イモータンじゅんさんの映画レビュー・感想・評価

イモータンじゅん

イモータンじゅん

映画(145)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.9

こんな凄いバンドを10代から聴き続けていられた幸せを改めてかみしめている。最初の20世紀フォックス のクレジットの音がブライアン的なギターシャウトで、そこから感動で震えっぱなし。唯一無二の音作りの才能>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.8

社会悪に挑んだ事で仕事も恋人も失ったジャーナリストに残虐で最悪なヴェノムが寄生する。否が応でも期待値は上がる…上がったはずだった。のに、時折笑いが起こるほど、異なる星の負け犬同士のハートフルなバディ(>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.8

東西の壁崩壊前後っていろいろ絵になる背景がある。アメリカ、イギリス、ソ連、フランスのスパイが入り混じり、スパイ物に似合う時代。
全体に青みがかったスタイリッシュな映像だった。シャーリーズセロンをここま
>>続きを読む

スペース カウボーイ(2000年製作の映画)

3.4

40年前の借りは返すぜ!
いやいくらなんでも日進月歩の先端をいくNASAやで、ありえへんやんと突っ込みつつ、チャーミングなおじいちゃん達の夢物語の話かと思って観てたが、そこはイーストウッド。ちゃんと絶
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.2

これ学生の頃だったら製作意欲に火がつく感じ
①ゾンビ映画を
②テレビで昼の1時から生放送で
③1カット
という設定を思いついた時点で半分成功

おもしろかった!ポン!

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.0

映画館での鑑賞に間に合ったー
皆さんおっしゃるように前作とIW観ていればすんなりと入り込めます。
マーベルの中でもファミリー的というかハートフルな感じ。笑い有り笑い有り笑い有り…の中の大きくなったり小
>>続きを読む

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

3.5

アル中、浮気、暴力、支配
クズな男と関わるとやっぱりろくなことはない
車窓から見つめる景色が明るいか暗いか希望があるか絶望なのか、その時の心情を映し出しますね

エスコバル 楽園の掟(2014年製作の映画)

3.0

ファミリーを強調する組織ほど怖い。
デルトロの圧倒的な存在感。
警察すら麻薬組織に懐柔されている国内でファミリーから目をつけられる恐怖たるや。エスコバル半端ない。
ただこの映画では姪の恋人ニック視点な
>>続きを読む

めぐりあう時間たち(2002年製作の映画)

3.3

映画という形の文学作品。
人は特別なきっかけがなくても、死を含めてここではないどこかへ行きたい時があるということか…。
ローラが作った青いケーキがとても印象的だった

マリアンヌ(2016年製作の映画)

3.9

マリオンコティヤールの美しさと気高さ。
強いだけではなく愛する男を一途に愛する姿。見事に演じ切ってた。
妻は二重スパイなのか?優秀なスパイでありながら、足元が揺れ出してから疑惑を払拭しようと躍起になる
>>続きを読む

シークレット・ルーム/アイ'ム ホーム 覗く男(2016年製作の映画)

3.4

ブレイキングバッドのウォルター、ブライアンクランストンのほぼほぼ1人語り。
頭おかしいのか?と思わせるや、狂気のギリギリのところで自己とは何かに目覚めるオッサンやらせたら右に出る人はいない。
結構共感
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

韓国映画にもゾンビ映画にも全く興味がないが、評判の高さにとりあえず観ておくか、と。この映画に限らず前情報も期待感も持たずに入った映画は当たりが多い。最初は画面の質感や、いかにもっていう人物描写にムリか>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.5

人種差別というハードなテーマをさらりと明るく、それでいてグサリと描いた秀作だった。観終わった後スタンディングオベーション送ってしまった(心で)
ケビンコスナーが久しぶりにカッコイイ役だった。そもそも平
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.8

M:i自分史上最高傑作だった
イーサンの魅力全開、トムクルーズの凄さ全開!
「ヤバかった」
「いつも通りだ」
いやいや最高にヤバかったよ

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

3.9

平日なのに全上映時間満員という半端ない人気。邦画、ましてやテレビドラマの映画化という作品には今まで見向きもしてこなかったんだけど、大好きなシリーズなので。
恋人の死、親子の確執、それぞれ涙腺にヒットす
>>続きを読む

