ホラー大好きさぴおさんさんの映画レビュー・感想・評価

ホラー大好きさぴおさん

ホラー大好きさぴおさん

語彙貧弱なアニメ制作が、思ったことを書いてきます。
ファンダメンタルホラーが大好き
いつかファンダメンタルホラーのアニメをプロデュースする!!

映画(849)
ドラマ(0)

ネイキッド(2017年製作の映画)

4.1

頭空っぽで楽しめる痛快タイムリープ!
結婚式の日を何度もやり直します!
しかも、なぜか裸!!!!

タイムリープものらしく、リープを重ねるごとにスマートになる主人公の動きが心地いい!
そして、タイムリ
>>続きを読む

ザ・ヴォイド 変異世界(2016年製作の映画)

3.4

信仰と人間の闇と「外なる恐怖」を味わいたいならばこれ!

病院引きこもりサバイバルですが、
ホワイト三角頭巾マン、強盗、名状し難き何かとのバトルを見届けよう!

「誰が生き残るか 」予想ゲームもオスス
>>続きを読む

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

3.0

キャストがコメディ出身だからか
無駄な言い回しややり取りが冗長に感じてテンポ悪かった。
たまに出るアメリカンな言い回し
「ペニスタグラム」「それって白人の文化だろ?」は良かったけれども…

イマイチだ
>>続きを読む

全員死刑(2017年製作の映画)

3.5

小林勇貴っすね…って感じの作品。

少しズレた会話感とBGMチョイスにカメラワーク。
初期の北野たけしのような感覚を覚えます。

まさか、何度もテロップがカットインしてくるとは。
映画通の中には「ナレ
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.1

やっと見られた。
個人的感想としては、ライトセイバーの戦いが薄くてイマイチだったかな。

なんとなく宇宙生物にクローズアップしている印象。
ファンタスティックビーストよろしくスペースビーストでも企画し
>>続きを読む

エスケープ・ルーム(2017年製作の映画)

2.0

冒頭が「オサレで金持ちなオレら」って演技が臭くてダメでした。

この
脱出ゲームを通して、きらびやかな世界を生きる仲良しセレブの裏のぎこちない関係を描きたい作品なのでしょうね。

謎のギミックは見てい
>>続きを読む

プール(2016年製作の映画)

3.0

プールの蓋が閉じてしまい閉じ込められた姉妹の話。
しっかり者の姉と皮肉屋で前科持ちの可愛くない妹との掛け合いが基本のサバイバル?映画。
この妹が1ミクロンも可愛くないのでイライラします。
コンセプトは
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.6

「今のトレンドはブラックだ」

終盤まで観れば分かるのですが、
ステレオタイプな人種差別映画じゃありません。
白人のある種の憧憬を、本音を感じられましたね。
物語は、白人の彼女の両親に会いにいったら
>>続きを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ 76(2018年製作の映画)

3.8

川合さん、演出昇格おめでとうございます。
本作は初の女性演出とあってかメインは「ヒトコワ」を主軸を振ったしっとりとした、けれどもモヤモヤするフランス映画のような仕上がりになってます。
(※福田さんも連
>>続きを読む

アメイジング・ジャーニー 神の小屋より(2016年製作の映画)

3.3

子どもが死ぬ映画はいい映画!!

ちゃんとシナリオの筋通り子どもが死んでくれたので、ヨッシャヨッシャ
プリズナーよろしく子どもが死んだあとの父親の苦悩を描きます。
あとは、ひたすらスーパースピリチュア
>>続きを読む

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

3.8

SFディストピアがうまく描けていて面白かったです!

"児童分配法"によって全世界単位で一人っ子政策を行っている未来。
そんな法律下の元に生きる7つ子を主人公たちとして物語は進行します。

月曜、火曜
>>続きを読む

A.I.(2001年製作の映画)

4.0

A.Iってこんな作品だったんすね。

予想していた話とは随分違っておりました。
てっきり人間の母性と子どもアンドロイドの間に生まれる家族愛の話かと思いました。

その実は
序盤はホラー!
中盤は近未来
>>続きを読む

闇動画13(2011年製作の映画)

4.2

素晴らしい!!!!
闇動画の持つ、ホラーのボルテージの上げかたとホラーのレトリック、そしてキャストの演技の生々しさ。
これぞPOVホラーの最高峰!

『神社の怪』
夜の神社は、怖い!
怪異のビジュアル
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.3

はっ!ざまぁみろってんだ!!

終わって出てきた言葉がこれでした。
物語は、コクソンという南朝鮮の田舎町に日本人が登場。(ちなみに國村隼です笑)
次第に村に凄惨な事件が起き、ついには娘の様子までがおか
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

ひねくれた俺が泣くとは…!!

家族への愛と先祖への思い
それを音楽とメキシコの風習に乗せて、陽気に届けてくれます。
「家族への愛」がテーマなだけに、カップルや家族連れで賑わう映画館に"独り"で観に行
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.5

フランスは性に奔放やな!!!って映画。
レイプされても然して気にする様子もなく「さて、どうしたもんやら」的にのそっと起きて、淡々と風呂に入ります。

この「レイプされた!!私は被害者よ!!!!」と叫び
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

4.0

何が真実なのか…そんな映画です。

終盤の広瀬すずの
「ここでは誰も真実を話さない」これに集約される映画でしたね。

物語のテーマとしては
「裁判に勝つために真実はどうでもいい」とする主人公の福山が、
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

1.8

つ、つまらん…
何故か分かりませんが、好きじゃない。
「クールビューティーの押し売り」を非常に感じました。

クールなパツキン、素敵でしょ?
ナオン1人で男をボコボコ、爽快でしょ?
色の使いかた豊かで
>>続きを読む

封印映像28 幽霊アプリ(2017年製作の映画)

3.0

全身総毛立つほどにひどい…

このレーベル、初めのほうはちゃんとしてたんでしょうか?
インタビューの内容が映像の概要を反復してるに過ぎず、何の深みもない。尺稼ぎにしか思えません。
投稿者や制作スタッフ
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.7

スーパーマルチ便利"死体"のダニエルラドクリフ君の話。

この死体は超便利!
おならでジェットスキーになり、
水筒代わりになり
指パッチンで火が付けられ
エ○本を見せると街の方角を一物が指し示す!
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.5

猿の惑星 前日譚の三部作ラスト!

