そるてぃさんの映画レビュー・感想・評価

そるてぃ

そるてぃ

ノマドランド(2020年製作の映画)

-


広大な自然の中を突き進むたった一台のヴァンとか
前半では誰かと一緒にいたところ に独り とか

ノマドなんだけどノマド仲間がいて
ノマド仲間はいるんだけど独りで


独りと仲間達のループ
指輪と一緒
>>続きを読む

あの頃をもう一度(2021年製作の映画)

-

めーーーーっちゃいいじゃん!

ノリノリで
(ショートフィルムだからもちろん)短いながらも緩急があって

雨に唄えば且つララランドね!
たしかに!


通り雨が過ぎて行った後City of Star流
>>続きを読む

魔女がいっぱい(2020年製作の映画)

-


魔女がいっぱい出てきた












咳のなぞとメアリーの正体は掴めぬまま、、
ていうかグランマは何者?
すごい長生き?
って思ったけど
孫ちゃんが9年近く生きたってことか

ミッドサマー(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

夏至の祭典


最終的に誰かが死ぬ
んじゃないんだよなあ
死ぬとこから始まっちゃってる

ダニーの家族の死が何に繋がるかわからなかった

壁画とかタペストリーとか伏線たっぷりで
のちのシーンで直接言及
>>続きを読む

トムとジェリー(2021年製作の映画)

-

大好きだ〜
トムとジェリーは永遠の名作

ジェリーのお部屋探しから始まり
何度も追いかけっこを繰り返す

NY決戦のナターシャさながらのドローンアクションと(別の映画な気もする)
M:Iのイーサンさな
>>続きを読む

オン・ザ・ロック(2020年製作の映画)

-


そういう結末なのね!という所感だけど
ローラがパパに翻弄されたように
観てる自分も作品に、作者に、翻弄されただけなのかもしれない


結婚生活の良し悪し裏表、愛情表現、嫉妬、信頼、疑念、鬱陶しいママ
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

-

なんと実話に基づいたお話

ボブ本人(本猫)だったのか!

ボブじゃなくてもきっと人の言葉を理解してるんだろうなあ

2度目のチャンスをモノにできるかは自分次第!

ダウントン・アビー(2019年製作の映画)

-


ドラマシリーズで気付いたらトーマスのファンになって

そこからの劇場版
2年後渋くなって更に好き

おばあちゃんたち強すぎ

笑って泣けて
一層ファンに


2もあるんだってね!!
観るよ!!

ロンドン、人生はじめます(2017年製作の映画)

-

ダイアンキートンのファンになりました
単純ですね

こういうのすごい好きなんだよなあなんて思ってたら
ダイアンキートン、NYでもお家にまつわる出来事があるみたいですね
何でも眺めがいいらしい


とに
>>続きを読む

ジェントルメン(2019年製作の映画)

-

さいっっこう🐖
なんこれ🐖

イギリス行きたい欲が爆上がりです🇬🇧🐖


最初はビールのブランド広告かなって思いました。
(なんでもガイリッチーの醸造場のビールらしい🍻)


語り部がいるタイプの映画
>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

-

あれこれ観たのにレビューしてなかったや


根っこがネガティブ中のネガティブで
ポジティブのポの字も見当たらないような性格だから
これくらいぶっ飛んだハプニングでポジティブになってみたい



けど元
>>続きを読む

バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画をつくったら~(2021年製作の映画)

-

最近の劇場鑑賞はなんでか邦画続き

方が観るのもほとんどが推し観たさなんだよなあ
今回は芳根ちゃんやら菜々緒やら滝藤さん
あと松重さんもね


バイプレイヤーとは名ばかりで
豪華すぎるほどの名優たちが
>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

-

もちのろん松岡茉優観たさに映画館へ

結構好きだった

なんか特別どんでん返しな感じでもないけど

発想の転換
固定観念の払拭

何となく
すっきり
するような
しないような


弊社がばっちり使われ
>>続きを読む

ラブ&ドラッグ(2010年製作の映画)

-

例によってジェイクギレンホール
パチクリお目目のキラキラ笑顔に惚れる
ニッコリスマイルもハニカミスマイルも永遠に観ていられる

んだけども兎に角アンハサウェイがエロかわキレイ
これはイチコロ
あんなに
>>続きを読む

エンド・オブ・ウォッチ(2012年製作の映画)

-

Anna Kendrick!!!
アナケンドリック!
Anna Kendrick!!!!!!!!

やっと観ました



前半はセリフの2/3がFuckかFuckin'
アウトローな警官コンビのやりた
>>続きを読む

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

-

最初は何のこっちゃわからなくて
ただただ不穏な感じ

だんだん点がわかり始めて
繋がって線が見えてくるソワソワ感


シャッターアイランド的な流れかと思いきやのラスト


レベッカファーガソン綺麗だわ
>>続きを読む

オーバードライヴ(2013年製作の映画)

-

ロック様主演なのに笑いがない
コメディな部分が全く以ってない

終いにはロック様が女々しいとまで言われるという
今では全く考えられない扱い


グッときました
親の愛
父の愛

強い男はかっこいい

365日のシンプルライフ(2013年製作の映画)

-

一番最初何持ってくるかな
とか
優先順位はどうやって決めよう
とか
実際にその状況に置かれたら優先順位は今考えてるものと違うのかな
とかとか

いろいろ考えましたけど
何よりも

日本だったらどこに年
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

-

初めて劇場でエヴァンゲリオン観ました

すごい



けど個人的にはちゃんと描き切ったものが見たかった
ああいう演出なのはわかるけど

うん

ファンの皆様ごめんなさい

累 かさね(2018年製作の映画)

-

太鳳ちゃんの下手くそな演技の演技がすごい
芳根ちゃんのストーリー通しての変化がすごい




横山どしたんなにやっとん

ミスト(2007年製作の映画)

-


1μも救われないな!!!!!!!!
なんて映画だ、、

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

-

んんなるほど!と


なりたかった自分がいて
今の自分と比べちゃう
ただでさえ手一杯なのに
理想と現実のギャップに飲み込まれちゃう

そんな時に救ってくれるのは過去の自分かもしれない

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)

-

たまらん
いかついむきむき×イケメン×アクション×スパイ
=最高

イントゥ・ザ・ストーム(2014年製作の映画)

-

これ公開時ものすごく観たかったやつ

まあでもかるーく観るのがいい


すんごい台風
こういう映画もあり?なの?かな?って

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

-

観ました

ハマらなかった、、


何だろう
わからないけど

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

5.0

一気に観たああ〜

ド派手なアクションにいろんなスパイアイテム
カッコ良すぎるぜイーサンハント
惚れてまうやろイーサンハント

シリーズ通して楽しめました
良し悪しは分かりません楽しいです

最新2作
>>続きを読む

>|