ハリスさんの映画レビュー・感想・評価

ハリス

ハリス

黒沢清リスペクト
最近は尺の短い作品を中心に。

映画(629)
ドラマ(1)

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

-

前作観てなくても全然楽しめる。
電子空間をそうやってアニメ化するのか……ちょっと感動。テーマも今の時代に合ってて良いと思う。
ただ、終盤の展開が平板だったのが残念だったのと、やっぱり『レディ・プレイヤ
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

5.0

こっちが傑作過ぎて同じ日に観た『ボヘミアン・ラプソディ』が少し霞んでしまった……。
ブラッドリー・クーパーはマジでイーストウッドみたいな名匠になってくんじゃないかな。

止められるか、俺たちを(2018年製作の映画)

-

舞台挨拶で、吉積めぐみさんの当時を知る生き証人がやってくるっていう映画みたいな激アツ展開があってマジで良かった。テアトル新宿。

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

-

重要なアクションシーンではカットを割らずワンショットで演出してるのが良い。
デルトロの撃ち方かっけぇ……!!

人情紙風船(1937年製作の映画)

-

市井で生きる人々の儚き反抗。
これが遺作ってのも感慨深いな。

The Strange Thing About the Johnsons(原題)(2011年製作の映画)

-

『へレディタリー』のアリ・アスター監督の学生時代の作品。既にこのキモさ。半端ない。

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

5.0

『コクソン』と『ウィッチ』好きな人にはたまんないでしょこれ。

ニッポン国 vs 泉南石綿村(2017年製作の映画)

-

TAMA映画祭
監督のトークショーが非常に興味深かった。俺たちはもっと国に怒っていかないと

トラフィック(1971年製作の映画)

-

玉突き事故の後、みんな車から出て来て、怒るんじゃなくてストレッチ始めちゃうあたりとか、ニッコリしちゃうよね笑。
あとキャンピングカーの小ネタ披露するシーン、無駄に長くて好き。

教授とわたし、そして映画(2010年製作の映画)

-

ホンサンス映画の主題である「反復と差異」、まさかセリフで言ってしまうとは……。

>|