Sさんの映画レビュー・感想・評価

S

S

僕のピアノコンチェルト(2006年製作の映画)

3.2

僕のピアノが凄すぎて見入ってしまう。ほんとに神童が出演している。

素敵なウソの恋まじない(2014年製作の映画)

3.0

この世の独り身のおじいさん、みんな幸せになってほしい。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

-

ナオミワッツ以外に共感できるとこがなかった。。
物がもったいない。。

ウルトラミラクルラブストーリー(2009年製作の映画)

4.0

何年も前に見たけど衝撃的でちゃんと記憶に残っている映画。
最後の熊はリアルだけど本物なのか?!
内容はタイトルそのもの。

キツツキと雨(2011年製作の映画)

5.0

3回目。全てが大好き。役所さん最高。他の役者さんも面白い人ばかり。

グレムリン(1984年製作の映画)

3.6

久しぶりに見たけど、スタンドバイミーとグーニーズに出てたコリーフェルドマンが出てるの気付かなかったっ

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

4.0

トムウェイツの曲で始まる所から「おっ!」って心掴まれる。

ウィノナライダーは文句なしにかわいい。ローマ編にはライフイズビューティフルのロベルトベニーニも出ていて、これまたおぉ!ってなる。
ニューヨー
>>続きを読む

聖の青春(2016年製作の映画)

5.0

村山聖への評価5。
将棋には全く興味がなかったけど、この人のことをもっと知りたいと思う映画だった。

少し調べると、普遍的な優しさを持つ人で、体調の悪い時でも後輩に将棋を教えることをいとわなかったそう
>>続きを読む

ブルーに生まれついて(2015年製作の映画)

3.8

チェットベイカーが好きだから、見るのが辛かった。
悲しいけど麻薬を使わないと良いパフォーマンスができないのは、実力がないという事だと思う。
スポーツ界ではその精神に反するため薬物検査があり禁止されてい
>>続きを読む

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

4.0

squadとは、「一番仲のいいグループ」という意味があるスラングらしい。
囚人たちにだんだん愛着が湧いてくる。
ストーリーは賛否両論だけど、エンターテイメントできてると思う。
音楽はローリングストーン
>>続きを読む

好きにならずにいられない(2015年製作の映画)

4.0

ぐるんぐるんに振り回される心優しいフーシ。
でもそれも彼にとっては初めて味わう新しい幸せなのかもしれない。

問題がある女性だからこそ、そこに自分の存在価値を見出せたんだろうな。
奉仕の心を持っている
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

5.0

ベストセラーを映画化
キャスティングが絶妙!
スウェーデン語なのだと思うけど、聞き慣れた英語よりも親しみがわくのが不思議。

スウェーデンと日本の国民性は似ているところがたくさんあるらしく、演出が響い
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.8

バーバラルイスの曲が嬉しい使われ方をしていて目頭熱くなった。

氷点(1966年製作の映画)

4.5

ごちゃごちゃしてなくて展開が早い。
すごく面白い。

誰も知らない(2004年製作の映画)

-

実際の子供達が、劇中で流れる音楽のようにほのぼのしていたとは考えられない。
何のために作られた映画なのだろう。
自分も含めネグレクトと縁のない人達がそれを正しく認識するには、全く至らないのだと思う。

タイピスト!(2012年製作の映画)

-

その流れおかしいでしょ、という場面がいくつかあり神経質に見てはダメな映画。かといって共感できるところがあって気楽にも見られない。

男の人が女性をネタに賭けをするのってなんでだろう。本当にくだらない。
>>続きを読む

最高の人生のはじめ方(2012年製作の映画)

4.0

疲れた時に見てかなり癒された。
特に大きな出来事がない所も好き。登場人物の心の変化を同じ気持ちになってゆっくり見られる。

灯籠流し(2016年製作の映画)

5.0

森さんがされてきたことを知ることができて本当に良かった。

love your neighbor as yourself
汝 自身のごとく隣人を愛せ

キリスト教ではないけど、この言葉を強く思い出した
>>続きを読む

オープン・ウォーター2(2006年製作の映画)

-

梯子を下ろすのを忘れたまま、全員で海に飛びこんでしまい、戻れないままどんどん脱落していってしまうお話。実話をもとにしているらしい。想像したらこわい。なぜこんなミスをするの?とは思うけど、まぁ、あり得る>>続きを読む

ハッピーエンドの選び方(2014年製作の映画)

3.3

愛する人を苦しみから救いたい。
自分事として考えられる映画だった。
なぜこのようなワクワクするテイストで宣伝されたのか。。ということを考えると「悲しい、重い」だけではなくて、ポジティブに考えてほしいと
>>続きを読む

>|