yenさんの映画レビュー・感想・評価

yen

yen

20140219〜

映画(381)
ドラマ(0)

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

-

普通によくわからなかった。
ジェニファーローレンスまじで人形みたいで、何考えてんのかイマイチ伝わって来なくて、付いて行けなかった。。。

愛を綴る女(2016年製作の映画)

-

女は愛なんか綴ってない。(いつまで夢見る少女のままでいるつもりなんだ。)
男の本当の愛は言葉にせずとも常にそこに存在していた。
ようするに二人とも意思疎通ができてない。
ストーリーはともかく美しい映画
>>続きを読む

ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(2011年製作の映画)

-

何回見ても見入ってしまう……
よくできた映画だなあ〜〜
2時間以上あるとは思えないテンポの良さと、個々のキャラクターの完成度の高さに魅了される…
人種差別問題が表立ったテーマだけど、その中には人々の結
>>続きを読む

ゴーギャン タヒチ、楽園への旅(2017年製作の映画)

-

ヴァンサンカッセルが素晴らしかった…この人最初はあんまり好きじゃなかったのに出演作見るたびに好きになってく…また大好きになっちゃったよ…
音楽と映像がとても美しい映画だった…
みんなの心が揺れ動く様も
>>続きを読む

追憶(2017年製作の映画)

-

つまんない映画って最初のシーンからほんとにつまんないんだなあと改めて思った…
1cmのものを10cmになるまで伸ばしたやつを見せられた感じ
100分のわりにはあまりにも冗長で退屈でした
キャストの無駄
>>続きを読む

いま、輝くときに(2013年製作の映画)

-

いまいちピンとこなかったが、シャイリーンウッドリーのすっぴん(?)はめちゃ可愛かった。ラブ。
2人の恋愛プロットはとても好き。
おふざけ大好きお祭り野郎と、地味でさえないけど笑顔が可愛い女の子がひょん
>>続きを読む

ロキシー(2016年製作の映画)

-

前半と後半で全く毛色の異なる映画でした。
前半のほろ苦いけどちょっぴり甘いっ!みたいな2人のラブストーリーにめっちゃほっこりさせられたのに、後半に無理やり復讐劇に持ってかれたのは期待はずれでした…。
>>続きを読む

アラサー女子の恋愛事情(2014年製作の映画)

-

わりと好きな人ばかりでてたから眼福ではありましたが、別れかたの酷さはえげつない。。。もっと他人の気持ち考えろよ主人公、、と思った。かなりわがままだね、、よくそんな別れかたできるような人と高校からずっと>>続きを読む

ブラックブック(2006年製作の映画)

-

ぃや〜〜〜見応えがあった〜〜
次はどうなる!?次はどうなる!?ってずっとハラハラした。
ほんとうに人間の感情の黒い部分、優越感やエゴ、復讐心というものは愚かで醜くて煩わしいものだ。
戦争というものはそ
>>続きを読む

別離(2011年製作の映画)

-

人間の感情は複雑で厄介でめんどくさいものだ。
相手を思いやる気持ちが大切だけど、どうしても他人と身内(自分)の対立だと自分たちのことを考えてしまうのが人間だと思う。
思いやりの心を日頃から養おう…

マリアンヌ(2016年製作の映画)

-

ラストのエモーショナルなシーンではマックスに感情移入できたが、作品を通して二人の絆があまり強く感じられなかった。。カサブランカ編が安っぽすぎて良くないのでは。。いらないのでは。。

ブリザード 凍える秘密(2014年製作の映画)

-

面白かった〜
シャイリーンウッドリーが可愛い。髪がチョー綺麗
ストーリー展開は淡々としてるけど、常に何かが隠されてる感があって、最後の衝撃はエッッッとなった…
男性キャラがことごとく愚かに描かれている
>>続きを読む

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

-

ノオミ主演で久々の良作です!
ノオミが美しいです!
感情移入はあまりできません。

ヒトラーへの285枚の葉書(2016年製作の映画)

-

ダニエルブリュールは見るたびになんかめっちゃ好き…っていう気持ちになる

ザ・ダンサー(2016年製作の映画)

-

sokoちゃんがとてもよかった…
sokoちゃんのための映画。この一言に尽きる!
存在感と迫力がケタ違いだ!!
リリーローズはメッ!期待はずれ!

