犬さんの映画レビュー・感想・評価

犬

映画(22)
ドラマ(0)

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

5.0

キャッチーな人物設定に興味が湧いて観たんだけど、張り巡らされた伏線が次々に回収されてく感じが気持ちよすぎてキューン(警報音)…ラストも大好きな終わり方☺️

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.5

キャロルが超かっこいい鬼つよチーターになるまで……最後の爽快感すごすぎだしフューリーとネコチャン(仮)がとてもかわいい

南極料理人(2009年製作の映画)

4.6

最近シリアスなのばっかりみてたからかな…自分じゃ体験し得ない氷の大地の上でおじさんたちがわちゃわちゃしてるの見てたらなんか泣けてきた……めちゃくちゃ面白かった……

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)

5.0

スタイリッシュ!2人の個性的なスパイと2人の圧倒的美女!!華麗でクールな世界観!はい5000億点!!

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

4.0

ただ火をつけてめちゃめちゃに撃つガトリングに限られた弾に全てを込める銃撃で立ち向かってくのが本当にかっこいい……

インターステラー(2014年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

未知の地表の上で取っ組み合いしたシーン、ちっぽけな生き物の醜さと人間味を感じてゾクゾクした……壮大な伏線回収にため息をつくしなかった。

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.0

わかる!ほぼ崇拝レベルの推しが目の前に次から次へと現れたらそうなるよね!レア・セドゥがひじょうにかわいい

スナッチ(2000年製作の映画)

3.6

テンポがよくてコメディとあっけなさ?めっちゃ面白かった!もう1回見たら流れと登場人物の行動目的がちゃんと理解できそうだな〜

ゴーストバスターズ(2016年製作の映画)

3.5

百鬼夜行withエレクトリカルパレードって感じ。無事にホルツマンの女になりました。

キャロル(2015年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

冒頭と終盤 同じシーンのはずなのに見る側の情緒が違いすぎるし、視線で始まって視線で終わる どこを切り取ってもお洒落な映画……

ロケットマン(2019年製作の映画)

4.0

最後PV調に歌ってたあの素敵な曲をバーニーが書いたって事実だけでゴロンゴロンできるところある

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.5

ビートルズの曲が無数のスマホに照らされる演出……若者にも受け入れられる伝説……鳥肌……

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

5.0

古沢良太天才 天才が豪華キャストと綿密なストーリーを引き連れて帰ってきた
色んなところに張り巡らされた伏線が最後残らず回収される爽快感クセになりすぎる……

レザボア・ドッグス(1992年製作の映画)

3.7

よくあるテーマだけど構成の仕方とオチが新鮮でおもしろかった 耳は見てて辛かったけど
場面の切り替わりがあんまり無いからか舞台見てるような感覚だった

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.0

何回も見てたらだんだんヴェノムがワンちゃんにみえてきた

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

4.0

エンドロールで最後の河川敷のふたりと小松菜奈ちゃんのきれいな泣き笑いを思い返して優しい気持ちになれる映画

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

不自然なぐらい笑顔が絶えない村と15禁のエグさの対比に気味悪さを感じながら見てたけど、最後のアトラクションみたいな銃撃戦は手叩きながら見てた