ツカダさんの映画レビュー・感想・評価

ツカダ

ツカダ

映画(74)
ドラマ(0)

四月の永い夢(2017年製作の映画)

4.8

カーテンの隙間から温かい日差しが差してる中で、ごろごろ観たのが最高だった。

あん(2015年製作の映画)

4.2

全ての物に言葉がある。
風や花や日差しにも言葉があって、それを感じて生きるって本当に素敵だな。
そうやって生きたら、もっと優しくなれるのかな。

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.8

悲しくて辛いのに、なんでか優しい気持ちになる。

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

4.6

空気みたいな空間が永遠と流れいて、いつこれは終わるの?と思ってしまうほど。でも、それは悪い意味ではなくて、とても良い意味で。
あの3人には、夜も昼も関係なくて、何にも縛られていない。恋人だろうが友人だ
>>続きを読む

ウォーリー(2008年製作の映画)

3.8

心があるロボットは本当に可愛い…
心があるロボットの話、こういうの弱い…

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

3.5

物語というよりかは、「鮎喰響」「平手友梨奈」だった。
さりげなくカワウソ入れてくるところは、欅坂ファンはニヤついてしまうだろうな。

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

パパが真っ直ぐに頑張っていてすごく素敵ですごく良かった!

個人的に、悪役の妹の顔とかファションがどストライク👍

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.7

ジェームズの気持ちもジェームズの周りの人達の気持ちもみんな理解できるから、ちょっとした場面でたくさんグッとくるところがあった。
こういう映画大好き。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

あまりにも人気過ぎて行きづらかったけど、これは映画館で観て正解◎

え〜そう来る〜!?って何回も裏切られた

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

4.8

夏は、特別で不思議で楽しくて切なくて一瞬で。
夏が終わろうとしているとき、この作品を観ることができて本当によかった。

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.5

コメディ要素はそんなに無くて、家族愛の作品。
喜怒哀楽がつまってて、どんどん"人間らしさ"が出てきてよかった
便利過ぎる世界はすごいと思うけど、そんなに必要ないのかも

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!(2013年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

「ムカつく町だぜ〜〜!」
カーディガン、バチバチッ!

好き。

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.8

自分の親もこうだったのかなとか思うと、幸せだなぁって思う。

子育てはしたことないけど、子どもの成長はとっても早くて、感動的なのよな〜

かもめ食堂(2005年製作の映画)

4.2

フィンランドの街並みとか服とか可愛い。
ああいうお店にしたいし、優しくてなんかホッとする作品だった。

出てくる料理が全部美味しそうで、やっぱりおにぎりは最高だ。🍙

結構、日本の文化が出てくるんだけ
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.3

血の繋がりは関係無いんだよね。
フランクの台詞が1つ1つ染みる。
子どもやっぱり好きだ〜

虹色デイズ(2018年製作の映画)

3.5

文化祭、プール、教室、制服、夏祭り、屋上…青春は大人になってから気付いてしまうんだなぁ〜。
観ているこっちまで照れくさくなってしまって胸がきゅっとなりました。

フジファブリック、高杉真宙が良き◎

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.5

最後に流れる曲がぐっとくる。
すごい可愛いお話だけど、大人になって何か忘れてしまったとき、ぽんと目の前に現れて欲しいようなお話だったな。

お兄ちゃん、最高。

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.6

原作を読んでるからあまり求めはしなかったけど、好きに変わりはない。

私も学園祭で、「米か?パンか?」討論したいものだ

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.3

変な生き物や素敵なドロイドが観れるスターウォーズが好き。
今回はそういうのがたくさんあって本当面白かった〜〜

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.4

日本だなって思うシーンがたくさん。
自然からしたら人間って憎まれてるのかな

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

4.0

ここまで反抗できるのが本当にかっこいい。私もこうやって生きたい

サムが可愛い

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.8

最高の一言になってしまって怖い。
全てのバランスが良くて何回も観れてしまう!

メッセージ(2016年製作の映画)

3.7

最後の終わり方がずるい。
一気に引き込まれた。

モリのいる場所(2018年製作の映画)

4.8

常に生きている音がしていた。

"生きるのが好きなんだ"

今まで観てきた中で1番幸せな映画かもしれない。この言葉に全て詰まってる。

ミッション:8ミニッツ(2011年製作の映画)

3.8

8分間、初めは狂いそうになるけどその中でも自分を奮い立てて真相を突き止める姿は感動した。

告白(2010年製作の映画)

3.6

最初は、あぁこういう気持ち悪いクラスあるあるって思って、ただただ気持ち悪かった。
松たか子が妙にさらっとしていたからか、怖いはずなのにすっきり観てしまっていた。だから、後味も悪くなかったし、面白いと思
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

4.0

つっこみたくなるシーンがいくつかあって面白かった!
最後、帰るシーンはドキドキして前のめりになって観てた。

>|