オレンジさんの映画レビュー・感想・評価

オレンジ

オレンジ

ファーザー(2020年製作の映画)

4.8

コロコロ変わる部屋の様式が西洋風で馴染みが無いはずなのにとても身近に感じられ、生活の撮り方や表現に「映画のセット」感がないのでものすごく没入できました。演者も劇的な演技じゃないのでリアルすぎて中盤から>>続きを読む

ホーム・アローン3(1997年製作の映画)

3.8

シリーズ一個も見ずに見てみました。犯人の、極悪そうだけどちょっとコミカルな人物像が凄くちょうどよかったし、アレックスの考える仕掛けもちょうど「本気出せばできるんじゃ?」って思う範囲で繰り広げるのでなか>>続きを読む

ゴーストワールド(2001年製作の映画)

5.0

世の中の大半の人たちは、本当は自分の現状に満足してないくせに、心の中では人種差別したり人のこと笑ってるくせに、その全部に蓋をしてなんでもないような顔して過ごしてる。

イーニドは私だった。

キング・コング(1933年製作の映画)

2.9

見事に合わなかった!!!!話の本筋、コングのビジュアル、人間のキャラクター作り、もう全てが気持ち悪すぎて無理でした...。ヒロインがため息でるくらい美女だったのが救い。

モスラ(1961年製作の映画)

4.0

小美人かわいい!モスラかわいい!話としてはすごく政治的メッセージが強かったように思います。調べたら安保闘争の翌年に公開されたらしく、当時のアメリカとの関係が色濃く出ているよう。善ちゃんのキャラすごく面>>続きを読む

地球防衛軍(1957年製作の映画)

3.4

出だしは宇宙人がどう見てもキレンジャーにしか見えなくて爆笑しましたが、あとは目新しい展開も無く...という感じでした。後半はただひたすら東宝特撮常連の平田昭彦さんの顔を眺めてました。平田さん今回も顔が>>続きを読む

空の大怪獣 ラドン(1956年製作の映画)

4.7

めっっっちゃくちゃ面白かった!!!!私は1作目のゴジラより好きでした!!話は暗い炭鉱で繰り広げられる殺人事件から始まる。犯人は誰...??どうやって殺されたの...??と疑心暗鬼になっている人らのお家>>続きを読む

ゴジラの逆襲(1955年製作の映画)

3.0

着ぐるみ着た人間のプロレスは楽しかった!!!アンギラスめっちゃ弱い!かわいい!ただやっぱり急に突っ込みどころが増えた感は否めなかったです...悲しいシーンがあっても「あっ」って思う程度で全然心は微動だ>>続きを読む

RUN/ラン(2020年製作の映画)

4.3

めちゃくちゃ面白かった!!走れない!ネット使えない!喘息出る!どうやってサイコママから逃げるん!?とハラハラドキドキ!!!カーチェイスも撃ち合いも無いのに主人公のクロエちゃんは90分を車イスであっとい>>続きを読む

ゴジラ(1954年製作の映画)

4.4

 ゴジラがめっちゃ怖かった!!着ぐるみで中に人が入っているっていうことが分かっているのにその動きがおどろおどろしくて怖いし、姿が完全に見えないシーンでもその惨状から破壊力を想像させてより怖い。ゴジラと>>続きを読む

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(2021年製作の映画)

4.6

アニメ作品なのですが映像がもうほとんど実写と言っていいくらいリアルで、現実と架空の境界が分からないほど美しかったです!UCに引き続いて澤野弘之さんの音楽が作品を彩り、MSの動きも大迫力!1作目なことも>>続きを読む

イップ・マン 序章(2008年製作の映画)

4.5

前半の可笑しさと後半のかっこよさの温度差がすごい!ドニー様の優美で芯に込められた強さに痺れつつも、「どうしてそんなにムキになって戦うの?」と当初は奥さんと一緒の気持ちで中国人同士の戦いを笑いながら>>続きを読む

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(1988年製作の映画)

4.9

話の内容よりまず、映画としてものすごく優れた1本であることに感動しました。TVシリーズを見ていないと理解が難しくはあるけれど、始まりから終わりまで無駄の無い綺麗な話運びがされています。それに、今までは>>続きを読む

COWBOY BEBOP 天国の扉(2001年製作の映画)

5.0

日本に影響を受けてアメリカが作ったSFがスターウォーズなら、その逆はカウボーイビバップでは...??と思いました。賞金稼ぎという設定、かっこいいメカニック、西部劇のような撃ち合い、アメリカとは違うけど>>続きを読む

スリーピー・ホロウ(1999年製作の映画)

4.3

鬼滅並みにポンポンポンポン首が飛ぶんで苦手な方はご注意です...。ただあんまり飛ぶんで最後はもう慣れっこになります。衣装や美術がとても素敵なゴシックホラーでした。ちょっと謎な所もありますが後半、割りと>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

4.3

めちゃくちゃ笑ってたら次のシーンは怖かったりつらかったり...ほんとに全くわかんない。ほんとにずっとわけわかんないんですがずっと美しくてつらい。
まるで人生そのもの、“生きる”ことそのもののような映画
>>続きを読む

なんちゃって家族(2013年製作の映画)

3.9

偽家族、麻薬を運ぶ。展開は超王道なんですが、挟まるギャグが「そこまでやる!?」ってくらいやるので全く飽きない。今某ドラマで超話題のキャスリン・ハーンさんが出てます。ああいう主婦の役すごく似合う...。>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

