さめむねさんの映画レビュー・感想・評価

さめむね

さめむね

2017.02.21start
主に記録用。
○感想 ×レビュー
春から大学生。
学生の内にたくさん観たいですね

映画(20)
ドラマ(0)

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

「報道の自由を守るのは報道しかない」めちゃめちゃかっこよかったです。

メリル・ストリープ演じるグラハムさん
が報道することを決断するシーンは圧巻だった。歴史的に決断することを知っているとはいえ、彼女
>>続きを読む

アリス(1988年製作の映画)

3.8

本当に85分かってくらい長く感じた。というか、見入ってしまった。
コマ撮りと実写映像による独特な世界観や動きがシュールで癖になる映画。
序盤のアリスがうさぎを追いかけるシーンで、淡々と真顔で進んでいた
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.5

泣くような話じゃないだろうなと思っていただけに、ボロ泣きした自分に驚いた。This is meの破壊力。帰ってからずっと口ずさんでる。
人類の祝祭?でしたっけ。家族の形とか弱者のあり方とか、色々考えさ
>>続きを読む

PAN ネバーランド、夢のはじまり(2015年製作の映画)

3.2

音楽が良かった。リーヴァイミラーくんはすごい美少年ですね。
黒ひげことヒュージャックマン登場時の曲が耳に残っている。

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.7

エイドリアン・ブロディが演じるダリを目当てに鑑賞…だが出番が思っていたより少なかった!笑
あとパッケージからしてゴッホが出るのかと思ってたら出なかった!笑笑

けれど全然期待外れでは無かった。パリを愛
>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

3.5

原作から好きな作品で実写化と聞くといつもならあまり興味がわかないが、福田監督とのことだったのでちょっと期待しながら鑑賞。思っていたよりまとまっていて面白かった。ただ再現率が高い故にキャラの個性があまり>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.6

とりあえず記録。考えがなかなかまとまらない…

パリは燃えているか(1966年製作の映画)

4.5

事前にパリの解放について調べていたつもりだったが、途中から付いていけなさそうだったのでWikipedia片手に鑑賞。
何をしているのかわかるととても面白い。
3時間の戦争映画ということで覚悟して観始め
>>続きを読む

天空の蜂(2015年製作の映画)

3.7

原作が1995年のものということは鑑賞後に知ったが、この映画のメッセージ性を汲み取る上で重要なことだと思う。

人間は理不尽なことは見たくない、沈黙する群衆、といったワードが胸に刺さった。
原発という
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.3

あ〜〜〜いい!という感じ。
とにかく観ていて気持ちいい。ウマいメシに陽気な音楽で楽しく魅せられた。絵力が強いので、目でも耳でも楽しい。

ストーリーに無駄が無い。話としては王道だが、料理を軸に父子の話
>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.6

言の葉の庭のすぐ後に視聴したので余計にもどかしさが…!

ロマンス多分の第1話から、徐々に互いへの想いが消えていく(離れていく?)描写は本当に脱帽した。何てことない日常に何てことない恋愛がベースなのに
>>続きを読む

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.5

とにかく雰囲気がいい。作画の美しさやしっとりとした音楽が、幻想的で現実離れした「庭」を描き上げている。
映像としては申し分ないのだが、ストーリーに対しては私の中で消化不良があるかな…という感じ。47分
>>続きを読む

利休にたずねよ(2013年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

歴史物を観る時は史実を重視してしまうので、私のニーズには合わなかったかな…というところ。
フィクションとして観たら面白いかと言われても、うーん。

映像はとても美しく見入ってしまうものなのだが、この時
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

「理不尽な怒り」による殺人事件。
事件というものは必ず確固とした理由があって起こるわけではない、というのを改めて考えさせられた。
また人間には誰にでもその可能性があること。衝動の恐ろしさ。
サイコパス
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

やっと見ることができた。見逃さずに映画館で見ることが出来て良かったと心底思った。
1日じっくり噛み砕いてみたけれど、作品の余韻に浸りつつ中々考えさせられる内容で、ふとこの作品について考えてしまう。
>>続きを読む

ジャッジ 裁かれる判事(2014年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

父子のドラマがメインなのだろうけど、サスペンスもなかなかにあるので、さらっと雰囲気で観るには面白かった。判事のお父さんを息子が弁護する、という内容にはグッとくる。
ただ、少し父子の話とサスペンス要素が
>>続きを読む

戦場のピアニスト(2002年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

午前10時の映画祭にて2回鑑賞。
最初に観た時の衝撃たるや。その日丸一日この作品について考え尽くしてしまった。

戦争映画、ナチスドイツ、ユダヤ…とテーマ的にみても作品として最高の出来である。
これら
>>続きを読む

奇跡の人(1962年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

午前10時の映画祭より鑑賞。
モノクロがより世界観を深めている気がする。最後のヘレンとサリヴァン先生の心が通うシーンで、世界がまるで色づいていくように感じた。
食事シーンの壮絶さは目を離すことができな
>>続きを読む