シーザーの人生ならぬ猿生の集大成であります。
エイプとの対比で人間の醜悪さを描いており
「人間性とは?」に迫ってます。
個人的にオラウータンのモーリスが癒しキャラ!
>>続きを読む

スーサイド・ライブ(2017年製作の映画)

3.9

派手な死に様が観たい!!!
そんな理由で本作をレンタル。

司会者
P
司会者妹
黒人おじさん

この四人を軸に物語は進行。
わりとヒューマンドラマでした。
スプラッタヒャッハー映画かと思って借りたの
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.0

スタンドバイミー×ホラー

ちょっとイケてない「ルーザーズクラブ」の面々が、色々頑張る話。
各キャラクターのトラウマを恐怖の怪異として登場させていたのがいいですね。

僕の場合はなんでしょう、ゴキブリ
>>続きを読む

封印映像32 呪いの生き人形/長身の男(2017年製作の映画)

2.0

闇動画と比べると物足りない。
メガホンは誰が取っているのでしょうか。

一本目『呪いの生き人形』
これは、初めの目がギョロっと動くカットが10割。
人形の雰囲気自体はよかったですが。

『長身の男』
>>続きを読む

闇動画 8(2013年製作の映画)

4.5

児玉和土監督作品。

こちら、大当たりでした!
全体を通して「夜」と「音」が印象的でしたね。

「おつかれさま」
2ちゃんねるの洒落怖でも有名な都市伝説を検証したもの。
猪口才なアイドルとDのやり取り
>>続きを読む

滝を見にいく(2014年製作の映画)

3.7

7人のおばちゃんが山で遭難する話。
おばちゃん全員が素人をキャスティングした意欲作。
かといって、演技臭くなくまんまおばちゃんの空気感。
本人が本人役で出演しているような自然のおばちゃんの会話でした。
>>続きを読む

縞模様のパジャマの少年(2008年製作の映画)

4.5

スカッとするラストが最高!!!!!!
久々に「クハハハ!!!」と声をあげて楽しめました!

この物語上で考えうる最高のラストですね。いい具合にシニカルといいますかなんといいますか。
脚本面では「パーフ
>>続きを読む

ゴーン・ベイビー・ゴーン(2007年製作の映画)

1.3

外野の主人公がちっぽけな正義感で暴走して、すべての人を不幸にする映画。
完全に胸糞映画でした。

ネタバレ回避のため詳しくいえませんが主人公、ほんと意味不明な正義感から場を乱しまくって、
様々な人の思
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

3.8

カルト映画の代表格であるトレスポの第2作

1の20年後を描いております。
時代は変わり、町は綺麗に、スマフォが普及。
だけど変わらぬクズ4人。そんなお話。

テンポの良さと、レイアウト構成、BGM。
>>続きを読む

ヴェンジェンス(2017年製作の映画)

2.8

レ○プされた女が「被害の記憶がぁ~~ !!!」とワーキャー騒いで、家族も「被害者なのよ!いま、事件の話はやめて!」と操作に非協力。

ゆえに被疑者は無罪

これに怒って、何故か第三者のニコラス・ケイ
>>続きを読む

闇動画17(2017年製作の映画)

4.0

このシリーズ最高スギィ!!
さすが児玉監督だぜ!!!

『ナビゲーター』
自殺するまでのナビをする代わりに、自殺の様子をビデオで撮るという動画。
ヒコトワ系かと思いきやき…

自殺者とナビゲーターの空
>>続きを読む

闇動画16(2017年製作の映画)

4.0

近所のTSUTAYAにある「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズを見尽くしてしまい新たに発掘した新レーベル。

監督は児玉さんということで、これは期待大!
近所のTSUTAYAには16からしか無かっ
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.5

アカデミー、ゴールデングローブ賞に受賞候補ということで観賞。
人間の「怒りの連鎖」複雑な人間の感情の重なりあいを描いた作品です。

娘がレイプされママン
署長
不良警官

この三人を中心に物語は進みま
>>続きを読む

ノロイ(2005年製作の映画)

5.0

素晴らしい!!!!!!
こういうホラーモキュメンタリーが見たかったんだ!!
白石晃士監督作品ですが、かなり真面目に作っております。

話としては「ノロイ」というビデオを作った小林雅文の視点で物語は進む
>>続きを読む

テケテケ(2009年製作の映画)

3.4

白石晃士監督作品

「夜勤帰りの疲れたネーチャンとかを笑わせたい」という発言に則ったような作品でした。
基本的に、テケテケの怪異が現れたときは爆笑です。テケテケが這うときの音が、ちゃんと「テケテケ」と
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.0

世知辛いのじゃ~~…
イギリスの福祉問題にメスを入れた作品。
グラントリノが好きな人はハマること必至。

心臓の病でドクターストップがかかり働けず
認定人に「就労可」とされ、働けないのにも関わらず「求
>>続きを読む

>|