林秀直さんの映画レビュー・感想・評価

林秀直

林秀直

3.5は高評価

キングス・オブ・サマー(2013年製作の映画)

3.4

すごい浸れてタイプな最後。
親の子離れって大事だけど本当に大変だろうな。
心拍数があがる映画。






終始ふざけて描かれたビアジオの一個の台詞がすごい残った。
「葉巻よりクールなことは嘘を言う方
>>続きを読む

アダルトスクール(2003年製作の映画)

3.4

内容もまとまりもなくてよかった。もっと雑でいい。体力使わないで見れる。

40歳の童貞男(2005年製作の映画)

3.7

コメディならストーリー性とか感動とか無視して突き抜けて欲しい派だけどこれは意外といけた。
ゲイの下りとか変態女のとことか避妊講習会とか会話のセンス笑いの使いどころが上手かった。
仲間でショット飲みまく
>>続きを読む

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)

3.5

天才オタクの話なので結構好き。
天才とはいえ単純でいい。
最後のパーティーのシーンで、写真や動画を即座にシェアしオンラインでもパーティーに参加できる、素晴らしい。みたいなこと言ってたけどそのよさについ
>>続きを読む

インターンシップ(2013年製作の映画)

3.9

大人二人が酒と遊び教えて団結力高めるシーン大好き。主人公二人の努力と人との関わり方が素晴らしかった。
エンディングが一番凝ってて面白い。

ユー・ガット・メール(1998年製作の映画)

3.4

フォックス目線で見て接し方が変化していくのが面白かった。
やっぱり現代はネットに支配され過ぎていて気持ちが悪い。


ビジネスにも心が必要だ。

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

3.5

単純にワクワクする。単純にかっこいい。単純でいい。
マット・デイモンの若輩しくじり有能野郎感好き。
これだけのメンツだからこの程度のストーリーで充分。

コーヒー&シガレッツ(2003年製作の映画)

3.2

こういう映画撮りたい。会話は少し退屈なのがあったけど。GZAとRZA出てきたのはくそあつい。

人生フルーツ(2016年製作の映画)

3.6

人生フルーツ。一歩一歩ゆっくりと、自分の手で。

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

4.5

高1からなぜかほぼ毎年見てる。
感情が動かされる貴重な映画。
君の名は。より好きな人とは友達になれる。秒速の二話が好きな人とも友達。

バッド・チューニング(1993年製作の映画)

3.5

夏休み初日。見ていて辛くならないタイプの青春。
みんな主人公感がとてもいい。
パーティーの後のグラウンドでのシーンめっちゃ好き。

バンクシー・ダズ・ニューヨーク(2014年製作の映画)

3.9

人々の反応含めて彼の作品、ってことはこの映画も彼の作品のひとつ。バンクシー、強い、がちょっと臭い。


Better out than in

セービング・バンクシー(2017年製作の映画)

3.5

この映画を見て皮肉な笑みを浮かべてるBanksyが想像できる


The wall is a very big weapon. it's one of the nastiest things you
>>続きを読む

ボム・ザ・システム(2002年製作の映画)

4.0

飽きさせない工夫としてベタな青春シーンもあるがやり過ぎてないのでよし。Graffitiカルチャーをしっかり伝えてる。

抱きたいカンケイ(2011年製作の映画)

3.2

ステイフレンズの下位互換。
親父に啖呵切るとこはスカッとする。

ステイ・フレンズ(2011年製作の映画)

3.6

お母さんのしくじり先生具合と親父の男としてのアドバイス最高。
アメリカで仕事してる画ってすごい好きLAに住みたい。

イントゥ・ザ・ワイルド(2007年製作の映画)

4.1

旅にでるとか自給自足するとかじゃなくても自分の人生を生きるってなかなか出来ることじゃない。





Call by its right name
Happiness only real when s
>>続きを読む

コーヒーをめぐる冒険(2012年製作の映画)

3.3

THEヒューマンドラマ。こういう映画が苦痛とか退屈とか感じなくなったのはちょっと大人になったからかな。モノクロだからこそなのか最後の静止画の連続が妙に印象に残った。
邦題ディスろうと思ってたけど、ちょ
>>続きを読む

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ(2010年製作の映画)

4.2

皮肉というかウィットに富んだというかBanksyの作風がすごい出てる気がした。とても好き。

ドッジボール(2004年製作の映画)

3.5

全体的に雑さがとてもよい。すごい好きなタイプのコメディ。なにも考えないで見たいときに。

美女と野獣(2017年製作の映画)

-

見た人ならわかると思うけど最後の方完全にトイストーリーしててすごい好きだった。こんなファンタジーな空間でお城とか出てきてエマ・ワトソンだから見ながらずっと魔法使うの期待してた自分に結構じわった。

ポップ・ガン(1995年製作の映画)

2.5

元ネタを知ってると楽しめる部分が多いんだろうな。嫌いじゃないけどやたらくそ。
なんで見たんだろう…。

スモーク(1995年製作の映画)

3.6

ストーリーがどうとかキャラクターがどうとかではなくて、純粋にかなり好きな作品だった。淡々と、少しずつだけど時は経っていく。写真を映画にしたみたい。





秘密を分かち合えない友達なんて友達といえる
>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

3.3

ストーリーがちょっとちぐはぐ。
高校生ならではの不器用さ甘酸っぱさを上手く描いている気がした。
知ってるけど優しすぎるとだめっていう学び。

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

3.3

どんでん返しとはいえわりとベタ。流れは悪くないけど。ブラピかっこいい。

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

3.3

「簡単に手にした金は簡単に使う。駄目なやつは簡単には変わらない」
「ギャンブルに溺れたやつの明日は信用できねえ」
「想像力がねえんだよ」
ドラマから通してみていろいろ印象的な台詞があった。途中で見るの
>>続きを読む

闇金ウシジマくん Part3(2016年製作の映画)

3.1

「自分の命かけて勝負したんだろ。なんにもしないよりましじゃねえか。」

映画 闇金ウシジマくん(2012年製作の映画)

3.0

人脈人脈言うけど脈ってのは血が通って初めて脈なんだってどっかで聞いた。5人のアイドルのアクロすごい。コーク綺麗。