samiamさんの映画レビュー・感想・評価

samiam

samiam

私がモーガンと呼んだ男/私が殺したリー・モーガン ジャズ史に刻まれた一夜の悲劇の真実(2016年製作の映画)

4.0

とても良いドキュメンタリー。
哀しいストーリーだけど、全てのインタビュイーのコメントが愛に満ちていた。
演奏シーンもとても良かった。

映画館が、また最高。
さほど大きくはない会場とスクリーンに、無造
>>続きを読む

ロダン カミーユと永遠のアトリエ(2017年製作の映画)

3.5

美しさを追求した人を描いた美しい映画。蝸牛の這跡や野生する樹肌やギリシャの大理石彫刻を愛でるシーンがとてもいい。
性への業も別離の哀しみや批判に対する苦悩も全て葛藤しながら受け止め、それを作品に昇華し
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

2.5

荒唐無稽なアクション映画は基本好きだけど、今回は好きになれなかった。
人が死に過ぎだからな?

ジャコメッティ 最後の肖像(2017年製作の映画)

3.0

楽しめたよ。
全ての役者が素晴らしい演技。
風邪から回復したあとの夫婦の会話と、ポン引きのお兄さんに、価値があるからと大金を渡すところの会話が特に好き。
ジャコメッティは、きっとほんとにこんなキャラク
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

2.5

残念ながら、完全に異次元の話。
完全に取り残された。
しょうがない。

フラットライナーズ(2017年製作の映画)

3.5

みんなのレビューほど悪くなかった。
役者全員迫真の演技。
確かにホラーと思って観たら期待外れだろうね。
自分を許すことの大切さを描いたストーリー。

カンフー・ヨガ(2017年製作の映画)

3.0

可笑しかったー!
お気軽カンフー映画
おじさんの動きは否めなかったけど、ジャッキー頑張ってたよ。
エピローグはインド映画へのリスペクト!
エンドロール終わって照明ついて、客席見たらみんな笑顔!

マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年(2016年製作の映画)

2.0

ひたすらインタビュー
途中途中で映し出される靴の数々は本当に魅力的
何度も出てくる和田誠風の動くイラストも好き
しかし、そもそもファッションに興味のないものにとって、
寝不足でジムワーク、ロードワーク
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

2.5

原作も映画前作も観たこと無く、ニュートラルな状態で鑑賞

絵はとてもきれい
演技も悪くないと思う

ただ、探偵が容疑者の背景を知り得たプロセスの説明がまったくなし
これストーリーとして論理的になりたっ
>>続きを読む

彼女が目覚めるその日まで(2016年製作の映画)

3.0

淡々と事実を伝える記録映画的。
発症の確率が日本の人口に対して40人という少なさなのに、同じ病気を題材にした日米の実話映画が同日公開になったことに驚き。
これも一つの奇跡なのでは。

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

4.0

驚くべき信念の男の物語。
その誠実さが周りの皆を幸せにして、そしてその皆から祝福を受けているということがよく現されていた。
ただただ感動。

ルージュの手紙(2017年製作の映画)

3.0

静かな展開。
悪くないです。
日本語タイトルも、キスが大事なファクターであり強調したいのは分かるが、英語タイトルのほうがさりげなくて、しっくりくると感じた。

ル・コルビュジェとアイリーン 記憶のヴィラ(2015年製作の映画)

4.0

感性の人の美しく穏やかな生涯と彼女が残したもの、そしてそれに関わった人びとの実話。

否定と肯定(2016年製作の映画)

4.0

レイシスト歴史家も含め、全ての役者が迫真の演技。
最近の出来事とは信じられないような実話。
しかし考えてみると、国のトップ、首都のトップの政治家が、この歴史家と同様に史実を無かった事のようにしようとし
>>続きを読む

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

2.5

せっかくイタリアまで行って無国籍映画にしたんだから、演技力ある海外の役者でやれば、もう少しいいものになったのでは。
でも日本人でやりたかったんだろうね。

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.5

はちゃめちゃ荒唐無稽映画なのに、なんでこんなに演技うまいんだろう
おばか映画の部類なのにじんときた。

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.5

あまりにも荒唐無稽で、極端な誇張があるようには思うが、現在の社会が向かっている方向、行き着く先を良く現しているのではないかと思う。
それを警告している映画であり、自分も警告されたように感じる。
このア
>>続きを読む

永遠のジャンゴ(2017年製作の映画)

4.5

ジャンゴ役俳優の圧倒的な存在感
あまりにも悲しい史実
もう一度DVDでゆっくり観たい

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

良かった。
メアリーが、何しろ可愛くて仕方ない。
最後のおちが、頭の悪い私にはわからなかったのでDVD観て確認したい。

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.0

こんな荒唐無稽ハチャメチャ、ドタバタお気楽映画なのに、正義のためとはいえ、この俳優陣を揃えられるのが凄い。役者も制作者も楽しくてしょうがないんだろうな。
好き。

密偵(2016年製作の映画)

3.5

ストーリーそのものはフィクションかも知れないが、確かにこのような事があったのではないかと思わせる映画。
それぞれが迫真の演技。鶴見辰吾もいい演技。

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.0

何かが起こるかと思いながら、はらはらしながら観たが。。。
頭の悪い私には、落ちがあまりよく分からなかった。

アニー・ホール(1977年製作の映画)

3.0

面白かったことだけ覚えているが、内容思い出せない。もう一度観たい。

JUNO/ジュノ(2007年製作の映画)

4.0

いい
何度も観たね
日本語字幕、英語字幕、吹き替え
どれもよかった

>|