やじろべえさんの映画レビュー・感想・評価

やじろべえ

やじろべえ

  • List view
  • Grid view

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.0

日曜日の朝から観るには、ハードな内容。

信仰とは?思いとは?を改めて突きつけられた感じ。
沈黙の意味が深く重過ぎる。

HELLO WORLD(2019年製作の映画)

3.5

55歳の夏休み。

俺から見たとき、
10年後も救われてよかったぜ!

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

4.0

うん、味があるなぁ。

マンガ日本昔ばなし風の絵の中に、高畑さんの気迫が見れたみたい。

そして、エンディングの曲がまたいい!

おおかみこどもの雨と雪(2012年製作の映画)

4.5

非現実的なお話なのに、あまりに自然。

淡々としていて、退屈感が少しあったかもしれないけど…

これは、雰囲気と美しさとゆっくりした時間を楽しむ映画だよなぁ、うん。

バケモノの子(2015年製作の映画)

5.0

これゃ、だめだ。終始ウルウル。
俺のこころにドストライク。

親父の俺では、熊徹の気持ちにも九太の気持ちも蓮の気持ちにも入り込んでしまって大忙し。

気持ちがこんなにのめり込んでしまった映画は、ひさし
>>続きを読む

NO SMOKING(2019年製作の映画)

3.5

細野さんのドキュメンタリー。

音楽好きの俺。もっとライブシーンが欲しかったかなぁ。

源さんの細野さん愛に溢れたナレーションが良かったなぁ。

アンダーワールド ブラッド・ウォーズ(2016年製作の映画)

3.0

長かった。これで終わったんだよなぁ?

たまたま見た一作目が運の尽き。
ここまでお付き合いすることになるとは…

けど、数ヶ月間で一気見した俺でも、人の名前や単語がてんこ盛りで、頭の中が整理できない。
>>続きを読む

太陽を盗んだ男(1979年製作の映画)

4.5

これ、中学生の時リアルで映画館で観たのよね!

あまりに面白くって、印象バリバリ残ってる。

あまりに原爆をつくるシーンが頭に刻み込まれていたけど、他のシーンもほとんど頭に残っているのが改めてすごい。
>>続きを読む

見えない目撃者(2019年製作の映画)

4.0

前から見たくて…
見始めたら、あら主演は吉岡里帆?

顔はいいけどシリアス映画は…

と、思ったらなかなか引き込まれてしまいました。

ツッコミ所はあるけど、二時間しっかり楽しめました!ラッキー!

セブン・イヤーズ・イン・チベット(1997年製作の映画)

4.0

あまりにもスケールが大きすぎて、あたま空っぽ(笑)

あまりにも遠く、名前ぐらいしか知らないチベットだから?知らない土地で数年間過ごした気持ちになりました。

そして、時間の流れの中で、人はあまりに無
>>続きを読む

Fukushima 50(2019年製作の映画)

4.0

仕事がら障害発生時の対応に追われているので、本作の緊張感もすっごく身近でドキドキ感を持って観てしまいました。

まさに現場の再現と聞いていたので、実際はもっとつらい状況だったんだろう。

組織で動くと
>>続きを読む

ファーストラヴ(2021年製作の映画)

4.0

リコカツもだけど、最近北川景子さんの女優力にやられっぱなし。

その流れで、本作もついつい見てしまった。

すると、中村さん、芦屋さん、窪塚さんと好きな俳優さんが目白押し。

やっぱり、監督やストーリ
>>続きを読む

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(2021年製作の映画)

4.5

ファーストガンダム3部作以来、久しぶりにガンダムシリーズを映画館で観た!

息子も見たがってたんで、親子で鑑賞。
こんな時代が来るなんて、当時中学生の俺は思わんかったろうなぁ。

内容はよく分からんか
>>続きを読む

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(1988年製作の映画)

2.5

息子と閃光のハサウェイを見に行くため、数十年ぶりに再視聴。

あんまり面白い記憶は無かったけど、面白がる息子に後押しされました。

けど、やっぱり面白く無い。
俺らの世代は、小さい人間のシャアは見たく
>>続きを読む

終わった人(2018年製作の映画)

3.0

これは、カッコいい舘ひろしだから観れるけど、一般のシニアじゃこんな風には行かないよなぁ。

それに、卒婚って考え方も、なかなか俺にはスマートに受け止められない。

なかなか考えさせられる、映画だなぁ。

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.5

なんか戦争の一場面を切り取ったような映画。観ていて命がどんどん軽く感じてきた。

きっと、これが戦争の本当の罪かなぁ。

けど、日本兵を描いた映画と比べると、上品さがあると感じたのは俺だけ?
きっと、
>>続きを読む

ガメラ2 レギオン襲来(1996年製作の映画)

3.5

一作目より特撮力がアップしてるよね。

今見ても、よくできていて魅入ってしまった。それに水野美紀がまたいい!

