はとさんの映画レビュー・感想・評価

はと

はと

映画(300)
ドラマ(100)

トゥモロー・ワールド(2006年製作の映画)

4.0

『CHILDREN OF MEN』人類のこどもたち
こどもが生まれなくなった近未来ディストピア映画。

凄惨な銃撃戦のなか、赤子に手を差しのべる人々。戦いの手をとめる兵士たち。 時が止まったような数分
>>続きを読む

カウボーイ映画と似て非なるもの(2012年製作の映画)

-

@MyFFF STAY HOME edition 約12分の短編

『ブロークバックマウンテン』がテレビ放送された翌日。学校のトイレで語り合う男子2人と女子2人。それぞれの会話とは…

映画を見た
>>続きを読む

レイトナイト 私の素敵なボス(2019年製作の映画)

3.6

コメディ女優のミンディ・カリング脚本・出演作。

ダイバーシティ!
エマ・トンプソンはいつでも最高。ちょっと脚本が弱いかな?とも思うけど、テーマには大共感。

天使にラブ・ソングを…(1992年製作の映画)

5.0

久しぶりに地上波で。ドキドキわくわく元気がでる超名作。古さを感じさせないとっても楽しい映画。大好き!

修道院長はマギー・スミスだったんだ。過去に見たときは認識してなかったなー。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.5

夫セレクト。私は2回目

スリービルボードから連鎖していく悪意と善意。人間は多面的でそれこそが現実。人が持つ暴力性と悪意の正体。現実社会にはびこるトキシック・マスキュリニティ。なぜ人は人を憎み蔑むのか
>>続きを読む

ダンシング・トライブ(2018年製作の映画)

3.5

記憶喪失&人生やりなおしコメディ。
スーツで踊るパコ・レオンが笑っちゃうくらい超セクシー。パコ・レオンが大好き!

ゼロ・ダーク・サーティ(2012年製作の映画)

3.9

夫セレクト。凄い完成度。監督の力量が圧倒的。でも『The report』を観たあとでは受け止められない。どちらにも正義があって、どちらにも正義がない。それでも人は殺される。そしてまた報復は続く。

>>続きを読む

ナショナル・シアター・ライヴ 2015「フランケンシュタイン」(2011年製作の映画)

-

National Theatre at home 期間限定無料配信
ダニー・ボイル演出。ジョニー・リー・ミラーとベネディクト・カンバーバッチが博士とCreatureを交替で演じ、ローレンス・オリヴィエ
>>続きを読む

OCD 〜メンタル・クリニックは大騒ぎ〜(2017年製作の映画)

3.9

メンタルクリニックの待合室に集まった強迫性障害の男女6名。そこで繰り広げられるワンシュチュエーションのコメディ映画。

多種多様な症状を俳優たちの絶妙な演技でおもしろおかしく表現している。本来、笑えな
>>続きを読む

ショート・ターム(2013年製作の映画)

5.0

どうしようもないクソみたいな世の中で、小さな優しさとささやかな幸せが何よりも美しく輝いていて、涙が止まらなかった。号泣してしまった。

人はどうしても愛されたいと願ってしまう。それは切実な欲求で、求め
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

4.0

週末家族でジョン・ウィック祭り。ポップコーン作って、食べて、おしゃべりしながら3作まとめて見た。

あいかわらずのスタント見本市。超絶人殺しエンタメ。馬に乗るジョナサンカッコ良いー。名前を呼ぶだけのセ
>>続きを読む

シンデレラ(2015年製作の映画)

3.5

地上波でながら見。

サンディ・パウエルの衣装にため息。マッデンの王子様はなんか笑ってしまう。デレク・ジャコビ、スカルスガルド父が好き。ケネス・ブラナーは俳優として好きなんだけど、監督作はいつもピンと
>>続きを読む

ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち(2011年製作の映画)

4.2

第二次大戦直前のチェコスロバキア。ユダヤ人のこども達を救ったイギリス人ニコラス・ウィントンのドキュメンタリー。こんな人がいたなんて。

『ハイドリヒを撃て』と合わせて見ました。愛するこどもを手放す勇気
>>続きを読む

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

4.1

夫と鑑賞。
これは…。苦しいけどとても良作だ。
ジュリアス・シーザー

落ち着いたら、ゆっくり感想を書きたい。

アクアマン(2018年製作の映画)

3.5

こどもと鑑賞。
CG感が強くて、ほぼアニメを見てる気分。
ジェイソン・モモアは私の中では永遠にカール・ドロゴ

シャザム!(2019年製作の映画)

3.8

こどもと鑑賞。
ザッカリーとマーク・ストロングが好き。

家族がみんな在宅していて、Filmarks見たり書いたりできない…。しばらくはちょっした感想を記録するのみになりそうです。

一人で集中して観
>>続きを読む

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛(2017年製作の映画)

3.6

富と愛への欲望はいつでも人を惑わせてしまう。17世紀のオランダ。絵画のように美しい映像で綴るのはわりと下世話な不倫のお話。

悲劇的な映画ではなく、人間の欲望のどうしようもなさをちょっとコメディっぽく
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

3.9

信頼、友情、夢、挑戦、スピード、勝負、献身的な妻に分身のような息子。男のロマン全部のせタイプの映画。

レースや車に興味のない私でも、レースシーンにドキドキハラハラ!かなり長尺だったけどあっという間に
>>続きを読む

スローターハウス・ルールズ(2018年製作の映画)

3.7

サイモン・ペッグとニック・フロストが作った制作会社Stolen Pictureの最初の作品!パブリックスクールを舞台にしたブラックユーモアと映画愛いっぱいの血みどろモンスターコメディ。

