鮭トモさんの映画レビュー・感想・評価

鮭トモ

鮭トモ

ファーザー(2020年製作の映画)

4.0

リンチ、押井守的なやんちゃさで認知症の人が見ている世界を描き切ろうとする心意気にしびれる…

誰もいないはずの部屋に我が物顔で座る見知らぬ男が娘の夫だと言い張る、部屋から出て行った娘が帰ってくると介護
>>続きを読む

友だちのうちはどこ?(1987年製作の映画)

-

銀河鉄道の夜を実写化するとしたらこんな所で撮って欲しい

消失点一個で描けない宮崎駿みたいなレイアウトたくさんあった

母の声が聞こえる中での主人公と父との無言のカットバックとかはっとした

10thアニバーサリー 劇場版 遊☆戯☆王 〜超融合!時空を越えた絆〜(2010年製作の映画)

3.5

ダンボールでデュエルディスク作ったこととか、チャリをディーホイールに見立てて喚きあってたこととか、地元の祭りでパックの箱買いする中学生を横目にサーチしてた友達のこととか、終わった後のデュエル目的で通っ>>続きを読む

私をくいとめて(2020年製作の映画)

4.0

多田の飯もらいにいっていいですかLINEに対して「めんどくせぇー けど買い物行くか」って言ったり、多田を初めて家に呼ぶシーンで2人をずっとにやにや見てるおっさんのこと何回も映したり(素晴らしきかな人生>>続きを読む

アリーテ姫(2000年製作の映画)

4.0

イリュージョニスト、メアリと魔女の花、果てしなき物語みたく、魔法を否定する展開が好きなんやー

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

4.5

ここ4年で1番怖い体験だったかも痺れた〜
バニシングも青春の殺人者も甘く見えてくるなぁ
中学時代、湊かなえにつけられた傷跡がいたむ、、
次の展開読めない面白さに浸れたのテイラーシェリダン以来かねぇ

アンダードッグ 前編(2020年製作の映画)

1.0

酷い脚本の末にさえ、熱のこもった殴り合いを見せてくれる俳優3人の負け犬根性が胸にきた

レディ・バード(2017年製作の映画)

-

エイスグレード信者としては簡単に友達も恋人も乗り換えれるレディバードにはまだ感情移入できない、、狙った男に近づく為にグループ実利的に代えるシーンは当然好みではあるんだけども、、

中絶講師に「お母様が
>>続きを読む

異端の鳥(2019年製作の映画)

4.5

・サタンタンゴ、ソラリス的な画なのに「アクアマン話詰まったら画面のどこかが爆発する」テンションで動物が死ぬから寝れない

・19歳の地図見たばっかりだけど、開始30分以内におばちゃんの放尿カットある映
>>続きを読む

晩春(1949年製作の映画)

-

東京物語もそうだけど杉村春子さんの実利的なキャラが作品下支えしてる気がする
ボンボルドが意地汚くて強いからレグリコの健気さが映えるし、落ち度ない自衛隊丁寧に描くからシンゴジが強く見えるやつ

>|