samiamさんの映画レビュー・感想・評価

samiam

samiam

このサイトのレビューは、理解出来なかったことの解き明かしを訊くために、また、自分とは異なった見方の意見を知るために非常に役立ち感謝しています。
映画を観た後に自分なりのレビューをしてから読むようにしています。
レビューや制作元の紹介もほとんど読まずに映画を観るため期待外れな場合もありますが、それはそれで楽しめます。

映画(451)
ドラマ(0)

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

lMAX3Dで鑑賞。
肉眼で見るとものすごくでかいスクリーンなのに、IMAX専用メガネで見ると、普通スクリーンサイズ以下に感じてしまう私の目の特性にがっかり。前回もそう感じたが、体調のせいかと思ったが
>>続きを読む

最後のランナー(2016年製作の映画)

3.5

信念の人の半生。ただただ涙と、心揺さぶられる思いで観ているしかなかった。
今回は日曜日の対決を拒まなかった。
真に信念のある人の優先順位は明確であることを現していたと思う。

クレアのカメラ(2017年製作の映画)

3.5

4部作の最後の上映作品。
普通に面白かった。
情けない男を(自分で言ってる)を現していることは他の作品と変わらないが、意味不明な部分はほとんど無く分かり易い。かの女優が出演しているからといって変態映画
>>続きを読む

いつだってやめられる 7人の危ない教授たち(2014年製作の映画)

3.6

イタリアコメディー映画3部作の1作目。
2作目を暫く前に鑑賞し、1作目の上映を待ちわびていたが、ようやく鑑賞できた。やはり面白かった。
2作目のように会場中大笑いということはなく、静かにこみ上げてくる
>>続きを読む

セラヴィ!(2017年製作の映画)

3.5

復館したばかりの渋谷シネクイントで鑑賞。

面白かった!
静かなドタバタ喜劇といった感じ。かなり笑えた。

主人公の哀愁漂う演技がいい。
かなり長丁場な結婚披露宴で起こるハプニングの数々。
最後は移民
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

いやー、面白かった。
タイトルのバトルオブセクシーズって、男と女の闘いっていうだけの意味ではなかったんだね。
性への既成概念との闘いの意味もあったとは。
こんなストーリーとは、びっくり!!!!!
予告
>>続きを読む

結婚演出家(2006年製作の映画)

2.0

コメディー映画と勘違いしての鑑賞。
観たら、頭の悪い私には解釈の難しいゲイジツ作品であった。
勘違いした理由
1.「いつだってやめられる」と同じポスターに掲載されていた。
2. ポスターのクリップがい
>>続きを読む

正しい日 間違えた日(2015年製作の映画)

3.5

おもしろかった。
笑える箇所もいくつもあり、会場中みなかなり大きく声出して笑ってた。私もその中のひとり。
「それから」も「夜の浜辺でひとり」も私にとっては意味不明な映画だったので、ほとんど期待せずに観
>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.0

今日はかみさんと息子と三人で、かみさんの甥っ子の結婚式に出席。お嫁さんが本当に仲の良い、愛に溢れたご家庭で育てられたかたで、甥っ子も朴訥だが好青年で、とても良いカップル。披露宴は終始ほんわかした雰囲気>>続きを読む

アメリカン・アサシン(2017年製作の映画)

2.5

残念ながら楽しめなかった。
相性の問題だと思います。主人公の動機ははっきりしているが、どうやってあそこまで強くなれたのか、どうしてテロの首謀者と直接会えることになったのか、CIAが何故あの場所に踏み込
>>続きを読む

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

3.5

コメディーかと思って観たら全然違った。在日韓国人のかたがたの悲哀を現した映画。
さまざまなシーンで息が詰まる思いをした。特にときおくんのあまりにも悲しいできごと。
ストーリーはフィクションでしょうが、
>>続きを読む

告白小説、その結末(2017年製作の映画)

3.0

終始、不穏な空気を漂わすサスペンス。
主人公の作家が、徐々に支配され精神も最後は肉体も蝕まれていく様子の描き方が見事であったと思う。
若い頃に劇場で観た「ミザリー」を想い出した。あの当時、非常に恐怖に
>>続きを読む

天命の城(2017年製作の映画)

3.0

重厚な歴史物語。
子役を含め、どの役者も素晴らしい演技。
二人の重臣の、相反する国王への進言(宥和か対決か)が、どちらもそれぞれの信念に基づく筋の通った主張であり、国王が葛藤せざるを得ない状況が良く描
>>続きを読む

マルクス・エンゲルス(2017年製作の映画)

3.0

マルクスとエンゲルスの家族を含む人物像、時代背景を知ることができて、とても興味深く鑑賞した。

夜の浜辺でひとり(2016年製作の映画)

3.0

「それから」に引き続き、ものごとが分かっていない私にとっては、制作者の意図が読めない映画。第一部のエンディングはどうなったのかすら分からず。もしかして、主人公を抱えていたのは公園で時間を聞いてきた男?>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

アメリカには山岳森林専門の消防隊があるんですね。その消防隊には認定制度があって、認定に合格した消防隊はホットショットと呼ばれ、全米各地で頻繁に発生する山火事の消火作業の中心的役割を果たすらしいというこ>>続きを読む

