saolieeeさんの映画レビュー・感想・評価

saolieee

saolieee

思い出し用、記録メモ。

“ CAPTAIN FANTASTIC ” を鑑賞後、
久しぶりの映画熱がフツフツと沸いてきて
その思いをどこかにぶつけたくなる衝動に駆られ
ここに辿り着く。

  • List view
  • Grid view

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999年製作の映画)

4.0


新作を間近に控えるにあたり
公開時より8年ぶりの鑑賞。

未来が分かってしまっているから
アナキンを見ていられない。

トレインスポッティングで
当時ノリに乗っていた
ユアン・マクレガーの抜擢。
>>続きを読む

ロスト・イン・トランスレーション(2003年製作の映画)

2.5

『好きな映画はなに?』
と、聞かれてこれと答えたら、
オシャレ、な映画。

ソフィア・コッポラが
紡ぎ出す映像は
どれも品があり、芯がある。

息が詰まりそうになる
東京の雑踏、喧騒の中で
彼は彼女を
>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

3.9

4・5年前、
国際フォーラムにて
STAR WARS コンサート鑑賞。
生の演奏は鳥肌もの。

ジョン・ウィリアムズの
映画音楽はわたしの体の中に
染み付いている。

E.T.
ジュラシックシリーズ、
>>続きを読む

殿、利息でござる!(2016年製作の映画)

3.2


阿部サダヲさん、
笑いたかったんだよ、私は!
不覚にも私は、感動した。


お金って一体何なのだろう…
見栄を張る手段?
いえいえ、お恥ずかしい。

良き父と弟。

きたろう、エロ本。

ツケは貯め
>>続きを読む

春琴抄(2008年製作の映画)

3.2

それはそれは。

彼がまだ無名だった時、
原作を読んだ後に鑑賞。
美しき従順な愛。

畳がある映画、
正座で観たくなる。

人生万歳!(2009年製作の映画)

2.7


床屋やホットドック屋は
資格がいるけれども、
なぜ子供を産むのには資格が
要らないのだ?
幼児虐待があるにもかかわらず。

人間嫌いの偏屈で気難しい
元ノーベル賞候補の初老の天才。

画面の男がこっ
>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

2.6


家族とは。

キューピーマヨネーズのCMか、
と思わせるオープニングのセンス。
赤い風船ふたつ飛んで行く。
劇中歌の詞に答えはある。

会話劇で始まり
会話劇で終わる。

珍しくヒネリのある邦題。
>>続きを読む

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

3.9

オオワシ、恋に落ちる。
ただ働いて、死ぬだけ。
俺は、ぶっ壊すほう。

『蟲師』以来の
オダギリジョーと蒼井優の共演作品。
アズミ・ハルコの直後の鑑賞で、
行方不明の果てのサトシだったりして。

本人
>>続きを読む

アズミ・ハルコは行方不明(2016年製作の映画)

2.9

鬱屈した片田舎で、
なにかデカイ事したい若者。
服のセンスがリアル過ぎて
胸が苦しくなる。
何もデカイことなんて
出来てないけれど、
ここではないどこかへ
行きたかった田舎生まれの
私には痛く懐かしい
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.2

スタンドバイミー、
グーニーズ、
E.T.、
たまに
ムーンライズキングダム、
草原とボタン、

な少年少女の夏休み。



アメリカの片田舎、
少年達がBMX乗ってるだけで
ワクワクする。

鑑賞後
>>続きを読む

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

2.5

多くのレビューで
oasis の wander wall の
シーンがとりだたされている。
あのシーンをきっかけに
その後の内容は転換していく。
(素敵なシーンかもしれないけど
結局のところ迷惑なのだ
>>続きを読む

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.9

神妙な面持ち。

あの川はセーヌ川ではないか、
と思わせんばかりの
フランス調の挿入曲の妙がいい味。

樫村さんの
メガネが飛ばされない
当て感のいいビンタ、
『ピンポン』の竹中直人に
教えてあげたい
>>続きを読む

デスプルーフ in グラインドハウス(2007年製作の映画)

2.3

最後スッキリする、
との事で鑑賞。

キルビル以来の
タランティーノ。

中だるみはあるものの、
カーアクション映画の
ジャンルになるのかな。
いや、
タランティーノ映画でしかない。
ま、スッキリした
>>続きを読む

モモ(1986年製作の映画)

