サトさんの映画レビュー・感想・評価

サト

サト

映画(125)
ドラマ(6)

ミーン・ガールズ(2004年製作の映画)

4.0

ケイディがティアラをバラバラにしてみんなに分けるシーンがすごく好き!

女の子はズル賢くて可愛い生き物よ みんなそれぞれ自分の中にルールがあって、いつでも自分を可愛がりたい

海外のスクールラブコメと
>>続きを読む

クライ・ベイビー(1990年製作の映画)

4.5

😢❤️🖤

終始可愛すぎて吠えまくってた🥵
歌とダンスが可愛い!洋服も😭

展開が可愛くて笑っちゃった^ ^ とにかく全部可愛いじゃんこの映画💘
ジョニーデップ出てきた瞬間発狂だよね
ワンダ役の子やば
>>続きを読む

ホリデイ(2006年製作の映画)

4.6

人生のキュートな新展開を迎える4人の男女の話

涙もろくて不器用なジュードロウが観たくて再鑑賞!最高です。
表情の変化が美しい
作品の中で心を刺激される瞬間がたくさんある 表情ひとつで言葉では表せない
>>続きを読む

COWBOY BEBOP 天国の扉(2001年製作の映画)

4.5

オープニングのかっこよさが異常。
何度も観ちゃう聴いちゃう

キャラクターみんな素敵で身震いする
愛しい。。
動き滑らかすぎでしょ!!
スパイクのアクションシーン大好き
声好きスタイル好き、、性格好き
>>続きを読む

天使にラブ・ソングを…(1992年製作の映画)

4.8

優しくて可愛い映画

あたしの人生のラブリーな展開っていつくるんだろう
映画の世界に憧れすぎると日常が色褪せて見えるけど、自分次第で現実も映画みたいにドキドキワクワクなるかしら、、😣

映画大好きって
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

-

成功を求めて勉強してはいけない。成功の背中を決して追うな。美徳に従えば成功は自ずとついてくるものだ。



すっごく笑ったし感動したし感化された、、けど、どこか心の中でこんなにうまくいきっこないって誰
>>続きを読む

泣きたい私は猫をかぶる(2020年製作の映画)

4.0

日の出サンライズアターック!!!


すげえ好きだーー
むげのキャラクターが大好き
あたしも太陽みたいにむげみたいに生きたいー!
キャラクターみんな純粋でかわいくて抱きしめてあげたくなった、、久しぶり
>>続きを読む

ドクター・ドリトル(2020年製作の映画)

3.5

うーん
ちょっと想像と違ったけど可愛いロバJr.が観られたので満足かな^_^
原作読みたくなった
やっぱ映画館大好きー

パルムの樹(2002年製作の映画)

-

パルムの苦しみや欲望の描写がすごくリアルで叫び出したくなった
色の使い方や表現がとても魅力的で魅入っちゃいました。
とくに青色。ペンダントや、序盤に少しずつ登場した小さな木製の机と椅子。
青色のもつ不
>>続きを読む

ゲド戦記(2006年製作の映画)

4.0

好き。
監督が何をどんなふうに表現したかったのか、素人だけどわかる気がする
大人に近いた今観るとこんなにも作品の印象が変わるんだ

テルーが歌い、その歌声にアレンが涙を流すシーンが美しく苦しい、、。
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.7

“日々、人生の最後の日だと思え”

“人間は言葉より行動で決まる”


鬱蒼とした森の中で生きる大家族
子供達を一人で支え、導く父親の姿。
子供達一人ひとり、年齢性別関係なく自分の意思をしっかり持って
>>続きを読む

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

-

あまりに素晴らしくてため息がでる
エンドロールで懐かしさと淡い切なさに心をしんみりとさせ、一番最後に出てくる”おわり”の文字でやっぱりジブリだぁ、、、って。。
千尋の成長を一番そばで見守っている感覚。
>>続きを読む

となりのトトロ(1988年製作の映画)

-

宮崎駿監督はこどもの頃の好奇心とか遊び心をずっと心の中に持ち続けてるんだな、、
胸がキューッとなる。大好きな思い出が詰まってる。

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.0

キャラクターデザインが本当によく検討されていて、シンプルだけどすごく凝ってる。
こんなに魅力的に日本を表現してくれるなんてすごく幸せなことだな、、
ストップモーションで作られているとは考え難い、。相当
>>続きを読む

ブレンダンとケルズの秘密(2009年製作の映画)

4.0

美しい。。。
幾何学的で幻想的な空間表現。独特な世界観に飲み込まれた
個人的にアシュリーのキャラデザがめちゃくちゃ好み

【ケルズの書】
アイルランドの修道僧によって作られた福音書。世界で最も美しい本
>>続きを読む

ジャイアント・ピーチ(1996年製作の映画)

4.0

この幸せなエンディングしか予想できない安定感が好き 少年が夢に向かって冒険するストーリーってなんかいつ観ても胸がじんわり温まって涙が出る
ストップモーション作品はどれも独特の温かみと不思議な世界観が最
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.7

互いに近くなる瞬間が一番好き

そのあとは、、激しくなったり温度が違っていったり、運良く平穏が続いたり
でも、近づく瞬間の肌が痺れるような感情はそのとき限り。ピークを超えると、映画の終わりが近づくよう
>>続きを読む

