけです。なのでみていてとてもスリルがあります。選ばれた人しかできないだけあるなと思いました。
1つ1つの試合が本当に面白いです。
>>続きを読む

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年製作の映画)

5.0

ハリー達の顔が一気に大人になったという印象を最初に受けました。
今回は、脱獄したシリウスブラックについてが大きなテーマとなります。シリウスブラックの正体、そしてルーピン先生の正体、地図に描かれたピータ
>>続きを読む

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ハリーポッターシリーズの中で個人的に1番好きです。どんどん学校の人が石化していき、謎が深まって行ってしまいます。ハリーは仲間と共にその謎に勇敢に立ち向かっていく、ドキドキ満載のお話です。終盤のシーンが>>続きを読む

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

5.0

小さい頃からずっとみているハリーポッターシリーズの第1作です。
第1作は本当に夢のような世界で、魔法界の魅力がたくさん散りばめられています。仲間を作って、ライバル的存在が現れて、悪さして、罰則くらって
>>続きを読む

>|