スプリームさんの映画レビュー・感想・評価

スプリーム

スプリーム

正直に感想を書こうと思います。私は成人男性です。アイコンはバッファロー66のクリスティナ・リッチです。

映画(1369)
ドラマ(1)
  • List view
  • Grid view

マーシャル 法廷を変えた男(2017年製作の映画)

2.9

実話。黒人の人種差別がからんだ事件。黒人弁護士の裁判ものです。もちろん人種差別はよくないし、過去の人種差別について知ることは大事だと思うけれど、おもしろくはなかったです。ケイト・ハドソンふけたなあ。

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命(2017年製作の映画)

2.9

実話。ポーランド。ユダヤ人。戦争中の悲しい出来事を映画で知ることは大事だと思うし、見て良かったと思います。全体的に退屈でおもしろくはなかった。

男と女の不都合な真実(2009年製作の映画)

3.3

明るくて会話のテンポよくて気楽に楽しめるラブコメです。下ネタが多めだけどキャサリン・ハイグルが美人だから それほど下品には感じない。男と女の恋愛観ギャップコメディみたいな感じ。ラストでスッキリ!

ブラス!(1996年製作の映画)

3.8

炭坑で働く労働組合員みたいな おじさん達がブラスバンドをやる話です。ギャップ萌えだと思います。楽器なんてやりそうもない肉体労働系のおじさんが、音楽を演奏するから感動すると思います。終わり方がかっこいい>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

4.0

「カラーオブハート」「カイロの紫のバラ」みたいな話。スクリーンから映画の中の人物が、現実の世界に出てくるやつです。好きだなあ~、こうゆう夢のあるイノセントでロマンチックなラブストーリー好きだなあ~

最低。(2017年製作の映画)

2.8

AV女優の紗倉まなの小説の映画化。AV女優だってりっぱな仕事だしー、本人の自由だしーなんてきれい事を言うのは簡単だけれども、やっぱり自分の母親とか娘がAV女優だったらと思うと複雑な気持ちになります。

ライド・アロング 相棒見習い(2014年製作の映画)

3.3

ラッパーのアイスキューブ主演。犯罪コメディ的な刑事ドラマです。とりあえずセリフが多いので退屈しないです。ハイテンションでしゃべりまくる黒人映画 好きだなあ~!Bullshit?ブーシット?

あなた、そこにいてくれますか(2016年製作の映画)

2.8

タイムトラベラーものです。誰にでも過去にもどってやり直したいことはあると思います。それができたら何でもありで、現代や未来を自分の都合のいいように変えちゃだめだと思う。雰囲気的にはいい感じの恋愛映画でし>>続きを読む

恋人たちの予感(1989年製作の映画)

4.5

男女の友情を描いた映画で1番おもしろい。最初から最後まで平均的にずーっとおもしろい。金髪ふわふわのメグライアン超かわいいです。ラブコメ好きな人におすすめです。何回見てもおもしろい。

ベッカムに恋して(2002年製作の映画)

4.0

雰囲気インド映画です。イギリスでインド系の女の子が、親に反対されながら女子サッカーをやる話です。インドの伝統的な生活をする親ともめたり、恋愛があり、友情があり、とてもおもしろい青春映画でした。

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

2.7

クリント・イーストウッド監督。事件の再現ドラマみたいな感じ。なんだかんだでアメリカ的ヒーロー映画だと思います。

闇の列車、光の旅(2009年製作の映画)

2.9

移民の人達が列車で移動する話です。治安が悪い。とにかく治安が悪い。貧困が原因で しかたがないかもしれないが感情移入はできない。移民の人達 大変だなって思いました。

マグノリアの花たち/スティール・マグノリア(1989年製作の映画)

3.0

いろんな世代の一般人の女性を描いた群像劇。日常的な生活の中の話です。いい事があったり悪い事があったり、なんだかんだで幸せそうだなと思いました。悲しんでる人に やさしいジョーク言える人 ステキです。

君のためなら千回でも(2007年製作の映画)

3.0

イスラム文化の国で貧富の差がある。裕福な少年と、その家の召使い(使用人みたな)の少年の友情みたいな話です。アフガニスタンの治安が悪い。なんだかんだで ほのぼのいい話でした。

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

2.5

未来の話。グランブルーとレオンと同じ監督だと思って見ると なんじゃこりゃになります。SFアクションファンタジーみたいな感じかな。レオンのヒットでできたお金でこの映画を作ったそうな。

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

2.5

普通のラブストーリー見たかったんだけどなあ。SF的要素多め。

ROCKER 40歳のロック☆デビュー(2008年製作の映画)

3.3

太ったおじさんが20年ぶりにロックバンドをやる話です。テンポよくて明るくて ほどよくバカバカしくて おもしろいです。エマ・ストーンも出てる。おじさんの青春です!何かを始めるのに もう遅いなんてことはな>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.3

親がいない子供を、誰がどのように育てるのが幸せか みたいな話です。やや平凡な話に感じますが雰囲気よかったです。「孫はかわいい」とよく聞きますが、姪っ子 甥っ子もかわいいですよね、

