sakutさんの映画レビュー・感想・評価

sakut

sakut

映画(18)
ドラマ(0)

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

3Dで観た方が楽しめるかも・・・
遊び心いっぱいの映画です。
ゲームを金儲けの手段にしてしまってはゲームを「楽しむ」ということを見失ってしまう、そんなメッセージを感じました。
あと、仮想現実より「現実
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.0

始めのうちこそ軽い感じですが、徐々に深刻さが深まっていきます。
40年ほど前に実際に韓国で起きた事件に基づいていることに衝撃を受けました。軍部の横暴はよくある話ですが、今の韓国からは想像できません。
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

3.3

まぁ、女性にも年齢問わず色々と欲望があるってことか。
全体の半分くらいは濡れ場ですが、女性向けの作品のように思います。
熱海のシーンの松坂さんは相当頑張っていたと思います。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.7

これぞ報道機関としての矜持❗️
まだ女性の地位が低かった当時において女性経営者が最終的に決断を下すことにも意義深いものを感じました。
メリルが連邦最高裁から出てきた時、彼女の周囲にいた群衆に注目してほ
>>続きを読む

私は絶対許さない(2018年製作の映画)

3.4

描かれている内容があまりにも過酷過ぎて、観ていて精神的に体力を奪われました。
この作品、実話に基づいているということに衝撃。
作品に当てられてしまい、これ以上は書けそうにありません。

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.2

思わずもう一度高校生に戻りたいって感じさせる作品です。
登場人物たちが同じ目標に向かって頑張っている姿が羨ましく思いました。
過去作品を観てから鑑賞した方がいいと思います。
クイーン役の松岡さんがいい
>>続きを読む

アンロック/陰謀のコード(2017年製作の映画)

3.6

TOHOシネマズ日比谷にて試写会に参加。
予想を裏切ろうとストーリーをやや複雑にし過ぎた感はあったけど、こういう騙し騙される作品、個人的には好き。
本編には直接関係ないんだけど、ヒロインの協力者になる
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.1

孤独を抱えて、それでも周りに支えながら何とか生きている、そんな登場人物たちの物語。悪役もその一人で、観終えたあとにストーリーを振り返ると色々とその将来が暗示されていたことに気付くと思います。
単純なラ
>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

4.0

全編通して圧倒されました。
細かく観ればどこかで観たことあるなぁ~といったシーンも確かにあるけれど、それを補って余りあると思います。
トイレでライフルを構えるシーンはカッコよすぎ❗

さよならの朝に約束の花をかざろう(2018年製作の映画)

3.0

内容が軽く、高校生向きかなぁ・・・
大人が鑑賞するには少し退屈かもしれません。

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.7

予想を裏切る展開で、最後まで飽きずに鑑賞できると思います。
タイトルの意味がわかった時、確かに「純愛サスペンス」だなぁ~と感じました。

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

3.3

誰もが耳にしたことがあるであろう「my favorite things」のセッションが印象的な作品。
ストーリーは直球ストレート。

犬猿(2017年製作の映画)

3.9

観たあとなかなかうまいタイトルだなぁ~と感じさせる作品。
終わらせ方も「おぉ~」って感じ。
個人的には姉が硬軟織り混ざっていていい感じでした。

羊の木(2018年製作の映画)

3.4

予告編を観て、どんな終わらせ方をするのか気になって観に行ったが、あまりに衝撃的な終わり方で、脱力しました。

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.8

登場人物それぞれに問題を抱えていて、それが結構過激。でも観る価値はあると思います。個人的には姉妹がお互いに感情を爆発させるシーンが良かったです❗

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.3

たぶん、この映画を観た人それぞれに捉え方が違うかもしれません。
英雄譚と捉える人もいるだろうけど、ボクは「たとえ今が不遇でも人生はいつでも大きく変わりうる」って風に捉えたい。

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.4

中盤あたりまではよくある展開だけど、全体としては無難に楽しめる作品だと思います。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.3

個人的にはまさかの冒頭シーンでしたが、そこで一気に引き込まれました❗

「This is me」は圧巻でした