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

-

リズム感抜群でよかった!
音楽に合わせての銃撃戦なんか圧巻…!
ベイビーは始めのほうは頼りなくて鈍臭そうだったけど、デボラとの関係を進めていくうちになんかカッコよくなっていった…!意思表示が多くなった
>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

-

週末に誰かとくだ巻きながら見たい映画だった。
女が愚か、、正直スティーブカレルを選ぶ気持ちがわからない。そうなるとこの女のすべてがわからなくなるけど、、
再会した時の平気でボビーに話しかけるノリとかが
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

-

見応えはあるけど、自分の生きてる世界とはちがう、隣の世界で繰り広げられてる感があって、終始そのズレに違和感があった。
ジェイクはグゥでしたが。

ラプチャー 破裂(2016年製作の映画)

-

ノオミラパスの怪演、、ただそれだけ、、、
映画にしてはノオミの演技以外見所なさすぎる

ロスト・エモーション(2015年製作の映画)

-

感情というものを人間が持っていないことが当たり前の世界で、感情を持ってしまう人たちの話。
ない人たちの生活は、無機質で味気なくて孤独だった。そんな中である人たちが惹かれ合うのは当然だと思う。つくづく人
>>続きを読む

マッチポイント(2005年製作の映画)

-

ドロドロした昼ドラみたいなストーリー、、
音楽とか美術はオシャレだった

バッド・バディ! 私とカレの暗殺デート(2015年製作の映画)

-

ふつうにおもしろかった〜!
アナケンドリックとサムロックウェルのカップルが常に明るくてアホっぽくてラブラブでおもしろかった〜(^ν^)
サムロックウェルおじさんになってからというもの、かっこよくしか見
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

-

人間、自分の感情に素直に生きていったほうが楽なのかなと思った。

勝手な決めつけや思い込みで自分をがんじがらめにしながら生きていくのはしんどいよなと思った。

孤独感というものはいくつになっても常に自
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

-

こわかった…
おじいさんは強盗の被害者なのに、人殺しのスキルが高くて頭がおかしいのでめっちゃ恐ろしかった…
画面の奥行きがグーンと伸びていく演出が逃げ場がなくて終わりがない感じが出てて効果的だった。

JOY(2015年製作の映画)

-

この監督の映画おもしろいとおもったことない…たいくつだった…
ジェニローじゃなかったら絶対に最後まで見れない…
面白くないと思った映画見たあとはすごく時間無駄にしたな感があるのでしんどい

ピッチ・パーフェクト2(2015年製作の映画)

-

自分も歌いたくなる…
5チームでかわりばんこで歌うところが好き!
ラストのベラーズのパフォーマンスはサイコーだった!
レベルウィルソンはいつだっておもしろい

ヴィクター・フランケンシュタイン(原題)(2015年製作の映画)

-

ぁぁ〜フランケンウィニーはこの人がモデルなんだ〜ってばっかり思いながら見てしまった。。
マッドサイエンティストであるはずのヴィクターの人間らしさが強調されてるので、どっちつかずでいまいち勢いがない感じ
>>続きを読む

胸騒ぎのシチリア(2015年製作の映画)

-

あんまり面白くない
女は美しいな〜と思った。。
マリアンとポールはふたりで幸せに暮らしてたのに、毛の薄い不器用な元カレのおじさんと生意気でお高いところから他人を見下してそうな娘が彼らの生活に舞い込んで
>>続きを読む

ゾンビランド(2009年製作の映画)

-

なんかむちゃくちゃおもろいと思っててハードル上げて見てみたけど、ストーリー展開わりと普通だった!
出てくる人が全員好きな人だったので満足!
ビル・マーレイがいちばんおもしろかったのに、あんなことになる
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

-

精巧な作りで見応えがあったけど、あんまり好きな感じではなかった…渋め…
優しそうなマークラファロと大好きなミシェルウィリアムズが出てたのはよろしかった。

まほろ駅前狂騒曲(2014年製作の映画)

-

3年でこんなに雰囲気変わるんだ…
ふたりともちょっと丸くなっていろんな感情が垣間見えておもしろかった。
前作よりも笑いどころが多かった!

まほろ駅前多田便利軒(2011年製作の映画)

-

う〜ん
瑛太と松田龍平の色気がたまらん。。ただ立ってるだけで絵になる。。二人ともあっさりした感じでいい。。
行天の笑い声がいいな〜と思った。

>|