藍さんの映画レビュー・感想・評価

藍

映画(44)
ドラマ(1)
  • List view
  • Grid view

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

4.0

出来のいいコメディすぎるどのシーンも飽きずに見れた

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

どうしようもない人をどうにかしようともがくお人好しもいるもんや。
でもその2人が出会ったら最悪だ
お互いが求めに求めて出会い、でも救われることは無い。それは愛ではなく、依存。生きる意味を見つけたような
>>続きを読む

火口のふたり(2019年製作の映画)

3.0

エンドロールで気がついたけど名前や声が出てきても、ふたりだけを撮った世界だった
このふたりにこの日々に憧れは抱かないけれど、なんかいい気もする

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

3.7

京都に住んでるのもあって、スケジュールとかめちゃくちゃやなって思うところもあったけど幸せな気分になったし切なさもあってめっちゃよかった~!公開された頃評判悪かったからあんまり期待してなかったし、普段見>>続きを読む

見えない目撃者(2015年製作の映画)

3.5

思ったよりハラハラしたけど日本版より優しいという意見もあるのでに見てみたい。
最後かっこよ清々しかった。!

王様とボク(2012年製作の映画)

2.7

途中まではあまり面白くない。。なんか普通って感じやった、
いつのまにか、突然、エンドロールってのは嫌いじゃない。でもこんなに中途半端なのははじめて!考えさせられるより、物足りなさが勝つ

来る(2018年製作の映画)

3.6

劇場でも見てて、2回目。
ホラー映画としてではないスコア

蛇にピアス(2008年製作の映画)

4.7

なんかめっちゃ悔しい気持ちになった
オチが残念という声が多い気がしたし、確かに望んでた結末ではなかったけど、ルイのためにもこの最悪な結末が良かったんだと思う。確程よい衝撃とかなしみ
しかもオチというよ
>>続きを読む

アンダー・ユア・ベッド(2019年製作の映画)

4.3

奇妙で狂ってるのにとてつもなく純粋
それは三井くんだけではない。
どう生きても幸せにはなれない気がして、どう生きてもどこかに幸せを感じられる場所はある気がした。
マンデリンが入る音がいい

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.6

まあかわいい。大袈裟やけど私やその他の女の子そのまんまやと思った!来留美もね、二も。現実って妄想だよな~

ピアッシング(2018年製作の映画)

4.1

面白かった~
こういう人達でこういう面白さを表現するなんて凄い…わくわくした!
男の人の奥さんはてな、、
人っぽくなくて人っぽい!
うわあ、映画に出たくなったし映画撮りたくなった

歯まん(2015年製作の映画)

2.8

なかなかなかなかになかなかな作品だな、
怖いというか苦しいというか、途中で見るのを逃げたくなった映画は初めて
絶対にもう見たくないし、誰にも薦めないと思う…。
でも、納得できひんところが山ほどあるのに
>>続きを読む

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

3.9

かっわいい、3人、可愛すぎる
格好良いし、素敵だと思う、たくじはなんて素直なやつだ、
人間の生々しさが愛おしい、難しい、生きるのは

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

4.0

寧子がまるっきり自分で
しにたくなった
全部捨てて遠くへ行きたくなった
でもそんなことできないからこうやって書いている、
生きてるだけで疲れるよなあ、寒い

誰も知らない(2004年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

見たすぎて勿体ぶって何年経ったのか、はじめて見ました。
すごいものをみてしまった、
頭抱えて泣くくらい愛おしい、子供って、人って。
案外強い、案外脆い、人って、子供って。
ゆきちゃんがしんで、しんだこ
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

3.7

人間が作るこの国は世界は信じられないね
自分を信じ疑いたいけどそんな強い人になれるだろうか。
でも、このような現実であったとしてもこうして映画にする人々がいて素晴らしい。
ひとりで抱え込める問題ではな
>>続きを読む

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

4.1

特に何も思わずぼーっと見ていた。終わり方が好きだ、そこでようやく笑みが零れた
見終わってもあまり言葉になってでてこないタイプだ、
タイトルがいい。
1回じゃ伝わるものを拾いきれない。

タイタニック(1997年製作の映画)

4.1

怖くて怖くてたまらなかった。大切な人を失いたくない。そうじゃない人も生きていてほしい。私も誰かを守れる人になりたい。

巴里祭(1932年製作の映画)

4.5

人間は皆都合のいいようにしか生きれないね。都合のいい恋愛でいいと思えた。可愛かった。
白黒だし、フランス語だし、時代も違うのにこんなにも引き込まれるんだと思った。

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

3.9

最初から最後まで、結末もとてと面白かった。あのシーンから始まってあのシーンで終わるのかっこよすぎる。しかし、頭が悪いので詳しい詳しいネタばらしが欲しい

ホットギミック ガールミーツボーイ(2019年製作の映画)

3.7

ストーリーこそ好みではないが、ラストの2人の掛け合いのセリフや、瞬間の写真を交えて目まぐるしい映像の切り替わりがとても好きでした。溺れるナイフを見て以来山戸監督が気になっていたので映画館滑り込めてよか>>続きを読む

ベスト・キッド(2010年製作の映画)

3.9

勧められて一緒に見たやつ
たしかにもう一度(何度も)見たくなる作品でした!最後にはみんなが愛おしく思えます。物語を作る上で必要な良い所を全て詰め込んだような映画でした!

岬の兄妹(2018年製作の映画)

3.4

難しい問題だなあ
俳優さん達の、気持ち悪く、少し愛おしく感じさせる演技が絶妙でした~

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

思ったより怖かった。というか成田凌の演技が予想外すぎてすごかった。クールでカッコイイ役もへなちょこな役も似合うな~と思ってたけど、サイコの役も最高にキモくて、演技が上手いんだと改めて確信しました( ˊ>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

4.1

冷静に振り返ったらただこれだけの映画だと思うかもしれない。でも見てる最中、見た直後の興奮から思うとすごい作品です。なんというか、ストーリーだけで判断して欲しくないです。
これだけの視覚でここまで興奮さ
>>続きを読む

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

4.0

オスカーの目的にはすっきりしてないのに、とても見終わった時の感覚がよかった。
心からの切なさや愛おしさが溢れる素敵な映画でした。物語も、映画としても、最高です。
トーマスくん何者……

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.5

驚いたのが、レビューを見てて知ったご本人が演じていたこと。
お話はいいけど映画というより再現ビデオみたいだなと思ったのもそのせいかも。

渇き。(2013年製作の映画)

4.2

公開されたのは私が中学生の頃で大きくなったので再度見しました。
レビューはあまり良くないが、万人受けする作品ではないだろうので納得。
内容を知れば知るほど面白い。
グロいのかもしれないけど、誇張した現
>>続きを読む

放課後ソーダ日和-特別版-(2018年製作の映画)

3.8

大好きなクリームソーダが可愛くて、綺麗で、幸せそうで、癒される映像と音を求めて足を運びました。ストーリーは気にしていなかったけどしょうもないようで単純で素敵だった。
学生でいる時期、悩むことは大人にな
>>続きを読む

>|