4.8

これからも、元気がないときに見返したいと思うくらい好き。心の底から出る“YES”が、人生を大いに楽しくするコツなんだと、カールは身をもって教えてくれる。そしてヒロインのズーイー・デシャネルがファースト>>続きを読む

ミュウツーの逆襲 EVOLUTION(2019年製作の映画)

3.8

一昨年の「ルパン」もでしたが、3Dアニメはやはりディズニーという巨大制作会社を意識してしまい、機械的な動きに違和感を感じてしまうのですが今作もやはりそうでした。笑 いちいち人間の動きがオーバーで人形劇>>続きを読む

リーサル・ウェポン(1987年製作の映画)

4.0

メル・ギブソンの向こう見ずな刑事と相棒のマータフの「やれやれ...」って言いながら付いてくるバディ感が最高な一本!王道すぎるし、一見チープなカッコつけ映画に見えるのですが一つ一つの要素に対してしっかり>>続きを読む

東京物語(1953年製作の映画)

4.8

一言で言い表せない情緒が永遠に続くような映画でした。喋る人物を正面から写す独特な撮影方法が去年日本公開された「コロンバス」まんまで、国内外問わず本当に色んな作品に影響を与えたことが感じられる。上京して>>続きを読む

恋人たちの予感(1989年製作の映画)

4.2

「男女の友情は成立するのか?」ではなく、「恋人と友情は両立できるのか?」を主題とした映画だな、と思いました。お互い等身大で飾らないでいられるのに、最後はとてもロマンチックで思わず涙。サリーの衣装が後半>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

4.6

本当に心を病んでしまっている人の、何をしでかすかわからない恐ろしさを垣間見ました。レオナルド・ディカプリオ×マーティン・スコセッシの一作。ワンハリでもそうでしたが、やはりレオさまは年を取れば取るほど素>>続きを読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

4.0

全集中常駐してもシンプルに騙されました。色々と勘繰りながら見てたのに、「やられた!!」と膝を打ってしまった。誰も顔を知らない謎の大犯罪者「カイザーソゼ」とは一体どんな人物なのか。主人公チームも、見てい>>続きを読む

真珠の耳飾りの少女(2003年製作の映画)

4.6

衣装も音楽も素晴らしく、映像の構図はどこのどんな場面を切り取っても絵になる、素晴らしい作品でした。「真珠の耳飾りの少女」の誕生を描いた本作は、17世紀頃の日常風景や絵画を描くための絵の具の描写などがと>>続きを読む

コンスタンティン(2005年製作の映画)

4.3

秘密のバー、タバコ、黒スーツ、手の紋章、血。そして相棒は美人刑事。中学生が憧れるもの全部盛りの一作!2000年代にこんな面白いアメコミ原作映画あったんや!!とビックリしました。ビジュアル的な良さももち>>続きを読む

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

4.7

部活。恋。勉強と、どれもがんばってるけどうまく行かない。でもそれはそれでしょうがない...と自分に言い聞かせている地味目な高校生4人による会話劇。高校野球の話なのに野球シーンが一つもなく、ずっとスタン>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.8

歯科衛生士のお姉さんへの探求心溢れる研究者、アオヤマ君の一夏のできごと。小学生たちの甘酸っぱい想いとやり取りがはんぱなくかわいい。そしてお姉さんがえっち。歯医者行ってあんな人出てきたら誰だって好きにな>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

4.4

自分は初めて見たアメコミ映画が「スーサイドスクワッド」だったのですが当時はそんなにハマらず...。最近になってアメコミ映画を見始めたのですが今作を見て、「当時見ていたのがこっちだったら...!!!」と>>続きを読む

マレーナ(2000年製作の映画)

3.8

戦時中という時勢、そして噂も人間関係もなにもかも筒抜けな島の田舎町で起きた一人の女性の悲劇の物語。主人公のストーキング含め最初から最後まで嫌悪感が凄いのですが「これは最後まで見なくてはいけない話だ」と>>続きを読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

4.5

テレビアニメがもう既に映画みたいなクオリティだし、これ映画館で見る意味あるんかなぁ...と正直途中まで思っていたのですが、やはり映画館来てよかった!!と思える素晴らしいアクション、胸を打つような音楽、>>続きを読む

エノーラ・ホームズの事件簿(2020年製作の映画)

3.8

ミリーちゃんかわいいよミリー!!
ヴィクトリア朝という、ロンドン中が黒い煙で溢れていた時代故に暗い画面の多いシャーロック・ホームズ関連作品ですが、主人公が田舎育ちのティーンということもあり、全体的にポ
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.8

まず3点、作品の内容抜きで凄まじいなと感じるのが、監督独自の作家性を保ちつつ莫大な予算を使ってオリジナルの大作映画を作り出せること(現代ではもはやこの監督と数人しかいないのでは...??)。2つ目は言>>続きを読む

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ(1998年製作の映画)

4.0

古い映画みたいな映像とチープなセットがとても味があって良い!登場人物が絡み合いだす後半に行くにつれてどんどん笑い所が増えていって最高でした。実写アラジンやホームズでもありましたがガイ・リッチー監督独特>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.8

まるでまだ見ぬ次世代ゲーム機に触れているような感覚でした!!!まさに今人間に出来る最先端の映像表現!!キャラクターの個性、作画の素晴らしさ、そしてキャスティングも豪華すぎ!!そしてバースという、いくつ>>続きを読む

>|