こやちさんの映画レビュー・感想・評価

こやち

こやち

映画(257)
ドラマ(1)
  • 257Marks
  • 35Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.3

グールー側のキャラはとってもいい感じだったけど、何故か人間側の方に違和感。大泉洋はもっと飄々と哀しみを出せそうなんだけど。原作読んでないのでエグザイルの人の武器がおかしい。カッコイイのあれ?

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.8

王子はもともと鼻持ちならない若者だったのか。でも後半にかけては仏版よりも泣けた。たぶんエマ・ワトソンがカワイイからかな。

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

-

疲れた。

最初は韓国の田舎のジメジメして汚い混沌とした生活感が印象的だったけど、加速度的にそんな事はどうでもよくなる位のまさにカオス。
結局よく分かんなかったけど、後々何度も反芻しちゃう様な印象深い
>>続きを読む

白夜行(2010年製作の映画)

-

堀北さんの雪穂はリョウジを愛していたのかなぁ。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

-

冒頭のハイウェイのシーンで敗退しそうになった。なかなかストーリーに入り込めなくて、ミュージカル映画は苦手かなぁと思いつつ。
最後まで辛抱強く2人の夢の実現を見守ってる気分。あれは1つのハッピーエンドな
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

4.2

面白かった。絵もキレイ。空気感も良い。途中で解っちゃったとかツッコミ所が、とか言うのは野暮だと思うの。後半は答え合わせなんだし。
主人公がちょっとリキ入り過ぎかなぁ。後、ラストの山本美月のセリフは要ら
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

なんてキレイな宇宙船!やはりばかうけ。
言語学強し。しかし、地球上の言語くらいは理解してそうな気もするけど。攻撃とか全面戦争とかになったらワヤだったけど、非常に友好的宇宙人?でよかったよかった。しかし
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

4.0

りんこさんもマキオ君もいい人過ぎる、沢山の葛藤とか有るだろうに、あんなに穏やかに生活していけるのか。そんなものをみんな編み込んでいたのね。

団地(2015年製作の映画)

2.8

不条理。SFはありふれた生活の中にも有り得るか。床下に隠れるお父ちゃんの気持ちはわからないでもない。

しあわせの隠れ場所(2009年製作の映画)

4.4

子供達が素晴らしい。リリー・コリンズかわいい。SJかわいい。お金が有るっていいなぁ。って、そういう事じゃないか。

マイ・ベスト・フレンド(2015年製作の映画)

4.2

泣けた。深刻な場面でもユーモアに富んだ会話が、イギリスらしくてイイよね。
やっぱり箪笥の引き出しだったんだ。

アラビアの女王 愛と宿命の日々(2014年製作の映画)

4.0

砂漠の映像と音楽が美しい。もうそれだけで胸がいっぱい。ニコール・キッドマンの金髪も美しい。
あんなに頼りになる従者とあんなにキレイな金髪を持っていたら、私もラクダに乗って砂漠の旅をしてみたい。

アヒルと鴨のコインロッカー(2006年製作の映画)

3.5

短気なので前半の伏線部分が長いとイライラしちゃう私はサスペンス向いてない。っていうか、もっとノンビリしたストーリーだとおもってたよ。なるほど瑛太君はそういう事なのね。スッキリしました。

トッド・ソロンズの子犬物語(2015年製作の映画)

-

衝撃のラスト!短い割にはなんだか疲れたから休憩も必要だったかも。

バースデーカード(2016年製作の映画)

-

歳とるとこういうのに弱くなる。アタック25には驚いた。須賀健太はもう子役じゃないのね。

牝猫たち(2016年製作の映画)

3.6

日活ロマンポルノリブートの中で一番好き。女優さんが痩せすぎかな。

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

4.2

船を操るモアナがカッコイイ。再出発する場面が1番好き。

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

4.0

アン・ハサウェイかわいい。メリル・ストリープの喋り方。こんなにバリバリ働けたら気持ちいいかな。いや、現場では道に迷っているばかり〜。

もののけ姫(1997年製作の映画)

-

エボシ様がカッコイイのは田中裕子の声だからだったのかな。
何故か、みんな馬鹿になって体も小さくなった的な巨大猪の言葉が頭に残ってる。

>|