ライ麦さんの映画レビュー・感想・評価

ライ麦

ライ麦

観た映画を内容共に忘れぬようにと、始めました。
基本、DVD観賞です。

2017.05.19~2018.5.18 124本
2018.05.19~

映画(137)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.2

裏アベンジャーズと言うべきオールスターキャスト。そして、時折折り込まれるギャグも効いててシリアス路線にならずこれが良い。各々のキャラの背景も違和感なく溶け込んでいる。
欲を言えばもう少しソーとロキの共
>>続きを読む

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

3.5

思わず笑いが出るアクションシーンは映画版の醍醐味。
てんこ盛りで大ボリューム。
平次はモテるなー

京都編には倉木麻衣の歌が合う。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.3

前作よりも個人的には好みです。

キャストはより豪華に!相変わらずスパイ感はないですけど。
なによりあの曲が耳を○ませばの上を越えていった。

ミックス。(2017年製作の映画)

2.6

何度か笑わせてもらいました。
サブい所もあるけど、コメディとしては及第点では。週末楽しむには良いと思う。

蒼井優はカメオかと思いきや、まあまあガッツリ出てましたね。
瑛太のボクシング設定、もうちょい
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

4.0

司法という場から一歩引いてみると裁判官も弁護士も検察官も人間。彼らからしたら日常の仕事。日々、こなす中で1人の殺人犯に感情移入するほど時間も熱意もないのかもしれない。
その点が印象に残りました。

>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.2

巷での高評価に反して自分ではイマイチ。
もう少し、ブラックパンサーのしなやかなアクションが見れるかと思ったがいかんせん少なめ。導入部が多めなので致し方なしかという印象。

敵を敵と言っていいものなのか
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.5

期待に胸膨らまして観たけど、うむ。
序盤のカーチェイスがとても良かっただけに尻すぼみな印象。
音楽とアクションの融合と聴いてたけど別段、印象的な部分もなかった。
harlem shuffleでコーヒー
>>続きを読む

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

2.0

ソーセージ=ち○こ、という小学生ばりの笑いが映画に。
しかし、こんな映画でも向こうの声優は豪華です。
メッセージがあるのか無いのか、深読みするのもアホらしい。
中盤退屈なのがマイナス。

王様のためのホログラム(2016年製作の映画)

2.5

ある場面でのジョークが洒落にならない感じは中東ならではですかね。
全体的にまったり、トム・ハンクスも仕事してる感ゼロ。
ベン・ウィショーのためのホログラムでした。

トム・ハンクスはシカゴ嫌いなのか、
>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

2.2

原作未読です。
対立構造としては、もの○け姫が思いついた。
どちらに肩入れするのかと思ったが、明らか喰種側で、ヒトが一方的に悪と描かれているのは原作の空気感としては正しいのでしょうか。その辺りがちと謎
>>続きを読む

パージ:大統領令(2016年製作の映画)

2.9

ヒャッハー達ともっとやりあって欲しかった!
メッセージも色々込められてますが、もっとドンパチやるだけでも相当面白いと思う。
チョコバーみたいなヤベー奴をもっと出して欲しかった。
設定が設定だけにもった
>>続きを読む

ペット(2016年製作の映画)

2.7

吹替えで鑑賞。
設楽さん、日村さんの主役コンビ、ウサギのフリーザ感最高でした。

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

4.4

電気が使えなくなるという前半での生活の変わりようと都会の麻痺、そして後半の田舎へ向かうロードムービー。1家族にフォーカスしていますが、起こるべき事象はかなりのリアリティを感じました。
日頃の防災意識向
>>続きを読む

ウィッチ(2015年製作の映画)

3.3

スプリットでアーニャちゃんにハマり鑑賞。
アーニャちゃんを信じろ、親父!この俗物がっ!
といった感じ。

あと、ケイレブ役の男の子のあるシーンの演技が鳥肌ものの凄さっ!!