3.1

"アトミック ブロンド"
観ていたら、
ふと思い出した映画。

灰色の時間泥棒と煙草。

煙たい映画だった。
ブラックメルヘン。

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

4.6

氷水、ウォッカ、タバコ、
ロングコート、黒い傘。

ベイビードライバー然り、
音楽を巧く効かせている。
その殆どがロック。
シンクロが上手い。

エンドロールの
タイプ画面が古くて良い。

1985年
>>続きを読む

鉄道員(ぽっぽや)(1999年製作の映画)

2.3

冬の北海道と
汽車を眺めたくて。

5・6年前くらいに
話題になった小説原作と映画と
思っていたら勘違い。
もう18年も前の作品だった。

男性が書いた小説である事は
分かりすぎるくらいの仕上がりと
>>続きを読む

草原とボタン(1995年製作の映画)

4.5

( どうして画像がないの!)

アイルランド。
喧嘩は辞めて、
と女の子。
そして、
キラキラ、パラパラ、
沢山の。
ほら、


15年ほど前に観た。
当時はずっとベストワンだったけれど、
大人になっ
>>続きを読む

キッチン・ストーリー(2003年製作の映画)

2.8

キッチンの
天井近くの端っこで
観察してる爺さん。

観察される爺さん。

迷子の警察音楽隊(2007年製作の映画)

3.2

もう子供を持つ時期を
逃してしまったわ。

迷子の先で出会ったある女性の
台詞を覚えている。

ぼくセザール 10歳半 1m39cm(2003年製作の映画)

3.6

車の窓から顔や手を
出したらいけませんよ。

三人旅。

作り物のお腹。

フラガール(2006年製作の映画)

3.6

蒼井優、松雪泰子。
文句なしの演技。

シズちゃんの
壁に向かってブツブツのシーン、
吹き出して笑った。

落下の王国(2006年製作の映画)

4.2

美しきかな妄想世界。

骨折した女の子が、
とてもとても可愛らしい。

この映画を見る度に
SONYのBRAVIAのCMを思い出す。

ミツバチのささやき(1973年製作の映画)

4.0

10年以上前に
竹中直人さんが
オススメしていたので。

フランケンシュタインと
少女の話。

イージー★ライダー(1969年製作の映画)

3.8

古いロードムービーが
観たくなりまして。

自由とは。
銃とは。

若かりし日の
おふたり。

アメリカヒッピーを垣間見た。

CODE46(2003年製作の映画)

3.8

近い未来に
実際こんなことに
なるのだろうか。

この女優さん好き。

舟を編む(2013年製作の映画)

3.8

夜中に静かにひっそりと
寝転がって見るのがいい。

大きな事件がある訳でもなく、
シンプルに事は、時は進む。

地味と言ってしまえば
それまでだけど
コツコツと地道に丁寧に、
一冊の辞書を完成させるま
>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

2.9

勧められたが
そこまで心動かず。

戦闘連中の中に
楽隊が居て演奏してたのが
滑稽だった。

ブラック・スワン(2010年製作の映画)

4.2

映画界の宝、
ナタリーポートマン。

追い込まれて
精神に異常をきたす
迫真の演技。

この方こそ才女。

となりのトトロ(1988年製作の映画)

4.9

いつも心の隅の方に
隠し持ってる
大事な思い出に似た
形を要さない宝石。

小学生で出会えることが出来て
本当によかったと思う。

お姉ちゃんは
しっかりしなきゃいけない。
でもたまには
お母さんに
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

3.9

人生とは
チョコレートの箱。
開けてみないと
分からない。

映画のCG技術が発達したての
走り出しの映画だったと
聞いた覚えがある。

オスメント君も出演。
釣りをするふたりの
後ろ姿は名場面。
>>続きを読む

魔女の宅急便(1989年製作の映画)

4.7

いつだって私は
ウルスラみたいな森の生活と
彼女の人柄を羨む。

エンパイア レコード(1995年製作の映画)

3.2

20年くらい前に観た。
青春模様。
私もバリカンで
いつか坊主にしてみたい。

アンダーグラウンド(1995年製作の映画)

3.1

エミール・クリストリッツァ監督
3作目鑑賞。
この監督の作品は
クセを掴んでしまえば
すんなり観ることが出来る、
と思っている。

戦争への皮肉を
声を荒げるのではなく
小声で訴えてるような印象。
>>続きを読む

>|