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

3.5

皆心に沁みるいい演技。

ただ、私にとってこの映画は、「30年後の同窓会」とか、「涙を見せられる友」がいるかとかそんなことを考える話しではなく、この戦争は誰のため?何のため?今日本が向かっている先には
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.0

ストーリー云々ではなく、メッセージ云々ではなく、一つの芸術として鑑賞。
芸術としてとても良かったと思う。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

予想通り、またはそれを上回って素晴らしい映画だった。

演技もストーリーも見事。
主人公だけでなく、主人公に関わる人物一人一人に焦点を当てながら進めるやりかたも良いなと思えた。

本日、4本鑑賞したが
>>続きを読む

それから(2017年製作の映画)

3.0

個人的映画三昧Day3本目。
登場人物が非常に少なく、それぞれ面白い人物設定のストーリー。

制作者の現したかったメッセージが何なのかは、正直分からなかった。
自分的には不誠実な男の典型はこうなのだと
>>続きを読む

29歳問題(2017年製作の映画)

5.0

コメディーのつもりで鑑賞。
冒頭からヒューモラスな滑り出しで、予想通りのコメディーかと思ったが。。。
徐々に流れが変わってきて。。
最後は正直感動で泣いてしまった。

ストーリーが秀逸。役者の演技、感
>>続きを読む

オンネリとアンネリのおうち(2014年製作の映画)

2.0

おとぎ話の実写版だと思う。
フィンランドでは有名なお話しなのかな。
オンネリ役の子もアンネリの役の子も可愛かったね。

穏やかで、少しにっこりしてしまう映画だった。

ところで、本日はこの梅雨の時期に
>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

4.0

見応えあったー!
配役も、それぞれの役造りも本当に素晴らしい!

実際のストーリーはもっと長丁場で、もっと悲惨であったらしい。

しかし、せめてこうであって欲しいという世の願望が良く表現されていて、映
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

2.5

CGの技術恐るべし。
ここまでリアルに出来るんだね。
ウサギの毛並みの美しさ。

フジコ・ヘミングの時間(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

とてもいいドキュメンタリー。ひたすら感動!
元音楽教師の私の姉が大好きなピアニスト。姉曰く、彼女の演奏は、10本のどの指で弾く音もその一音一音が均しく繊細でクリアなのだとか。姉があまりにも誉めるので、
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.5

はちゃめちゃ、ドッタバタ、エロ(少なめ)グロ、ナンセンスムービー。
様々な映画のおちょくり、人種差別ネタも含むブラックジョーク、皆さんのレビューによく書かれる第四の壁という専門用語も出て来そうな(出て
>>続きを読む

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2017年製作の映画)

4.0

原作が大好きだったので、どうかなーと思っていたが、すごく良かった。
観て良かった。より原作が好きになったし、もう一度読み返してみたくなった。
もちろん、映画化するに当たって、制作者の独自の解釈や原作に
>>続きを読む

モリのいる場所(2018年製作の映画)

2.5

制作者がモリのことをこよなく愛していて、ありのままを現したかったのだろうなということは伝わってきた。

ただ、残念ながら、自分自身は感動を得ることは出来なかった。しょうがない。

昭和天皇の一言のシー
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

少し切ない、穏やかないいストーリー。
演技も皆見事!

人生における受容と成長がこの映画のテーマかなと思う。

ゲイであることを隠していたことを知り許せなかった彼氏を、彼からの心情の吐露により友達また
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.5

これまた、いいストーリーといい演技。
子役の二人も含め皆素晴らしい。特に女の子と安藤サクラ。天才ですね。

人が人を裁くことがいかに難しいのかを現した映画に思えた。
フロリダプロジェクトとも相通じるテ
>>続きを読む

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち(2017年製作の映画)

3.0

ドタバタ喜劇3部作中の2作目
会場中大笑い
終盤に第3作の予告入り
第1作も今月上映わかり幸せ
第3作も是非日本公開望む

友罪(2017年製作の映画)

4.0

人の心の闇を、これでもかと突き付けてくる映画。
少年猟奇殺人、いじめによる自殺、無謀運転による事故死、AV強要、リベンジポルノ、ストーカー、堕胎、全て今の日本で起きている現実問題であり、何の誇張もない
>>続きを読む

男と女、モントーク岬で(2017年製作の映画)

4.0

海、空、建物の絵がとても綺麗。
登場する3人の女性、元恋人のレベッカ、離れて暮らす妻クララ、出版社のプロモーション担当者リンジーは皆魅力的
。特にレベッカ。役者のニーナ・ホスも素晴らしい。一度にファン
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.5

丁度良い時間のものが他になかったため、何の予備知識もなく鑑賞。
予告も観たことなかった。

結果とても良かったよ。
原作は(少女?)漫画とのこと。
これまで日本の漫画の実写映画は興味持てなかったが、坂
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

2.5

皆いい演技と思う。特に祖父ゲディー役。金、物に執着する理由も説明されていて良いと思う。
ただ、ミッシェルウィリアムズもマークウォールバーグも大好きな俳優なのだが、何故か今回の映画では、その演技に感動で
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.5

MX4Dで鑑賞

凄く楽しめた。
テーマパークのアトラクションですな。
ゴリラの映像が、巨大化する前から超リアルで本当に素晴らしい。
ストーリー的には突っ込みどころ満載でしょうが、それを遙かに上回って
>>続きを読む

>|