砂と霧の家(2003年製作の映画)

2.5

中古住宅売買トラブルみたいなことから物語が始まります。雰囲気的には まじめな感じのシリアスドラマでした。けっきょく運が悪かったのかな~くらいの感想です。

スタンドアップ(2005年製作の映画)

3.5

子供のいる女性が 男ばっかりの工事現場みたいな所に就職して 性差別的なことで苦労する話です。子供を養わなければいけない責任感から がんばれたのかなと思います。お母さんってすごいな大変だなと思います。

涙のメッセンジャー 14歳の約束(2015年製作の映画)

2.5

メグ・ライアンが監督です。トム・ハンクスが ちょっと出てる。14歳の少年が主役です。戦争中、アメリカで戦争に行った人の帰りを待っている話かな?なんとなく雰囲気いい感じでした。

ホステージ 戦慄のテロ計画(2017年製作の映画)

2.0

いいキャラの人物がいない。同情とか共感とかできない。事情はどうあれハイジャックはやっちゃダメだと思う。1980年代のグルジア(現ジョージア)の雰囲気みたいなものは なんとなくわかりました。

潔く柔く(2013年製作の映画)

2.9

人が日々を生きていくことは、悲しい思い出が増えていくことだと思います。多少の悲しい過去がある人のほうが魅力的なんじゃないかなあ、消えない過去の悲しみも、現在の自分にとって意味のあるものだと思いたいなあ>>続きを読む

オペレーション・クロマイト(2016年製作の映画)

2.5

朝鮮戦争。マッカーサー役がリーアム・ニーソンです。日本で言うなら特攻隊みたいな感じかな。終わり方が戦争美談みたいで好きじゃない。国のために戦争で死んでも英雄あつかいしてはいけない。

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.8

普通の人々の普通の話なんだけど 雰囲気が良かったです。登場人物それぞれの悩みとか喜びとか描かれていると思います。エルファニング好きです。少年より背が高いから お姉さんっぽくていい感じです。

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.0

17歳の女子の恋とか友情とか、家族や学校での日常的な話です。主人公のキャラクターがすごく好きです。顔とファッションも好きです。このくらいの年頃の映画 大好き。

シンデレラマン(2005年製作の映画)

3.5

たぶん実話。奥さんと子供3人いるボクサーの話です。ボクサーとしてと、夫として父親としての両方が描かれていて応援したくなります。1930年代の映像の雰囲気がよいです。家族の為に戦うおじさんボクサーかっこ>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

1.0

監督がデルトロだから嫌な予感がしてたけど、おもしろくなかったです。ストーリー普通だし、見た目が感情移入できないし、いいセリフがないです。大人向けETみたいな感じ?

王様と私(1956年製作の映画)

3.0

渡辺謙がトニー賞にノミネートされた舞台のミュージカル映画です。王様、一夫多妻制です。私、イギリス人女性です。オリエンタルな感じの衣装とか雰囲気よかったです。回想シーンのない映画はわかりやすくてよい。

セリーナ 炎の女(2014年製作の映画)

2.5

この女は 嫉妬とプライドで身を滅ぼすタイプだと思います。そんな女を好きになった男は 女を見る目がないと思います。セリフが少なめ、雰囲気モノだと思います。だから何?so what?です。

8月の家族たち(2013年製作の映画)

2.9

久しぶりに家族が実家に集まってケンカしてるみたいな話。庶民的で下世話でおもしろくなかった。普通の話だと思う。キラキラとドキドキがたりない。豪華キャストで雰囲気的にはよかったです。

聖なる嘘つき/その名はジェイコブ(1999年製作の映画)

4.0

ナチス時代、元パン屋のユダヤ人の物語。もうすぐ状況は良くなるってウソつくんですけどね。ウソはウソでも理想とか希望に近いウソだと思います。理由なんてなくても、いつか、いつか良くなるって思うこと大事だと思>>続きを読む

愛と喝采の日々(1977年製作の映画)

2.5

バレーをおどるシーンがみどころだと思います。けっこう長いです。ストーリーは女と女のケンカみたいでおもしろくなかった。主役のシャーリーマクレーンは「アパートの鍵貸します」に出てる人です!

プロデューサーズ(2005年製作の映画)

2.9

ダチョウ倶楽部のコントみたいだと思いました。(押すなよ押すなよと言うと押されて水に落ちますよね)みたいなギャグが多いと思います。コメディミュージカル映画です。なんとなく全体的に楽しそうでした。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

2.5

主人公のおばさんが好きになれません。こんなおばさんきらいです。なんとなく最後だけいい感じになる。けっきょくおばさんはさびしかったのかな。かまってちゃんなのかな。

ナラタージュ(2017年製作の映画)

2.8

ラブストーリーを見ると必ず思い出す言葉があります「恋をすることは苦しむことだ。苦しみたくないなら、恋をしてはいけない。でも、そうすると、恋をしていないということでまた苦しむことになる」これです!

>|