Sさんの映画レビュー・感想・評価

S

S

映画(888)
ドラマ(1)

東京物語(1953年製作の映画)

4.5

小津安二郎と笠智衆という最高に好きな組み合わせ。
笠さん喋ってるだけで泣けてくる。

人間の証明(1977年製作の映画)

5.0

詩と映画と主題歌、俳優陣。見所が深い。悲しいけどそれが人間の証明なのか。
秀作です。

ーー誰にでも1つ大切な麦わら帽子があります。でも生きるということはその麦わら帽子を失うことかもしれません。

スノーデン(2016年製作の映画)

3.7

劇中
"next order" Dog Blood
エンディングは
"The Veil" Peter Gabriel

かっこよい。

ベルヴィル・ランデブー(2002年製作の映画)

3.9

ほぼセリフないけど、それによって独特の世界がより強調される
ジャックタチの作品がさりげなく使われていて、その敬意が伝わってきた

メガネをあげるおばあちゃんの仕草、孫の死んだような目 好き

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

4.5

原作ファン
イラストのタッチがこの作品に合ってるし、色使いも面白い
演劇のセリフがバカバカしくて笑える

星野源始め、ロバートの秋山、ロッチの2人の声も面白味が増す


李白のシーン良い!
「夜明けは
>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.0

最果タヒの同タイトル詩集をもとにした映画。
都会で生きる人にはこういう感じ伝わるんだろうな。

おそらく元の詩であろうフレーズやタイトルが良い。

“会わなくても、どこかで、息をしている、希望や愛や、
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

4.5

タイトルはメニーがスイスアーミーナイフを思わせることから由来。見終えると、なるほどねと納得できるし、かっこいいタイトル。

汚いとか気持ち悪いとか超えて、後半からは綺麗だと思い始めた。

サスペンス、
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.5

映画の内容よりも印象に残ったのは、
ジミーカーターの演説
コヤニスカッツィの映像
40年経ってるけど、現在でも当てはまる。

「国民は今や人生の意義を見出せず、国のために団結することもない。我々の
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

4.0

'66年寺山修司原作。
原作での健二は純日本人だったのを、ヤンイクチュンに合わせ韓国人とのハーフという設定になったらしい。
感嘆の適役。
日本人でこの役を演じられる人いるかなぁ。
設定を2021年にす
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

-

カーアクションの気分じゃないのに見てしまって、退屈で中断。。日を改めて見てみたい。
それにしても、古い歴史ある楽曲も使っていて、音楽を大事にしたいと思うなら、無闇に人が死ぬシーンは無くして欲しい。。と
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

4.5

菅田将暉目的で見たのに、ヤンイクチュンも負けじと魅力的
10年前の作品「息もできない」の主演だったのがわかり納得。心惹かれる演技

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

4.0

大物は3人だけじゃなくバックトゥーザ・フューチャーのクリストファーロイドも出ていて、良いおとぼけキャラしてた

ナタリー(2011年製作の映画)

4.5

終わり方いいなぁ
このタイミングしかないというところで
納得のエンドロール
マーカス役のフランソワダミアン好き

グッドナイト・マミー(2014年製作の映画)

3.3

ホラーは苦手でほとんど見たことないのにこれは見れた。
たまに目を覆ったけど、静かな場面も多く見入ってしまった。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

吹替で鑑賞。ファンタジーな色合いが綺麗でそれだけでワクワク。更に音楽が楽しくてピクサー素晴らしい。
子役の子は歌も吹替も最高に上手くて拍手したくなった。

1つだけ、、悪役に罪滅ぼしとか悔い改めのエピ
>>続きを読む

>|