sayaさんの映画レビュー・感想・評価

saya

saya

goiryoku kaimu

映画(72)
ドラマ(0)

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.8

期待を遥かに超えてくれた、完全に舐めてました。フランクとメアリーの暮らしのほんの一瞬しか見てないけど、裁判官がフランクの育て方を否定した時「何も知らないくせに!なんでそんな2人の未来のことがお前にわか>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.2

なんて非現実的で、美しくて、素敵なんだ〜!洋画ならではの良さがギュッと詰まってる。間違いなく純愛。種類なんて関係ないし、そんな事気にしてることすら馬鹿馬鹿しい。映像は勿論、音楽に力入れすぎでしょ。特に>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.0

ずっと見たかった分期待しすぎた感は否めない。結構こじらせてるな〜。太賀の「大きな古時計feat.エリーゼのために」が印象的。あと、ライブハウスの光景も。やっぱりライブハウスは素敵。ベボベのポスター興奮>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.5

終始カオスだし、松岡茉優ちゃんって普段もこんな感じなんじゃないのかと思ってしまった。そしてきっと、わたしもこっち系の女子なんだろうなと。あと二の絶妙なうざさときもさ、見れるか見れないかのギリギリのライ>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.5

舐めてた自分をぶん殴りたい。こんなにも綺麗な映画だとは思いもしなかった。兎にも角にも美しかった。どの場面も美しくて眼福。でもただ美しいだけじゃなくて虫の音とか小さい事だけどリアルに描かれていてエリオと>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

3.5

久し振りに観た映画がこれ、海藤がかなりツボ。映画館で観たらあかんやつ。おっふ。

ぶどうのなみだ(2014年製作の映画)

4.0

無印良品で流れてそうな音楽と、自然の綺麗な映像が本当にすきでした。ロクの服装がめっちゃすき。「スクランブルにする?ポーチドエッグにする?」これ、人生で言ってみたい台詞。

きみはいい子(2014年製作の映画)

3.0

虐待シーンは眉をひそめずにはいられなかったです。「社会人の一年目超大変そう」と不安で一杯になったけど、ちゃんとしゃがんで目線を合わせて子供と話をする高良健吾先生を見たり、宿題の確認を行うシーンを見たら>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

4.0

ずっと観たかったやつ。どのシーン切り取っても画面の端までオシャレで目が幸せ、音楽もいいから耳もしあわせ。2回目観ようっと〜。

しあわせのパン(2011年製作の映画)

5.0

はじまりからおわりまで私のハートをがっしり掴んで離さなかった。開始5分で「すき」って確信。色々なしあわせの形を魅せてくれて、私もしあわせになりました。コインを見つけた時の大泉洋のしたり顔がたまらん〜。

箱入り息子の恋(2013年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

箱入り息子と箱入り娘の恋。健太郎を応援したくなる。こんなにキュンキュンしてにやけたの初めてかも知れん〜。かわいいなぁ。吉野家でこんなドラマが生まれるなんて。最後結ばれてなかったけど続きがあるのなら結ば>>続きを読む

私たちのハァハァ(2015年製作の映画)

4.0

いや〜思ってた以上に凄く面白くて、楽しかった。クリープ好きにはたまらなくて、でもLIVEのシーンはたまらなくムカつくんじゃないでしょうか。こういう後先考えずに行動しちゃう時あったな〜(って思う時点で老>>続きを読む

心が叫びたがってるんだ。(2017年製作の映画)

2.5

人間の汚い所を全部見えないところに隠して、綺麗なところだけ見せてくれる。高校生のキラキラを伝えてくれてるのかな?それが不自然と感じてしまった。って思う自分は汚い人間だからなのか。

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

3.0

過去も現在も関係なく人と人との繋がりは存在する。私も誰かの心を良い方に動かせられるような人間になりたいです。そして、やっぱり、ずっと残る手紙って良いです。手紙好き。あ〜3人の横顔が美しすぎた。

少女(2016年製作の映画)

3.0

終始気味が悪い感じがツボ。最後の方の青春映画?ってくらいのキラキラさえも私にとっては君悪かった。大福は絶対アカンやつです。「因果応報 地獄に落ちロォ〜〜〜〜」

百万円と苦虫女(2008年製作の映画)

4.0

鈴子の服装がツボ。桃をもぎる才能は要らないけどかき氷の才能は私も欲しい〜。中島くんとのシーンは顔緩みっぱなしでした。最後は少女漫画みたく上手く行かなくて良かった。豆腐投げつけて「お前ら全員◯ね!」は最>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.8

面白いし共感も出来るし素敵な映画だった〜。主人公の顔がどストライク過ぎる。でも正直言って性格は苦手なタイプ。でもそれは思春期の子供だからで、誰しもがなる姿であって、私もそうだったと思います。「みんな">>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.5

面白い。堪えようとした笑いを堪えられずに笑っちゃう系のやつ。台詞にするなら「…ブッフォwww」(伝われ)歌と絵が素敵。2回目の鑑賞の感想はセンスの良さをひたすら見せつけられていると感じた。内容はわかっ>>続きを読む