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.0

二回目の鑑賞。
先週、イエスマン観たから懐かしくって見たけど、ジムキャリーの俳優力に改めてすげーとうなってしまった。

このただでさえ暗く陰湿になりそうな映画を、自らのオーラで、訴えたいことはそのまま
>>続きを読む

イップ・マン 完結(2019年製作の映画)

5.0

まさに完結編にふさわしい!

俺も人の親だからなぁ。
生き様、思い出したら目が潤んできた。

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

4.5

出来過ぎた物語だけど…

やっぱり、映画は気分を楽しくしてくれないと。おかげで土曜日の朝からいい気分。

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.0

もっと驚かしてくれると思ったけど、分かりにくい内容を分かりにくくしてるだけのような…

面白いことは面白いけど、まだ腑に落ちない。本作は二度目が面白いそうだから、復習も済んだし再チャレンジ!

メン・イン・ブラック2(2002年製作の映画)

3.0

前作で独り立ちしたよなぁと思っていたら…

やっぱり二人じゃないと締まらない!

ガメラ 大怪獣空中決戦(1995年製作の映画)

2.5

さすがに令和になってみると物足りないなぁ。けど、淡々と見たゃうんだよね。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.5

作り方がうまいなぁ。
あり得ないと思ってた愛を素直に受け止められました。

きっと、背景設定が絶妙だから、自然なんだろうなぁ。

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

4.5

まさに人間の素を見せつけられたような映画。

生きていくのに悩んでいる自分がばかばかしくなりました。

昨日観たタイタニック。ディカプリオ様も未来に熊にボコられるとは、思わなかったろうなぁ。

一度死んでみた(2020年製作の映画)

3.0

うーん、すごくキャストの無駄遣いを感じたけど…

自分の死んだ時の後始末、考えさせられたの…です。

劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明(2020年製作の映画)

4.0

相変わらずのエグさだけど、
テレビシリーズと総集編を観た後なので免疫ができたかな。

第二シーズンのつなぎっぽいけど、クオリティの高さはさすが!

to be continue…楽しみ楽しみ。

劇場版総集編 後編 メイドインアビス 放浪する黄昏(2018年製作の映画)

5.0

キャラ絵にそぐわずエグい。
そして、美しくアツい。

だめだ、またまた号泣!

劇場版総集編 前編 メイドインアビス 旅立ちの夜明け(2018年製作の映画)

4.5

テレビで初めて観た時は、キャラに思いを入れられず流していたけど、後半で気持ちを鷲づかみされちゃった。

改めて見返すと、作品の偉大さに圧倒されっぱなし。
エンディングがなると、泣いちゃったぜ。

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

4.0

スピルバーグの映画で、これだけは手が出てなかったのよね。

俺もそれなりに人生過ごして、ついに鑑賞。

これも事実。つらい映画だなぁ。

HANA-BI(1997年製作の映画)

3.5

流れる曲がいいなぁ。
映つる絵がいいなぁ。

この昭和チックなノスタルジー、
この雰囲気を楽しむ映画なんだろなぁ、うん。

ソナチネ(1993年製作の映画)

3.5

天才北野武の監督の映画。

しかし、俺には天才ビートたけしの演技力とかっこよさにビシバシやられました。

理解度は…バカやろーです。
もっと勉強します(笑)

パトリオット・ゲーム(1992年製作の映画)

3.5

ライアンシリーズ制覇に向けて、本作視聴。

携帯電話の大きさに時代を感じながらも、やっぱりいい作品はいい。

ハリソンフォードを観ると、やっぱり華がある俳優さんがいると、作品に見入っちゃうミーハー自分
>>続きを読む

ネバーセイ・ネバーアゲイン(1983年製作の映画)

1.0

007大好きの俺。
やっと長年観れずにいた本作にチャレンジ。

だか過ぎ去った年月はあまりに重く、全く面白みが分からず途中で挫折。

大好きなショーンコネリー、ごめんなさい。

ゴッドファーザーPART II(1974年製作の映画)

2.0

コッポラの誰もが知っているチョー名作。

しっかし俺にはチンプンカンプン。

途中何度も挫折しかけました。

後で解説読んで納得。時間軸が二つあったのね。GW中に再トライしないと、パート3にチャレンジ
>>続きを読む

>|