ドジガヅくんさんの映画レビュー・感想・評価

ドジガヅくん

ドジガヅくん

映画こそ人生。映画館派。
レンタルも観ますがレビューは主に映画館で観た作品。
☆5 文句無し。年間ベスト1候補。
☆4.9〜4.0 傑作or良作。観てほしい。
☆3.9〜3.0 良作or凡作。観れるなら観てほしい。
☆2.9〜2.0 残念。特にオススメはしない。
☆1.9〜1.0 自分には合わない。
男心くすぐる熱い作品には過大評価しがち。

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.5

女性スパイ作品。

シャーリーズ・セロンが魅せるスタイリッシュなアクション、と思いきやまさかの重厚感たっぷりなアクションの数々に目ん玉ひん剥かれる。
泥臭く、使える武器は何でも使い、徹底的な膝狙い(笑
>>続きを読む

あなた、そこにいてくれますか(2016年製作の映画)

4.4

クセも蛇足も不純物もない、すっきりストレートな編集に傑作を観た。

原作はフランスだが、見事な作品に作り上げてくるのは流石韓国。

タイムリープものだが、それを感じさせない現実味があるのは韓国映画のマ
>>続きを読む

ナラタージュ(2017年製作の映画)

3.0

坂口健太郎のハマり役ここにありいいいいいいい


過去に原作を読んだ記憶があるのと、有村架純のとあるシーンが100パーセント目的でしたのでそれほど期待も持っていませんでしたが、
坂口健太郎のハマり具合
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

4.3

そして猿の惑星になる

新3部作ついに完結。

このラストから、元祖『猿の惑星』が誕生する。
このシステム、冷静に考え直すとマジ熱い。
よく企画しました。お疲れ様でした。

立派なリーダーになったシー
>>続きを読む

デジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」(2017年製作の映画)

1.5

うーん、俺が観たかったデジモンはここにはない。

過去の無印の足元にも及ばないクオリティが続いてしまっている。
ついにただただ暗いだけの負の作品に。
アツさまでも皆無になってしまった。

ここまでグダ
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.1

DC映画復活。

ガル・ガドットが本当に美しく、アクションまでも美しい。豪快なのに。

世間一般の有名どころバットマン、スーパーマンがDCの不調を出し続け、その危機を救ったのは女性スーパーヒーローのワ
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.2

本当のこと教えてくれよーーーー

と、福山のように思わず叫びたくなってしまう、これぞ是枝監督定番のモヤモヤムービー。
悪く言うと『結局なんだったの?』と印象なんですけどね。

ただやはり人間心理を扱っ
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.3

原作未読。

実写化にしてはデキが良いのかしら。
ヨシヒコにハマってる身としては楽しめたがハマらなかった人はひたすら置いてけぼりになるのでは?という仕上がりです。

ヨシヒコ以上な業界へのツッコミやネ
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.6

カーアクション版『ラ・ラ・ランド』と言われている本作。

王道も王道が功を奏している。
奇跡の、いや、なるべくしてなった大傑作。

ワクワクが止まらない爽快感たっぷりなカーアクション、
GotGを彷彿
>>続きを読む

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

3.0

マイケル・ベイ大暴れ、と言うのももはや恒例。

続編が出るたびに酷くなっていくクオリティにはもうツッコミご無用。

ストーリーがない?まだそんなこと言ってるんですか?
あなたは何回トランスフォーマーを
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

2.8

原作既読済みですが、
ここまで原作では酷い印象なかったんですけどね。
まだ救いがあったと言いますか。

映画版は編集の粗が酷かったです。
映像と主題歌が良かっただけに。
主演の2人が大人気な上に、この
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.8

私にとってMARVEL好き、というかアメコミ好きにしたのは確実で、もしかしたら映画好きにしたとまで言っても過言ではないのがスパイダーマンの存在。

そんなスパイダーマンの3回目のシリーズ化。

大きな
>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

3.0

数々の駄作実写化を生み出してきた三池監督。

今作もキャスト発表時から不安しかなかったわけですが、
そんなこともあってか意外にセーフな出来でした。
三池監督作品としては久しぶりの合格点ではないでしょう
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.4

浜辺美波ちゃんがただただ可愛い。
それだけで良いくらい。

タイトルと物語のギャップは原作から変わらずで、
クライマックスのあのシーンは気づくと涙がこぼれました。

まさかの展開もあって驚かされました
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

4.2

キアヌ完全復活を決めたシリーズの続編。
なんと前作から5日しか経っていない物語だけでグッとくる。

前作から劣化することない安定の「ガン・フー」でのアクションシーンは本当にゾクゾクする。
スピーディー
>>続きを読む

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

3.6

モーフィンタイムまでなっが!
と思わず言いたくなってしまいますが、むしろ変身までのシーンがまさかの結構アツい。ちょっと泣いてた。

大事なシーンは抜いていないというか王道は王道として引き継いでくれてい
>>続きを読む

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

3.4

おとなの恋の測り方教えてー!

