sakutさんの映画レビュー・感想・評価

sakut

sakut

映画(40)
ドラマ(0)

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.5

最初は駄々をこねるだけのくんちゃんがホントに少しずつだけど成長していく過程が描かれるファンタジー。
これまでの細野作品同様、描かれているのは家族愛・親子愛だけど、今回の作品は成長記としての色彩が強い。
>>続きを読む

アメリカン・アサシン(2017年製作の映画)

3.6

何で正体がバレたの?とか、さっきまで敵対してたのに直後に共闘することになったのはなぜ??ってなシーンが散見されますが、テンポよく話が進み全体的には楽しめると思います。
途中女性のヌードシーンが出てくる
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

3.8

正直、たいして期待もせずに観に行ったんだけど、引き込まれました。
単なる「俺たちヒーロー」みたいな安易な作品ではなく、大自然の脅威、それに対して人間がいかに無力であるかを突きつけられます。
実話に基づ
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.8

長澤まさみの魅力が詰まった作品です。
表題はラブストーリーそのものだけど、全体的にコメディ色の方が強く、特に佐藤二朗とムロツヨシが笑わせてくれます。
ラストの景色は美しく、そんな景色を眺めている主人公
>>続きを読む

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.6

前作から時が経ってしまい、内容をかなり忘れてしまったので、それぞれのセリフから思いだし(推測し)ながら観賞しました。
展開が予想できるところもあるけど、予想に反する展開もあり、楽しめました。
前2作を
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

血が繋がっている家族でなければ家族ではないのか、血の繋がりにどれほどの意味があるのか、ということを考えさせられる作品です。
バス停での息子のセリフは、揺らぎ始めた家族の形を彼なりに守ろうとした現れなん
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.9

原作の実写化はとかく失敗しがちだけど、今作はうまくできていると思います。
中年店長に対する女子高生の純粋で切ない恋を通して、立ち止まってしまったそれぞれの人生が新たに動き始めます。
終盤、海辺での店長
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.8

寄り添ったかと思いきや直後に衝突したりと思春期によく見られる母娘の関係がうまく描かれています。
そんな衝突の絶えない母娘だけど、やはり親子だなぁと感じさせるラストに心温まると思います。

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第五章 煉獄篇(2018年製作の映画)

3.6

いよいよ本格的な戦いが始まり、一気に引き込まれました。終わり方も次回作への期待を煽る感じ。今から11月が楽しみです。

友罪(2017年製作の映画)

3.3

個人や家族の再生の物語なんだろうけど、全体的に淡々と話が進んでいく感じ。もう少し違った演出があっても良かったかなぁ・・・
ただ、瑛太の演技は良かったです。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.4

すべてを察した上で我が子を見守る両親の懐の深さ(むしろ愛情の深さと言うべきか)に感動を覚えます。
とりわけ終盤の父子のシーンは秀逸。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星(2018年製作の映画)

3.6

「私にひざまずけ、神よ」とか、今回もシャアがカッコいい‼️
ただ、タイトルからシャア中心なのかと思いきや、出番がかなり少ない‼️
なので続きが制作されることを期待したい。

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

とにかく俳優がみんなカッコいい❗️
特に役所さんが渋いっ‼️

画質や音楽、ナレーションも「昭和」感を醸し出しています。

役所さん演じる大上の姿や松坂さん演じる日岡の終盤の行動にタイトルの意味がしっ
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.9

最初からクスッとさせられました。
ピーターラビットをはじめ、動物たちの表情もかわいいし、ヒロインもかわいい。
見終わったあと、明るい気持ちになるステキな作品です‼️

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

3.6

とりあえずゴジラが圧倒的に強すぎる❗
3部作のようだが、ここまで強すぎるとどう決着をつけるのか心配になってしまうほど。
ストーリーもなかなか面白かったです。

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.5

決してつまらなかった訳じゃないんだけど、個人的にはもう少しドキドキがあっても良かったかなぁ・・・と。
判決理由が明らかにされなかったので、罪状認否に対してなぜあの判決なのか少し消化不良でした。
ただ、
>>続きを読む

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

3.2

原作未読だが、東野圭吾作品ということで鑑賞。
全体的に淡々と話が進んでいく感じで、正直、もう少し盛り上がりがあっても良かったかなぁ・・・
研究室の窓から見下ろした時の広瀬すずが大人っぽく綺麗でした。

リズと青い鳥(2018年製作の映画)

