白湯さんの映画レビュー・感想・評価

白湯

白湯

映画(649)
ドラマ(12)

最愛の子(2014年製作の映画)

-

みんな被害者。
私は親の立場より、子供の立場で見ちゃうんだけど、法律を最優先すると必然的に子供自身の気持ちや意思って無視されちゃうよね。
子供に、誰と一緒に暮らしたいか聞いてそれを叶えてあげればいいじ
>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

4.0

なんかみんないじわるだな〜
何でも言い合うことが仲の深さじゃない
ラストありがとう。あのラストが無いと辛すぎる。

ほえる犬は噛まない(2000年製作の映画)

3.0

ゆるい。
わんちゃんは優しく扱っておくれ、、、

DVDで見たんだけど、メニューのデザインがめちゃくちゃ好みだった。

ブルー・マインド(2017年製作の映画)

4.5

最初退屈な感じかな〜と思って見てたけど、途中からかなり心奪われた。
孤独に静かに綺麗に変化していく様は見てて飽きない。
ラストすごい良かった。
女の子みんな可愛いし、ちゃんと友情築けてて安心した。
>>続きを読む

胸騒ぎの恋人(2010年製作の映画)

5.0

何度も言うけど、センスよ…

ニコラすごすぎる。
あーゆー人のことを「モーセの海割り状態」と呼ぶんだってある漫画で知ったけど、まさにそんな感じ。

バンバン

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.5

ストーリーも良いし映像も良いし音楽も良い。
カルチャーを感じた。

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ(2018年製作の映画)

3.5

この年になってもケイラの気持ちが痛いほど分かってしまう。
毎日焦りと緊張ばっかり。
それでもケイラはちゃんと自分を変えようとしててえらいなぁ。
あのお父さんの言葉を言ってくれる存在が、私にも必要だった
>>続きを読む

アングスト/不安(1983年製作の映画)

-

「全世界で上映中止」的な謳い文句にはあまり期待せずに見た。結構昔に作られたからそりゃそうだろと思いまして。

サイコパスとかそういう言葉を聞くと、レクター博士系の頭が良くて理路整然とした人を思い浮かべ
>>続きを読む

精神0(2020年製作の映画)

-

肩脱臼して日常生活に支障が出た時、鬱っぽくなってごはんが食べられなくなったけど、子供に「ご飯は食べなきゃだめだ」「元気が一番」とかいろいろ言われて、初めて患者さんの気持ちが分かった。っていう話を聞いた>>続きを読む

屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ(2019年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

実話だと見てから知りました。
最後に本人登場するパターン大好きなので良かった。

途中仲良く料理し始めた時思わず吹き出しちゃった。かなり愛おしい姿でした。
修道女にお世話になって改心してからのホンカは
>>続きを読む

37セカンズ(2019年製作の映画)

3.7

37セカンズにかけて3.7にしてみました。

「私で良かった」って言葉は、あくまでもセリフだけど、彼女の本心はどうなんだろうと思ったな。

TOKYO!(2008年製作の映画)

5.0

ミシェル・ゴンドリー本当に好き。
1回見たような気がするけど、これは何回見ても良いやつだ。
良かった。すごく好き。なにもかも完璧。

サウルの息子(2015年製作の映画)

2.9

背景のぼかしと見える範囲の狭さは、ゾンダーコマンド達の視野そのものなのかな、と。
あのくらいボカして狭く見てないとあの仕事は出来ないんだろうな、と思いました。
ホロコースト映画いくつか見たけど、ゾンダ
>>続きを読む

スピリッツ・オブ・ジ・エア(1988年製作の映画)

3.0

映像がヒーリング効果ありすぎて眠くてしょうがなかった。
大きい画面で見れて良かった。
悲しい話だったな。

殺人の追憶(2003年製作の映画)

-

BGMが効果的でハラハラしたし見応えあった。
ラストもすごい。
ポン・ジュノすげーんだな。

岬の兄妹(2018年製作の映画)

4.0

ちょっと笑えるところが良かった。
うんこのくだり本気で感心してしまった。

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

3.0

あっという間に終わった。
サイモン典型的ないじめっ子ですごかったな。
こういうのを他人事だと思わないようにしないといけない。自分の学生時代って大丈夫だったのかなって不安になった。

スモーク(1995年製作の映画)

5.0

ルビーの娘の嘘が悲しかったな。

自分もいい大人になりたい。

出てくる部屋が全部可愛かった。

愛、アムール(2012年製作の映画)

4.0

つらい。
ジョルジュの言ってること、やってることって全て正しいと思うから、余計つらい。
本人達が望むようにやらせてあげるのが一番いいんだ、って私は他人だからそう言えるんだけど。

なにも言えない。

靄の向こうに(2012年製作の映画)

-

なんかあのなめらかな画質が好き
タイルがどんな配色なのか気になる

ピアニスト(2001年製作の映画)

3.0

最初から最後まで最高に気持ち悪い、かなり秀逸。さすがハネケ。

人格が破綻してる親子が共依存してる。
性癖のこととか抜きにしても、救いようがないからもう一緒に死ねば?って思ってしまった。

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

-

実話を元にしたものと、ドキュメンタリーにはスコアつけられない。実話に良いも悪いも無いから。

あくまでも映画としてどうかってことになると、あんまり良くなかった。

子供サルーの子はすごく良いし、経緯が
>>続きを読む

ドッグマン(2018年製作の映画)

4.2

最初から不穏だから緊張しちゃった。
かなり好きな感じ。

お人好しかと思ったらただのバカな小物なんだけど、同情せざるを得ない…
あくまでも同情。
ラストの余韻がまた悲しい。
マルチェロはどうか穏やかに
>>続きを読む

僕のワンダフル・ジャーニー(2019年製作の映画)

5.0

この世に生きる全ての犬の幸せを祈ります。

余談ですが、トレントが超タイプ。

メランコリック(2018年製作の映画)

4.5

低予算感すごいけど普通に面白かった。
確かに銭湯ってそういう場として適してるしリアルでもやってそう。てかやってるでしょ。知らないけど。

どれだけヤバいことに巻き込まれてるか自覚あるのかって言われたら
>>続きを読む

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル(2003年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

これ本当に悔しいのは、この映画で「どんでん返し」が起こるって知ってて見たこと。
「どんでん返し」って聞いちゃうと、私はどうしても裏切り者を探しながら観ちゃうんだけど、そういうことじゃなかった。

「あ
>>続きを読む

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

5.0

大好き。
ニコニコしながら観ちゃう。

アダムドライバーいいわぁ。

>|