さすがにお年
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.2

一貫して人種差別問題を訴え続けるスパイク・リー監督の怒りと情熱が誰にでも120%伝わる。それなのに映画としての面白さが全く損なわれていない、軽快でシニカルなエンタメ作品。良い映画。脚本最高。

KKK
>>続きを読む

リヴァプール、最後の恋(2017年製作の映画)

3.5

『Film Stars Don't Die in Liverpool』恋多きかつての大女優と駆け出し俳優の恋。年の差とキャリアを超えたラブストーリー。実話。

とっても甘くて優しい優しいジェイミー・ベ
>>続きを読む

ドリームハウス(2011年製作の映画)

3.4

最初、あまりにもつまらなくてどうしようかな…と思って見てたけど、途中でおっ?これ系の映画なの?となってからは面白く見られた。ちょっとひねりのあるサスペンス。

ダニエル、レイチェル夫妻の出会いの作品。
>>続きを読む

NTLive『フリーバッグ』(2019年製作の映画)

4.6

人は誰でも間違える。だから消しゴム付きの鉛筆があるんでしょう?

露悪的で下品。でも、誰もが本当はそうじゃないの?笑って笑って笑って、そして心の奥をグッと抉られてブワッと泣いてしまう。フィービー・ウォ
>>続きを読む

ジャコメッティ 最後の肖像(2017年製作の映画)

3.7

肖像画のモデルを務めたジェイムズ・ロードの回顧録『ジャコメッティの肖像』が原作。気難しくてちょっと困った芸術家を温かく優しい目線で映像化していて、監督のジャコメッティ愛を感じる。

いつまでも完成しな
>>続きを読む

SPOOKS スプークス MI-5(2015年製作の映画)

3.4

人気テレビドラマ『MI-5 英国機密諜報部』を映画でリブート。キット・ハリントン主演。

よくあるCIAとのイザコザ、中東のテロリスト、組織内の裏切者を探せ…的ストーリー。おそらくゲースロ撮影の為、髪
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.7

ウサギの悪い顔がクセになる。可愛いけどちょっと困った子たち。マクレガーさんとのバトルが笑える。ウサギと戦うドーナル・グリーソンのひとり芝居が冴え渡ってた。

イギリス野生動物の代表格。ウサギ、キツネ、
>>続きを読む

007/ドクター・ノオ(1962年製作の映画)

3.5

ダニエル・クレイグ最後の007『No time to die 』は今作と関連があるらしい…という噂があるので見たんですけど
なんと延期になっちゃった(日本は公開日未定、英米は11月)楽しみにしてたので
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.3

生きてると辛いことも悲しいこともたくさんある。それでも、人は生きていくのだ。

有名作なので、どのレビューも素晴らしく書くことはもう残ってないのだけど。素晴らしい名作でした。"物語に都合の良いこども"
>>続きを読む

チャイルド・イン・タイム(2017年製作の映画)

3.7

マキューアンの小説「時間の中のこども」が原作。行方不明になった幼い娘。苦しむ夫婦の喪失と再生の物語。さらに、社会のなかのこどもとは、政治批判(たぶんサッチャリズム)をまじえつつ…。

切ない場面が多く
>>続きを読む

名もなき塀の中の王(2013年製作の映画)

4.2

原題は『Starred Up』刑務所用語で重度の少年犯罪者が少年刑務所から成年刑務所へ移されることをいうらしい。なかなかにハードな作品だけど、悪くない。バイオレンスの裏にあるのはとても本質的な人間ドラ>>続きを読む

マリリン 7日間の恋(2011年製作の映画)

3.4

第3助監督の青年とマリリン・モンローの数日間の秘密の恋。ミシェル・ウィリアムズ演じるマリリンは掴みどころがない不安定な人で、彼女に恋するエディ・レッドメインがとても可愛い。

パインウッドスタジオ、ウ
>>続きを読む

ロックンローラ(2008年製作の映画)

4.1

これぞガイ・リッチーー!俳優をカッコ良くセクシーかつチャーミングに撮ることに特化した、特殊な才能の持ち主。ストーリーとかどうでも良くなる特別な面白さ。ガイ・リッチー作品は好きな俳優が何人出てるかで好き>>続きを読む

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

3.8

老人とこどもの組み合わせは間違いない。世の中捨てたものじゃないなぁと思える、とても優しいハートフル・コメディ。良い映画。

夫の晩酌映画にお付き合い。彼はオリバーのスピーチでグズグズと泣いてました。私
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.3

目を開けて始まり、目を閉じて終わる。ただ階級が上というだけの年寄りに指示されるがまま、命を落していく若者たち。歴史上、最も犠牲者数が多いとの説もあるWWⅠ。終戦まで、ここからまだ約1年半もある。

>>続きを読む

ROMA/ローマ 完成までの道(2020年製作の映画)

4.0

『ROMA』大好き。何回観ても飽きない芸術作品のような映画で、様々な感情が溢れでてくる珠玉の名作。

印象的なシーンの撮影風景がいっぱいのドキュメンタリー。床を流れる水、室内の移動、映画館、暴動、病院
>>続きを読む

ビフォア・ミッドナイト(2013年製作の映画)

4.4

さらに9年を経たギリシャのふたり。変わったこと、変わらないこと。

お互いを誰よりも理解しているからこそ、すべてをさらけ出す会話ができる。強い言葉を投げ合う喧嘩は痛くて辛い。

私にはセリーヌの気持ち
>>続きを読む

>|