3.5

原作未読・未見だったけど楽しめました。
表情ではなく手元や足元のちょっとした動きでうまく感情を表現できていました。
互いを「解放」しあった後の帰り道での二人の距離が、そこに至るまでの二人の関係性を踏ま
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.8

失礼ながら、予想に反し結構楽しめました。
特に二人の対決シーンは畳み掛けるような展開で引き込まれました。
原作とは終わり方が異なりますが、勧善懲悪モノとして分かりやすく終わらせるには仕方ないかなぁと思
>>続きを読む

犯罪都市(2017年製作の映画)

3.6

こういう警察作品には欠かせないドンパチはなく、斧やナイフ、鉄パイプによる肉弾戦が繰り広げられます。でもそれが逆にリアルさを出しているように感じました。
悪役は救いようのない外道。ボスは外見上は悪に見え
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.3

親子や姉妹で衝突することもあるけれど、やっぱり家族が一番、っていう全編家族愛に包まれた作品です。
試合のシーンはかなりリアル❗思わずこっちの体まで動いてしまうほどでした。
インド映画らしいサービス精神
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.8

ダンケルクが何なのかを知っていると全体を通じて楽しめると思います。
また、たとえどんなに嫌われても信念を貫き通すことで守られることもあるってことを感じました。
和平に傾いていた政府を180度転換させた
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.9

3Dで観た方が楽しめるかも・・・
遊び心いっぱいの映画です。
ゲームを金儲けの手段にしてしまってはゲームを「楽しむ」ということを見失ってしまう、そんなメッセージを感じました。
あと、仮想現実より「現実
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.2

始めのうちこそ軽い感じですが、徐々に深刻さが深まっていきます。
40年ほど前に実際に韓国で起きた事件に基づいていることに衝撃を受けました。軍部の横暴はよくある話ですが、今の韓国からは想像できません。
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

3.3

まぁ、女性にも年齢問わず色々と欲望があるってことか。
全体の半分くらいは濡れ場ですが、女性向けの作品のように思います。
熱海のシーンの松坂さんは相当頑張っていたと思います。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.7

これぞ報道機関としての矜持❗️
まだ女性の地位が低かった当時において女性経営者が最終的に決断を下すことにも意義深いものを感じました。
メリルが連邦最高裁から出てきた時、彼女の周囲にいた群衆に注目してほ
>>続きを読む

私は絶対許さない(2018年製作の映画)

3.4

描かれている内容があまりにも過酷過ぎて、観ていて精神的に体力を奪われました。
この作品、実話に基づいているということに衝撃。
作品に当てられてしまい、これ以上は書けそうにありません。

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.3

思わずもう一度高校生に戻りたいって感じさせる作品です。
登場人物たちが同じ目標に向かって頑張っている姿が羨ましく思いました。
過去作品を観てから鑑賞した方がいいと思います。
クイーン役の松岡さんがいい
>>続きを読む

アンロック/陰謀のコード(2017年製作の映画)

3.6

TOHOシネマズ日比谷にて試写会に参加。
予想を裏切ろうとストーリーをやや複雑にし過ぎた感はあったけど、こういう騙し騙される作品、個人的には好き。
本編には直接関係ないんだけど、ヒロインの協力者になる
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.1

孤独を抱えて、それでも周りに支えながら何とか生きている、そんな登場人物たちの物語。悪役もその一人で、観終えたあとにストーリーを振り返ると色々とその将来が暗示されていたことに気付くと思います。
単純なラ
>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

4.0

全編通して圧倒されました。
細かく観ればどこかで観たことあるなぁ~といったシーンも確かにあるけれど、それを補って余りあると思います。
トイレでライフルを構えるシーンはカッコよすぎ❗

さよならの朝に約束の花をかざろう(2018年製作の映画)

3.2

内容が軽く、高校生向きかなぁ・・・
大人が鑑賞するには少し退屈かもしれません。

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.7

予想を裏切る展開で、最後まで飽きずに鑑賞できると思います。
タイトルの意味がわかった時、確かに「純愛サスペンス」だなぁ~と感じました。

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

3.3

誰もが耳にしたことがあるであろう「my favorite things」のセッションが印象的な作品。
ストーリーは直球ストレート。

犬猿(2017年製作の映画)

3.9

観たあとなかなかうまいタイトルだなぁ~と感じさせる作品。
終わらせ方も「おぉ~」って感じ。
個人的には姉が硬軟織り混ざっていていい感じでした。

羊の木(2018年製作の映画)

3.4

予告編を観て、どんな終わらせ方をするのか気になって観に行ったが、あまりに衝撃的な終わり方で、脱力しました。

>|