sakutさんの映画レビュー・感想・評価

sakut

sakut

映画(57)
ドラマ(0)

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

3.8

最初、公正たらんとする被告人寄りで鑑賞してました。ただ、告訴人があくまで謝罪にこだわった真の理由が明らかになった時、告訴人の態度もやむを得なかったのだと感じました。
判決やその直後の二人の表情が、邦題
>>続きを読む

SPL 狼たちの処刑台(2017年製作の映画)

3.6

ご都合主義が散見されるものの、そこを気にしなければ最後まで飽きることはないと思います。
とにかくお父さんの強さが圧倒的。
ありがちなラストを予想していたけど、そういうラストなのねって感じ。

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

3.7

1を観ていなかったので観に行こうか最後まで悩んだけど、友人に強く勧められ観に行ってみた。結果、1を観なくても十分楽しめました。
とにかく迫力と勢いのある作品なので、観るなら劇場で観るべき作品です。

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.8

彼女の行動には終始意見が別れそう。本気で人を好きになると、もはや理性ではなく、本能ということか。
ラストの東出さんの表情も、そんな理性と本能の狭間で苦悶している表情のように感じました。

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.6

突然ペンギンが現れますが、あくまでファンタジーなので、そこに突っ込みを入れちゃうのはタブー。
異性に興味を持ちはじめる年頃の少年たちが主人公なので、そんな彼らの行動には微笑ましく感じることも。
また主
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.6

自分の正義を貫くために暴走する検事をキムタクが上手く演じています。
二宮の取り調べシーンもかなり熱が入っていて良かったです。
ただ、あの終わり方は「エッ⁉️」って感じでした。

君の膵臓をたべたい(2018年製作の映画)

3.7

原作が同じなので、実写版とは概ねストーリーは同じだけど、アニメならではの美しさがありました。
そんなわけで個人的感想としては、実写版より良かったです。
エンドロールが始まっても席は立たないように❗

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.5

90年代のヒット曲や、今では死語になっている言葉が出てくるので、当時中高生だった人は懐かしさを感じるのでは?
仲間は大切、ということを全編通して訴えています。
隣の席の人は涙を拭っていたようだけど、個
>>続きを読む

ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間(2018年製作の映画)

3.4

子供が観るには難しいかもしれません。
大人が観るには全体的にちょっと単調の感は否めないけど、監督ごとに作風が違うので、そこは楽しめる。
ところで最初の「カニ」ですが、お母さん、私はてっきり・・・

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.2

一部、名前がこんがらがってしまったものの、今回の作品もアクション満載で、約150分という長さは感じさせません。
過去の作品、とりわけ前作との連続性があるので、復習してから鑑賞するといいと思います。

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.7

欲を言えばもう少しドキドキ感が欲しかったかなぁと思わなくもないけど、全体的には良くできた作品だと思います。

旧作の登場人物も出てくるので、復習してから鑑賞するといいかも~
そのこともあってラストシー
>>続きを読む

2重螺旋の恋人(2017年製作の映画)

3.6

「自分はいったいいつから・・・」
きっとそんなことを思いながら、観終えた後にストーリーを振り返ることになると思います。
なおエロチックスリラーとのことですが、エロの部分はそれほど多くないです。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.1

「うまい‼️」というのが観終えた後の率直な感想。
「ゾンビ映画を撮っていたらホントのゾンビが・・・」っていうくらいの前提知識しかなかったけど、そこから予想外の展開が・・・
低予算でも良い作品はできるん
>>続きを読む

スターリンの葬送狂騒曲(2017年製作の映画)

3.6

スターリンの死をきっかけに起こった政争が、堅苦しい感じになりすぎることなく、所々笑いも交えながら描かれています。
「不都合な人は排除(抹殺)する」という考えがまかり通っていた当時のソ連の恐ろしさを垣間
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.8

冒頭シーンの真実が明かされた時、やるせない気持ちになりました。
派手なアクションシーンはありませんが、この作品にはむしろ不要。
エンドロールが始まる10秒前、ネイティブアメリカンが今なおいかに差別され
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.8

本国での興行成績が今一つということだったので、恐る恐る観に行ったのですが、普通に楽しめる内容でした。
ただ、終盤、半ば無理矢理にSW本編に繋げてしまったことで、エピソードⅣの時のハンソロは何歳なのかと
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.9

島に渡ってからはテンポよく話が進み、一気に終盤まで引き込まれました。
「パーク」を含めた過去の作品へのオマージュと思われるシーンが随所に見られるので、復習してから観るとさらに面白いかもしれません。出て
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.4

最初は駄々をこねるだけのくんちゃんがホントに少しずつだけど成長していく過程が描かれるファンタジー。
これまでの細野作品同様、描かれているのは家族愛・親子愛だけど、今回の作品は成長記としての色彩が強い。
>>続きを読む