シックス・センス(1999年製作の映画)

4.7

ホラー映画としてものすごく惹きつけられるしストーリーの展開がおもしろい
ホラーだけど温かみがある、、

ひとつひとつのシーンに魂と愛が込められてる
ブルースウィリスの瞳がキラキラして綺麗だなぁ、、。あ
>>続きを読む

ダージリン急行(2007年製作の映画)

4.3

クスッと、幸せが残る作品
天気の良い日うたた寝している時にみた夢の中の旅みたい。

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

4.3

“もし地球に戻るなら、もう逃げるのはよせ
くよくよせず旅を楽しめ”

あの瞬間に彼女はもう一度生まれ変わったんだ、、
宇宙で生まれ、地球に降り立ち、水を這い上がって大地を踏み立ち上がる

まるでひとつ
>>続きを読む

耳をすませば(1995年製作の映画)

-

不思議だな、、
しずくたちと同じくらいの年齢のときに観たことがあるけど、大人にずっと近づいた今の方がものすごく胸に響く
しずくもせいじくんも、自分と向き合うことを諦めないで確実に前へ進んでる

苦しさ
>>続きを読む

イバラード時間(2007年製作の映画)

3.8

大好きな世界だからこそより鮮明な画質で体験したかった。。
「星をかった日」というジブリ作品があるが、他にもイバラードの世界を舞台にした作品を観たい、、こんな世界に行けたらどんなに良いか
ため息が出る美
>>続きを読む

ブレードランナー(1982年製作の映画)

4.1

これは、、ファンがわんさかいる訳ですわ、、、
レプリたちも主人公も可哀想
勝手に作っておいて殺されるなんて、殺さないといけないなんて
切ないけどそこに美しさがある

オデッセイ(2015年製作の映画)

4.0

取り残されたのが一人だったから助かった。。
物事ななんだか皮肉だな、何事にもいいことと悪いことが共存している
火星に取り残されず他のクルーと飛び立っていたら、彼や、彼を救うために奮闘した人々による”宇
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

5.0

間違いなく今まで見た映画の中で最も興奮した作品。
全く結末が読めない。肌が痺れるほどわくわくする。こんなに素晴らしい作品を生み出せるのかと本気で不思議に思う

人類の存続、高次元の世界、ダークホールと
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

-

濃ゆい濃ゆい。
全体を通して使われている音楽がポップで軽々しく統一されていたからなんとか観られた気がする

スタンリーキューブリック監督作品はとても味わい深い。噛んでも噛んでも味がなくなるどころか変化
>>続きを読む

フランケンウィニー(2012年製作の映画)

4.0

なんて可愛いストーリーなんだ
モノトーンのストップモーションアニメ。CGでは表現できない独特の深みと人間味がある。それにティムバートンの世界観。大好きです^_^
次はリメイク前の短編版も観ます♪

レミーのおいしいレストラン(2007年製作の映画)

3.8

レミーの才能が報われてよかった
料理の映画は独特な緊張感があるけどいつもじんわり心が温まる

トスカーナの休日(2003年製作の映画)

4.0

“多くの可能性に向かって生きろ
子供のような熱意があれば道は開ける”


愛によって人生が変わってしまう
愛を手放されてイタリアに渡り、その場所でまた愛に出会う。
失敗を顧みず思うままに新しい人生を踏
>>続きを読む

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)

3.8

自分だけじゃない。誰もが苦しみ、闘っている。
この言葉がものすごく胸に刺さった
サムやルーシー、リタ、アニー、それにルーシーの里親となっていた二人も。みんなそれぞれ違った困難に立ち向かってる
そう思う
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.8

されるがままのダニエルラドクリフ。。
最後もっとしんみり感動的な終わり方かと思いきややはり奇想天外で最高でした
いや、最後に限らず始まりからずっと、、

観る人によって感じ方や受け取り方がかなり分かれ
>>続きを読む

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

3.8

夜の街でタクシードライバーとお客たちが出会う
煙草と個性的なドライバーと彼らの会話
五つの出会いの後に何か関連性とかストーリーの展開をみられるのかと思いきや、そのまま終わっていた
一見退屈にみえてすご
>>続きを読む

魔女の宅急便(1989年製作の映画)

-

大好きな作品。
いま一度観てみると、昔観た時とまた違う印象で驚いた
ジブリの作品たちはどれも私の小さいころの思い出、、懐かしくて久しぶりに手に取った

何度観ても心にじんわりと温かみが残る、本当に素敵
>>続きを読む

ティム・バートンのコープスブライド(2005年製作の映画)

4.0

始まった瞬間にもう皮膚が騒つくほどわくわくするティムバートンの作品
ビクターの声はジョニーデップ、、素晴らしい、本当に素晴らしい
キャラクターデザインもストーリーも全てが独特で大好き。自分の頭の中をこ
>>続きを読む

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

-

どんどん展開が読めなくてどんどん恐怖に近い感覚が押し寄せてきた
作中で頻繁に流れているオーケストラと、芸術を超えた映像の調和、。とことん不思議で不可解、、
SF映画なのに全然それらしくない!
神話とか
>>続きを読む

>|