人は見た目が100パーセントなんて全否定。
最後は中身で勝負ということを気づかせてくれました。

アラサーに突入し大人の恋愛とはなんぞや?という大事なことを知れるはず。
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.3

藤原竜也の逆に新しい起用方法。

まだまだ藤原竜也の振り幅と可能性を感じます。

ただ大好物の気が狂うシーンなどはないので、
ベストオブ藤原竜也ムービーにはランクインしませんでした。
残念。

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.3

『X-MENシリーズ』の続編そして『ウルヴァリンシリーズ』の完結編。
そしてそしてヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じる最後の作品。

『X-MENシリーズ』史上、最もバイオレンスで、最も悲惨で、
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

4.4

2016年の傑作アニメ映画が『君の名は。』『この世界の片隅に』だとしたら2017年の傑作アニメ映画は間違いなくこの1本。

新海誠監督が有名になってしまった今、
次に来る監督は湯浅政明監督だ。

つい
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.3

元々がディズニーの名作だけに、それ以上でもそれ以下でもない。

間違いなくコケてはいないので合格点と言った感じです。

エマ・ワトソンの胸にばっか目がいってしまったことを深く反省したい。

山崎育三郎
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.7

もう何作品あるのかすら不明な【未知の来訪者】シリーズ。

SF好きにとってはベタにベタなシリーズなのだが、
この作品は一味違った。

時間軸を使った最高に計算し尽くされている傑作。

物語のクライマッ
>>続きを読む

ちょっと今から仕事やめてくる(2017年製作の映画)

2.8

言ってしまえば全ての映画がその人の人生・価値観によって捉え方が変わるので様々な意見があるわけなのだが、今作は特に「現在」の環境とその人の「性格」「価値観」に感じ方がガラリと左右される作品でした。

>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

4.5

申し訳ないが原作は未読。

想像よりも、
めっちゃくちゃ面白かった。

漫画実写化作品群の中ではベスト5に入るクオリティではないでしょうか。

テンポが抜群に良かった。
爆笑まではしないがクスッと笑え
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.9

この映画は、『利益なんて考えていない赤字覚悟の野菜詰め放題タイムセールでオバちゃんが攻めに攻めまくって流石に失敗かと思いきやギリギリ袋の口が閉じていて大勝利』な作品。

前作の大ヒット・大傑作というこ
>>続きを読む

追憶(2017年製作の映画)

2.7

正直腑に落ちない点が多すぎて・・・。

ジャンル的に「犯人探し」のサスペンス物ではないとはいえ、犯人への辿り着き方が雑すぎた。
辻褄合わせ技が強引なのよ。

なんか何も解決せずに終わってしまった感じで
>>続きを読む

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

3.8

ブライアンことポール・ウォーカーがいなくなって初のシリーズ最新作。

まさかのドムの裏切りでファミリー崩壊という、王道だけど納得する内容に加え、今作はシリーズの新章を感じさせるまだまだこれから攻めてく
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.7

近年アニメ映画がヒットを続けているが、
これもまたその1本。


まさに観ていて楽しいアニメーション。
アニメーション、その名のごとく動きがとてもエンターテイメント性に長けていて「飽き」という言葉とは
>>続きを読む

イップ・マン 継承(2015年製作の映画)

4.8

いや〜文句なし!

ドニーさんのイップ・マン復活なシリーズ3作目。
相変わらずのドニーさん最高アクションに大興奮の嵐!

マイク・タイソンとの闘いだけでも大盛りなのに、
そのうえマックス・チャンとの闘
>>続きを読む

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

3.7

去年の革新的で攻めに攻めまくってた劇場版から早1年。
(自分のレビューも絶賛&かなり高得点を与えました)

今年はそんな去年とは打って変わり原点回帰!
元祖っぽい雰囲気とクオリティでした。

久しぶり
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ(2017年製作の映画)

3.0

ギャグ弱し、かといって感動弱し。
中途半端〜!不完全燃焼〜!

どうしたんだか残念な結果でした。

シリーズ全作品鑑賞していて記念すべき25周年作品だったのに残念な限りです。

ただ、過去の劇場版キャ
>>続きを読む

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

3.3

大友組らしい画角や映像は健在で、
作品のトーンも表現していて痺れる。

原作未読でもイケるだけに原作ファンは物語の削ぎ落とし具合に引いてしまうかもしれませんが原作レイプはしていないと思いますのでそれは
>>続きを読む

暗黒女子(2017年製作の映画)

3.2

清水富美加が終始ミタゾノさんぽかった。
やっぱり清水富美加は上手いから引退は本当に残念。

オドロオドロしさ全開で始まる物語。
議題は女子高生の謎の死。
関係が深かったサークルの女子達は文学サークルら
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

4.7

最高だ。
最高の怪獣ムービーだ。
最高の怪獣大戦争ムービーだ。

個人的に大好物の類なので期待に胸を膨らませていたのですが、
そんな期待を、さらに、さらに、さらに、凌駕して、な大傑作。

日本特撮の要
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

3.1

トランスジェンダーを邦画らしく描いた良作。

静かに進んで行く物語は最後には胸にくるものがある。
邦画らしい映画です。

生田斗真が女性よりも女性らしかった。

結局逃れることのできない最大の問題とい
>>続きを読む

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

4.0

夢を追いかけている人、いま何か1つでも頑張っている人すべてに響く応援青春映画。
広瀬すず目的だけで観に行くと痛い目に合う『広瀬すず可愛い』だけじゃない感動作に仕上がっていて、反省しました。

前半のダ
>>続きを読む

>|