ゴーストワールド(2001年製作の映画)

3.4

日本は真面目過ぎと改めて思わされる。不良に憧れるの分かる!特に中学生とか高校生らへんな〜…ん〜イタい!(褒め言葉)個人的に、運転中イライラしちゃう人が「ウザい」「クソ」じゃなくて「トロトロあるくんじゃ>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.8

ファンタジー系の映画はあんまり見ないんだけどすごく楽しかった。続編が早く見たい〜あ〜〜エズラミラーかわいすぎる。何度も観れる。

百円の恋(2014年製作の映画)

3.5

安藤サクラの女捨ててる感(「捨ててるんじゃ無くて捨てられないんでしょうが!」)が最早かっこいい。ずっと観たかったんだけど、がっつりボクシング映画なのかと思って抵抗があった。でも全然そんなこと無かった。>>続きを読む

エスター(2009年製作の映画)

3.0

正体を知るまでは「発想は怖いけど誰かに愛されたいのだろうな。知ってほしいだけなのに。」と思っていたけど、正体が明かされてから驚いたわ。心臓の音とか、マックスの視点からの映像と音とか、迫力あった。何が良>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

3.4

私が好きだと思った人物が亡くなることが悲しかった。途中まで、良いんだけどどこか物足りなさを感じていて、でもラストに引き込まれた。幸せになりました。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.5

役者の演技に圧倒された、凄い。すっごく良かったんだけど、双葉さんの病気の設定は無くても良かったんじゃなかったと思ってしまった。生きて欲しかった。無くても全然良い話。あ〜「愛のゆくえ」の歌詞がやばかった>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.0

あ〜好きですね。愛のある介護はやっぱ良い。1人で観てたんだけど、ドリスの発する言葉や、笑い方につられてめっちゃ笑ってしまった。失礼なぐらいが丁度いい気がする。観てる私も幸せになれた。

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.5

2回目の鑑賞。間と効果音とBGMが絶妙やな。シュール極まり無い、そこがたまらない(韻踏んでみた)

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.8

これ泣かない人いるんですか?久し振りに映画で号泣した。泣ける映画で検索して観たやつでも泣かなかったのに。小栗旬の演技力?北村匠海の演技力?どっちか分からないけど、小栗旬が宝探しする時に、北村くんと同じ>>続きを読む

ハイスクール・ミュージカル・ザ・ムービー(2008年製作の映画)

3.3

ミュージカルとザックエフロンis最高。1日だけでいいからお願いです神様、ハイスクールミュージカルの世界に行かせてください。他のシリーズを観てからまた観たい。高校生のうちに観てたら現実とのギャップで死に>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

2.3

良いハズなのに良さを分かれない自分が悔しい。好きなところは、LINEでなくメールで連絡取ること、池松壮亮のCHE.R.RYとアンドレスくらいかな。どっちかというと田中哲司がコンビニの店員さんに恋をする>>続きを読む

まほろ駅前多田便利軒(2011年製作の映画)

3.5

この男臭さと行天たまらない。私がもし男だったら終始目をキラキラさせて観てただろうな。名言多いな。あと、途中途中で流れるBGM良すぎって思って調べたら「岸田繁」って出てきて、こればかりは自分の感受性に狂>>続きを読む

めがね(2007年製作の映画)

4.0

映画の中ではゆったりと時が流れているのに映画はあっという間。メルシー体操も、コージも、ただのバナナさえも美味しそうな料理(夜に観た私が悪い、とんだ飯テロ映画)も、地図のゆるさも、さくらさんのかき氷のシ>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

4.5

苦しい。胸も呼吸も苦しい。なんか、もう凄すぎて映画を観ることが出来る人間に生まれてきて良かったと思えるレベル。この映画は多く語ってはいけない、てか私なんかが語るのは恐れ多くて語れない。自分の胸にしまっ>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

2.5

衣装が可愛い〜。お話はずっと気になってた映画だったから自分の中でハードルを上げ過ぎてたかも、、
「人の暖かさに触れられる」ってもはや当たり前の事過ぎて気にも留めた事ないけど確かに大切って思った。「触れ
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.8

うまく行き過ぎ感は否めないし、周りが良い人過ぎ、だけどそれより私は映画館で大きなスクリーンで、大好きな音楽を聴けた事が幸せだった〜。映画館で観るべき。全体の3分の2はニヤニヤして観てた。始まった瞬間か>>続きを読む

トイレット(2010年製作の映画)

4.2

トイレの話でこんな感動させられるとは、最後はレイと一緒に「ハッ!」ってなったわ、感動的やったのに涙引っ込んだ。ばーちゃん偉大すぎ。将来仕事に行き詰まった時観よう、そしたらきっと優しくなれそう。あとモー>>続きを読む

かもめ食堂(2005年製作の映画)

4.5

お気に入りの映画に追加!かもめ食堂すきな人に悪い人は絶対いないだろうなぁ、かもめ食堂すきな人と友達になりたい!
この日常を切り取った感じ、ゆる〜〜い感じがすき。絶対ご飯前に見たほうがいい、明日の朝ごは
>>続きを読む

>|