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

3.7

映画のオープニング、ワンシーン、エンディング、様々な場面を彩る音楽クリエイター達を比較的時系列に沿って追いかけてくれる親切な映画。
有名曲、自分が知っている曲が流れるとやはり気持ちが上がります。
あら
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.2

ウルヴァリンの武器は爪なので、"切り裂く""突き刺す"といった攻撃が基本。ただこれまで公開されたX-MENの中では他のミュータントの能力、戦闘時の描写も含め、なおかつオールエイジ対象な為バランスを取る>>続きを読む

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

3.5

映画は字幕派ですが、今回は吹き替えで鑑賞。
正解でした。日本語のノリがダイレクトに伝わってくるので良い。
この強烈下ネタを真剣に吹き替えしてくださったキャストにも感謝です。

自分はこの映画、爆笑でし
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.7

一言でいえばドラゴン○ールのバーダックみたいな映画。それでも立ち向かう。

言語ビジュアルや宇宙船造形は神秘的で良かった。
画面が暗めですが、エイミー・アダムスの魅力で支えてくれています。

日常を大
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.7

単純に泣けました。ここ最近観た映画でいちばん。
やはり実話というのと、子どもが亡くなられたのが辛いですね。

映画の展開としては実話ベースによくある流れですが、事件が起きてからのFBIの捜査方法、犯人
>>続きを読む

海賊とよばれた男(2016年製作の映画)

2.0

"熱が足りんのよ、熱が!"
劇中、國岡がいうセリフで一番印象に残った場面ですが、セリフ自体がこの映画を表してるのが皮肉です。
岡田准一さんの演技はこのシーンを含め、主人公の熱さを随所に感じる正に熱演で
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

2.3

アベンジャーズありきなので、トニー・スタークの舎弟という位置。その点で単体ヒーローとしては存在感弱め。
勝手にスパイダーマンとは青春の苦悩や葛藤、恋愛における青臭さが魅力だと思っているが、そういった部
>>続きを読む

無限の住人(2017年製作の映画)

2.7

原作未読。
キャラが多くて、ついていくのに追われて終盤は放棄。
原作30巻とのことなのでまとめるのも大変だっただろうなという印象。
ただこんな映画を撮れるのは流石、三池監督。

木村拓哉のスター性を改
>>続きを読む

追憶(2017年製作の映画)

3.0

中身の昭和ぽさも含めて、映画の原体験のような雰囲気。
それも含めてこのタイトルかなと。
良い俳優さんが演じるだけで映画になりますね。

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.5

スローモーションを多用した魅せるアクションシーンが良かった。上映時間の長さからするともう少し見たかった印象だが、1作目なので生い立ちや故郷を発つきっかけにも時間を割いているので仕方ない。
2作目にも期
>>続きを読む

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

1.7

面白く...はないな!
序盤良い滑り出しかと思いきや、中盤から終盤に掛けて急降下でした。
何も予想を裏切るものもなく、ハラハラしないのも珍しい。

トムVSラッセル期待したけど微妙だったし。

ライフ(2017年製作の映画)

3.0

みんな、英雄になり損なう中々皮肉な映画。
検疫官の女の矛盾した行動にイラつき、助からんでええわこいつと思ってたからなかなか爽快でした。
ジェイク・ギレンホールはバズ・ライトイヤーに見えてきて無限の彼方
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

4.0

優男な殺人犯役、藤原竜也と武骨な刑事役、伊藤英明のコントラストが良い。
上映時間の中にコンパクトにまとまっており、画面から目を離せなかった。
憎しみ、復讐心の行き着く先は同じ穴の狢であるということもポ
>>続きを読む

ハードコア(2015年製作の映画)

3.7

64ソフトの007、リアルゴー○デンアイだわ。
のっけから懐かしい感じ。

監督は撮影大変だったのでは?
父親のセリフが良い。

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

2.0

長い、長い、長い!
オプティマスの1人茶番劇。焼き増し感半端ない。
ただ変身シーンはやっぱよいね。

銀魂(2017年製作の映画)

4.0

変な改悪もなく、皆さんしっかり似せてくれています。
豪華キャストで真剣にギャグをやってくれて最高。
バトルシーンはむしろオマケ?

のっけから爆笑で、そこからも様々笑わせてもらいました。少ない登場なが
>>続きを読む

>|