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気(2015年製作の映画)

3.5

人が惹かれ合うとは理屈ではない。
好きになる時は理由などない。
愛し合う2人の姿がどんどん自然になっていった。やはり人を動かすのは人であり、人を救うのも人なんだなぁ

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.9

相変わらず見事な恐竜ワールド。映画館で観てこその面白さ。前半のクライマックス、火山噴火で島から脱出できなかった恐竜達の最後を船の上から見届けるシーンが良かった。後半、ロックウェル邸での展開は恐竜じゃな>>続きを読む

ナインイレヴン 運命を分けた日(2017年製作の映画)

3.5

ラスト…
人種も地位も財産も良い人も悪い人もない。無念の中で亡くならなければならないとはこういう事。
こんな状況に置かれたら、日々の些細なことなど全て許せるし懺悔する。
命さえあれば

ハーフネルソン(2006年製作の映画)

3.1

繊細で優しくて脆くて危なっかしい。自分が誰よりも最低なのに、そんな力はないのに人を救おうとする。どうしようもないこんな男はモテるという役をライアンゴズリングが見事に演じている。ドキュメンタリータッチの>>続きを読む

シークレット・デイ あの日、少女たちは赤ん坊を殺した(2014年製作の映画)

3.5

母と娘の愛情の歪みとか、被害者意識が生む正当性とか、薄気味悪いと感じながらあるあると理解してしまう。
アリスの歪みってもう止められないし母親はもっと狂っていくんだろうな…いるよ、こんな母娘…怖い

スーパーチューズデー 正義を売った日(2011年製作の映画)

4.7

見応えのある選挙戦における政界の裏側を描いた秀作。優秀なブレーンとして野望を持ち着実にのし上がっていくライアン・ゴズリングと正義を武器に選挙に臨む知事ジョージクルーニーが真か偽かを探り合いながらお互い>>続きを読む

マン・ダウン 戦士の約束(2015年製作の映画)

3.9

前情報全くなしで鑑賞したためタイトルから想像していた内容とはかなり違っていた。マンダウン=愛している、を理解した時心の闇の深さ重さを感じる。強さ華やかさ明るさの対岸には必ずその反対が存在する。アメリカ>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.7

悪党ではないにせよ、真面目に自分の信念で暮らしている人間にはこういう輩は一番嫌だし苦手だしできれば関わりたくないという典型。この映画をマクドナルド兄弟は肯定しマクドナルド社は否定しているという、そりゃ>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.5

1よりさらに面白かった!
ライアンレイノルズ全開!

生きてこそ(1993年製作の映画)

3.5

子供の頃この実話を聞いてフクザツになった記憶。
偶然先日観た「白鯨との闘い」に人間の根源を問うテーマがあり、これは極限に置かれないと自分の答えは絶対出ない。

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

3.9

2度目の鑑賞。
美しい妻と成功目前のビジネス。
ある日現れた薄気味悪い男から次々と贈られるギフト。被害者であるはずの主人公夫婦。因果応報。派手さはなくてもきっちり落とし前つけたゴードには、もう過去は忘
>>続きを読む

白鯨との闘い(2015年製作の映画)

3.5

船舶の性能や当時よりは遥かに優れているであろう航海技術や捕鯨技術のない時代。
金や名声ごときで海に乗り出しあの白鯨に向かう男達ってなんなんだろう。
想像してたお話と違ってた。
生き残った側の幸運と悔恨
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.1

ガーディアンズオブギャラクシー
マーベルの中で、このシリーズは全くスルーしてた。アベンジャーズインフィニティウォーを見た時にいずれ見なきゃと思ってた。ギャグとミュージックと愛が絡まってて期待をかなり上
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.0

カンヌ国際映画祭で男優賞と脚本賞をとった作品。
少ない台詞と突如挿入されるフラッシュバック。見るというより体感していかないと置いていかれる。殺し屋と薄幸な美少女はちょっと既視感あり。
音と音楽が非常に
>>続きを読む

仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

一本の映画としては楽しめた。Amazonプライムのシーズン1、2の世界観、仮面ライダーのもつグロさと怖さ、そして人間との共存についてはストレートに「人を喰う」ことに主軸を置いた描き方等うまく引き継がれ>>続きを読む