sakubellさんの映画レビュー・感想・評価

sakubell

sakubell

観る映画の選び方は、作品がどうこうよりも、気になる俳優さん追っかけをする傾向にある。

映画(223)
ドラマ(69)

MW-ムウ-(2009年製作の映画)

2.0

山田孝之が神父役とはー(笑)
しかし彼ならどっちの役もこなせるだろうな。
山田孝之が出てなければ最後まで観る気力は無かったと思う。

途中、これはBL?って思うくらい、山田孝之と玉木宏の手の絡みシーン
>>続きを読む

そのときは彼によろしく(2007年製作の映画)

2.7

純愛な山田孝之はまるでセカチュー。
水草水槽とユウジの絵のうまさには癒されたが、ラストは突っ込みどころ満載。

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.6

太賀くん良い役者さん!
オダギリジョーもハマり役。
タイトルの意味が最後までわからなかったけど、ラストでちょい泣き。
ほのぼの良い曲だったなぁ。

氷菓(2017年製作の映画)

1.0

ダメだ、好きな人ごめん、めちゃつまんなくて拷問だった…。
個人的には山﨑賢人以外、見る意味なし。
身近の少年が、この山﨑賢人、めちゃ似。

トガニ 幼き瞳の告発(2011年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

これが実話とは、なんて腹が立つ事件なんだろう。
人が死んでるのに、なにこの裁判。
一番守るべき子供、しかも聴覚障害や知的障害のある子をこんな目にあわせて、
懲役6ヶ月?!アホすぎ!!


「世界で一番
>>続きを読む

グラスホッパー(2015年製作の映画)

3.8

原作は未読。
前情報は全く無しに観たが、想像より良かった。
先に原作を読んでいれば、また違った感想になったかもしれないけど。

山田涼介くんが今までは可愛いイメージしかなかったのが、実は演技上手いんだ
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

2.9

近藤さぁーーん!!←この人って(笑)


山田孝之見たさに観てみたら、
まさかな役、、、。

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

3.5

少年ウシジマくんが、山田孝之とはタイプが違っていたので期待していなかったら、喋り方がそっくり!

ウシジマくんが拳銃で撃たれそうになるときの顔が色っぽかった♥️

太賀くんが出てたのも良かった。

闇金ウシジマくん Part3(2016年製作の映画)

3.3

どうしてこんな胡散臭い儲け話に乗るんだろうなぁ~

手品は危険。

映画 闇金ウシジマくん(2012年製作の映画)

3.6

こっわ!!!闇の世界は関わるものじゃない。
純くんがこのあとどうなったかとても気になる。人脈がどんなにあっても、彼を心から大事に思ってる人は、、、。

しれーっと市原隼人が出てきたのがウケた。

ルーム(2015年製作の映画)

4.0

実際に起こった事件をモチーフにしたもの。
原作本も読んだが、映像のほうが泣ける。

日本でも何年も監禁されていた女の子が助け出されたことがあったが、
そのあとのケアが大変だろうな。
ジャックはどんな大
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.0

タイトルが「新感染(しんかんせん)」だって(笑)
ゾンビ映画、怖いわ。なんでゾンビってあんな動き方なんだろ。
泣けるけど、泣きたいために観るにはリスクがある。グロい、怖い。

映画 ひみつのアッコちゃん(2012年製作の映画)

2.0

想像以上に無理があった。
小5の女の子ってここまで天真爛漫じゃないと思う(笑)

映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!(2016年製作の映画)

2.0

山﨑賢人目当てで。
それがなければ、次男には早過ぎ、長男には幼稚過ぎで。
そもそも妖怪ウォッチって何歳くらいの子にいいんだろう?
ポケモンより幼稚で、ハマる時期が短い気がする。

ダラス・バイヤーズクラブ(2013年製作の映画)

3.9

まるで、癌と抗癌剤みたい。
もちろん抗癌剤が効く場合も多いけど、副作用が強くて逆効果に見えることもあるから。
患者は医者の言うことを信じるしかないのに。
彼がいて、たくさんのHIV感染者が救われた実話
>>続きを読む

252 生存者あり(2008年製作の映画)

3.6

あ、観たことある!と気付いたのは、女の子に輸血した辺り。
あまりにうまく行きすぎな感じもあるけど。
最初は文句ばっかり言ってる山田孝之が協力的になったのは微笑ましい。
子役の子の笑顔が可愛い。

ゴールデンボーイ(1998年製作の映画)

3.0

ブラッド・レンフロ目当て。
なかなか話に入り込めなくて、観るのに時間がかかった。
猫のシーンはしんどい。
残り30分くらいでようやく面白くなった感じ。

SING/シング(2016年製作の映画)

3.0

長澤まさみの歌が聴きたかったので吹替えで観た。
ストーリー的にはうーん、、、期待し過ぎたかな。
とにかく自己中ネズミと、奥さんに任せっぱなしのブタ親父に腹立った。

ディープ・インパクト(1998年製作の映画)

4.0

今はパニック系の映画も多いから、今観たら評価下がるかも。

悪の教典(2012年製作の映画)

3.0

伊藤英明、サイコパス似合いすぎ!
本気で寒気がする。
殺人が始まってからは、サイテー教師の山田孝之が出てきただけで安心するほど。

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

4.0

普通に面白かった。
子供と同じ高校生になって、友達として子供を助けるのはワクワクする。

きみはいい子(2014年製作の映画)

4.0

子供が叩かれるシーンは胸が痛む。
子役、特におばあちゃんに挨拶する男の子の演技が上手くてリアル。
学校の先生や、母親、いろんな形のいろんな愛情のかけ方があるなぁ。

子供に優しく接したら、子供も周りに
>>続きを読む

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

3.0

いきなり躍りながら歌い出す系のミュージカル映画。
そういうのはこちら側としてはついていけなくなるので苦手だけど、全体的にコメディだったので、まぁいいんじゃないかなーと。
ミシェルファイファー目当てだっ
>>続きを読む

アンネの追憶(2009年製作の映画)

3.5

アンネの親友ハネリの記憶による、もうひとつの「アンネの日記」を実写化。
アンネとハネリの出会いから、隠れ家生活は少しで収容所生活が主。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT(2009年製作の映画)

4.0

彼をリスペクトするダンサーやプレイヤー、スタッフ、たくさんの人たちが、このライブのために一生懸命だったことが伝わった。
そして彼自身が一番誰よりも悔しかっただろうと思う。
偉大な人だと改めて感じた。

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年製作の映画)

4.0

前作ほどの記憶がなく、レビューが書けないので久しぶりに観てみた。
やっぱり個人的には前作が大好きだけど、これも観ハマる面白さ。
前作のシーンがちょこちょこ出てくるのも良い。

>|