sakiさんの映画レビュー・感想・評価

saki

saki

相変わらず外人はみんな同じ顔に見える

映画(857)
ドラマ(0)

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.0

ウェスアンダーソンが切り取った日本がとにかく凄すぎる!!!彼の箱庭に魅了されるばかり!

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.5

ドウェインってもう役とかじゃなくてリアルに毎日怪物と戦ったり大災害に見舞われてるんじゃないのかね

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

4.3

どうしようもなく好きだ〜〜
ボブディランを歌うビルマーレイちゃん最高

ダイヤルMを廻せ!(1954年製作の映画)

3.8

アリバイを破る警察の工作が爽快!
ヒッチコックミステリーの紐解き方、小説を読んでるみたいで好き

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

3.7

今となっては貴重なチャラくないヒュー!
いいなあ本が好きな人と結婚したいなあ

ペイ・フォワード 可能の王国(2000年製作の映画)

3.9

『自分が誰かから親切を受けたら、別の誰かへの新しい親切でつないでいく』
たったこれだけで世界を今よりずっと素敵なものに変えられるはずなのに、こんなに簡単なこともできない人間は本当に悲しいなあ

わたしを離さないで(2010年製作の映画)

3.7

この命は誰かのために、この心は自分のために。
いっそ心なんてなければ良かったのにってこの子たち何度思ったんだろう。

スプリング・ガーデンの恋人(2003年製作の映画)

3.0

かわいいかわいいかわいいかわいい
まあそれだけの映画なんだけど

恋の掟(1989年製作の映画)

3.2

ワケあり貴族たちのドロドロ映画ですね、唯一まともだったダンスニーまで最後には貴族の愛人に闇堕ちしててお姉さんはショックだったよ!!

死刑台のエレベーター(1957年製作の映画)

3.8

映画を纏う雰囲気が痺れるほどかっこいいから、登場人物の間抜けさがより笑える(笑)

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.8

やっぱりLGBT映画はドランちゃんだな
美しいだけじゃなくてリアリティ欲しい

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

2.5

広い映画館でただ1人私だけが楽しめてなかったなぜ、、、束の間シャイニングだけはみんなと同じ気持ちになれた気がする

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

3.9

苦しい閉塞感のある1:1スクリーンの毎日
シーンと連動してワイドスクリーンへの解放
こんな表現があったなんて

トム・アット・ザ・ファーム(2013年製作の映画)

4.5

息苦しささえも美しい
お洒落さを省いたって美しい映画を撮れるんだって天才っぷりを見せつけられた1番好きな作品

胸騒ぎの恋人(2010年製作の映画)

3.7

惚れ惚れする3人
マシュマロのシーン息止まるかと思った
というか確実に止まってた

マイ・マザー(2009年製作の映画)

4.2

これを19歳で撮るって、、、
息子の気持ちはおろか母親の気持ちをここまでリアルに体現できるドランちゃん天才すぎて怖い

わたしはロランス(2012年製作の映画)

3.9

画と音楽が織り成す美しさといいリアリティといい、ドランパワーがまさに爆発してる

自転車泥棒(1948年製作の映画)

3.7

バッドエンド映画わりと好きでたくさん観てきたけど、こんなに辛いラストの映画は初めてだ…

アパートの鍵貸します(1960年製作の映画)

3.9

こんな生活絶対イヤだ〜〜〜
最後報われて本当に良かったよ…

スティング(1973年製作の映画)

3.6

元祖騙し合い、元祖どんでん返し映画
1度でいいからこの時代を生きてみたかった

ペーパー・ムーン(1973年製作の映画)

3.9

お互いが大好きなのに素直じゃない2人が愛しすぎて胸がキュッとなってたところにエンドロールで本当の親子って分かるのアツすぎ

アナザー・カントリー(1983年製作の映画)

3.4

私よりコリンファースのこと好きな人いるの?って思ってしまうくらいには彼の一挙一動にときめきがとまらないんだが、、、

つぐない(2007年製作の映画)

3.9

話の構成に加えて画の構成が最高。
特にダンケルクの長回しは食い入るように観た。

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

3.6

新学期前夜のお泊まり会。
微妙な距離感。背伸びしてしまう年頃。
生温い夜風が感じられそうなくらいリアルなアメリカンティーンエイジャーの夏。

名探偵コナン 瞳の中の暗殺者(2000年製作の映画)

3.7

お前のことが好きだからだよ!には観てるこっちまでニヤける、、、

>|