アメリカン・アサシン(2017年製作の映画)

3.6

何で正体がバレたの?とか、さっきまで敵対してたのに直後に共闘することになったのはなぜ??ってなシーンが散見されますが、テンポよく話が進み全体的には楽しめると思います。
途中女性のヌードシーンが出てくる
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

3.8

正直、たいして期待もせずに観に行ったんだけど、引き込まれました。
単なる「俺たちヒーロー」みたいな安易な作品ではなく、大自然の脅威、それに対して人間がいかに無力であるかを突きつけられます。
実話に基づ
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.8

長澤まさみの魅力が詰まった作品です。
表題はラブストーリーそのものだけど、全体的にコメディ色の方が強く、特に佐藤二朗とムロツヨシが笑わせてくれます。
ラストの景色は美しく、そんな景色を眺めている主人公
>>続きを読む

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.6

前作から時が経ってしまい、内容をかなり忘れてしまったので、それぞれのセリフから思いだし(推測し)ながら観賞しました。
展開が予想できるところもあるけど、予想に反する展開もあり、楽しめました。
前2作を
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

血が繋がっている家族でなければ家族ではないのか、血の繋がりにどれほどの意味があるのか、ということを考えさせられる作品です。
バス停での息子のセリフは、揺らぎ始めた家族の形を彼なりに守ろうとした現れなん
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.9

原作の実写化はとかく失敗しがちだけど、今作はうまくできていると思います。
中年店長に対する女子高生の純粋で切ない恋を通して、立ち止まってしまったそれぞれの人生が新たに動き始めます。
終盤、海辺での店長
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.8

寄り添ったかと思いきや直後に衝突したりと思春期によく見られる母娘の関係がうまく描かれています。
そんな衝突の絶えない母娘だけど、やはり親子だなぁと感じさせるラストに心温まると思います。

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第五章 煉獄篇(2018年製作の映画)

3.6

いよいよ本格的な戦いが始まり、一気に引き込まれました。終わり方も次回作への期待を煽る感じ。今から11月が楽しみです。

友罪(2017年製作の映画)

3.3

個人や家族の再生の物語なんだろうけど、全体的に淡々と話が進んでいく感じ。もう少し違った演出があっても良かったかなぁ・・・
ただ、瑛太の演技は良かったです。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.4

すべてを察した上で我が子を見守る両親の懐の深さ(むしろ愛情の深さと言うべきか)に感動を覚えます。
とりわけ終盤の父子のシーンは秀逸。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星(2018年製作の映画)

3.6

「私にひざまずけ、神よ」とか、今回もシャアがカッコいい‼️
ただ、タイトルからシャア中心なのかと思いきや、出番がかなり少ない‼️
なので続きが制作されることを期待したい。

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

とにかく俳優がみんなカッコいい❗️
特に役所さんが渋いっ‼️

画質や音楽、ナレーションも「昭和」感を醸し出しています。

役所さん演じる大上の姿や松坂さん演じる日岡の終盤の行動にタイトルの意味がしっ
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.9

最初からクスッとさせられました。
ピーターラビットをはじめ、動物たちの表情もかわいいし、ヒロインもかわいい。
見終わったあと、明るい気持ちになるステキな作品です‼️

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

3.6

とりあえずゴジラが圧倒的に強すぎる❗
3部作のようだが、ここまで強すぎるとどう決着をつけるのか心配になってしまうほど。
ストーリーもなかなか面白かったです。

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.5

決してつまらなかった訳じゃないんだけど、個人的にはもう少しドキドキがあっても良かったかなぁ・・・と。
判決理由が明らかにされなかったので、罪状認否に対してなぜあの判決なのか少し消化不良でした。
ただ、
>>続きを読む

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

3.2

原作未読だが、東野圭吾作品ということで鑑賞。
全体的に淡々と話が進んでいく感じで、正直、もう少し盛り上がりがあっても良かったかなぁ・・・
研究室の窓から見下ろした時の広瀬すずが大人っぽく綺麗でした。

リズと青い鳥(2018年製作の映画)

3.4

原作未読・未見だったけど楽しめました。
表情ではなく手元や足元のちょっとした動きでうまく感情を表現できていました。
互いを「解放」しあった後の帰り道での二人の距離が、そこに至るまでの二人の関係性を踏ま
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.8

失礼ながら、予想に反し結構楽しめました。
特に二人の対決シーンは畳み掛けるような展開で引き込まれました。
原作とは終わり方が異なりますが、勧善懲悪モノとして分かりやすく終わらせるには仕方ないかなぁと思
>>続きを読む

>|