satoさんの映画レビュー・感想・評価

sato

sato

ラブコメ、サスペンス、好きです。感じた事を上手く表現できず自分の文章力のなさが悲しくなります。。どうでもいいような事も呟いたりしてます。コメント大歓迎です!

映画(595)
ドラマ(0)

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.8

なんだこの映画…。
腹立たしい家族。
ヒステリックな会話のオンパレード。
観てるだけで疲れてしまう。
でもきになる。
好きな映画だ。
観れば観るほど味が出てくるタイプ。
また観なければ、だ。

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

4.0

何度観ても大好き。
アダムサンドラーとドリューバリモアの2人はテッパン💕

戦火の勇気(1996年製作の映画)

3.7

デンゼルワシントン、メグライアン、マットデイモン出演。
戦争って酷い。
人の気持ちさえ狂わせる。
政治やら色々絡んで複雑でリアル。きっと実際にこんな裏の世界があるのだろう。
部下を自分のせいで死なせて
>>続きを読む

ブラッド・ファーザー(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

よくある話のような話です。
父と娘。
母と息子ってあまり無いな。
恩人の代わりに罪を被り刑務所を出てから酒をやめほそぼそと砂漠でトレーラーハウスで暮らす主人公メルギブソン。
ほそぼそと、とはいえ身体は
>>続きを読む

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女(2009年製作の映画)

3.8

以前の記録。
初めて観たスウェーデン映画。
3部作続けて鑑賞。
面白かった。
いろんな意味でかなり衝撃的。
孤独なリスベット。
ミカエルとの距離感が好き。
ハリウッド版より断然こっち。

ラプチャー 破裂(2016年製作の映画)

2.0

ノウミラパス目当てで鑑賞。
途中までハラハラドキドキ結構怖かった。
だんだんおかしくなってきてまたから蛇が出できた?生まれた?あたりからはもう、
観たことを後悔。
何にも残らない映画でした。

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.8

ハッピーになれる映画を。
マンマミーア。

メリル・ストリープのカチカチ固い役じゃなく弾けまくってる女性役は好き。
ストーリーはベタ感ありだけど青い海と青い空素敵なロケーションにうっとり。
ミュージカ
>>続きを読む

ストーンウォール(2015年製作の映画)

3.6

私の中ではゲイの人達が市民権を得てる気がするアメリカでつい50年ほど前は差別されていたことに驚いた。
ただゲイというだけで逮捕されたり底辺でしか生きて行けないとか悲しい。
「なりたくてこうなったのじゃ
>>続きを読む

素敵な遺産相続(2016年製作の映画)

3.6

相変わらず可愛らしいシャーリーマクレーン。
それに比べてまだずっと若いだろうジェシカラングにびっくり。
老けたなぁ。当たり前だけど。
話は普通だけど心温まる物語でした。
お金は必要だけどそれ以上に素敵
>>続きを読む

ケープ・フィアー(1991年製作の映画)

3.7

ロバートデニーロの怖さ。。。。
マジで狂気。
タクシードライバーとはまた違う不気味さが漂う。目が離せない。
流石です。
オリジナルは未鑑賞だがロバートミッチャムとグレゴリーペックがカメオ出演してるのは
>>続きを読む

静寂の森の凍えた姉妹(2016年製作の映画)

2.7

登場人物の繋がりが良く分からなかった。
犯人の気持ちや主人公の気持ちも分からない。
北欧サスペンスに期待しすぎかも。

ひとひらの雪(1985年製作の映画)

2.3

文学作品だけど美しさは感じなかった。
津川雅彦演じる中年男の
いやらしさ、女々しさ、しつこさ、幼さ、ずるさ、惨めさ、
いろんな男が表現されている。
色っぽさはなかった。

バースデー狂騒曲/シャロン・ストーン バースデー狂騒曲(2017年製作の映画)

2.7

シャロンストーン=氷の微笑のイメージ。
その他でも強い女の役が多いからあんなに開けっぴろげで可愛らしいシャロンストーンは初めてみた。
もちろん美しいし、スタイルも抜群。
アラ還であのスタイルは素晴らし
>>続きを読む

ドラッグストア・カウボーイ(1989年製作の映画)

3.2

アメリカのドラッグ中毒の若者たちの刹那的な生活を描いた作品。
映画を観ててつくづく外国には本当にこんなジャンキーがいるのか?と思う。
マットディロンがまだかっこいい。

悪いことをしたら罪を償わなけれ
>>続きを読む

追憶の森(2015年製作の映画)

3.8

皆さんの評価低いですが私は好きでした。
はじめは淡々と進んでいき若干退屈感もあったか、どんどん引き込まれていった。
ファンタジーのようなホラーのような。

本当の樹海での撮影ではなく海外での撮影との事
>>続きを読む

刑事ジョン・ブック/目撃者(1985年製作の映画)

3.8

だいぶ前に観ましたが再鑑賞です。
断片的にしか記憶がなく改めて観て良かったです。
アーミッシュの方たちの素朴な生活。自然と共に生きる生活。浮世離れした感じが逆に新鮮で気付かされる所もあったり。

ご主
>>続きを読む

エゴン・シーレ 死と乙女(2016年製作の映画)

3.5

エゴンシーレという画家を知らなかった。
この映画を観て初めて作品をみた。
先に絵画を知っていたらもっと違う感想があるのかも。
いかにも芸術家らしい一生。
でもあまりに短い人生。

アメリカン・バーニング(2016年製作の映画)

2.6

はじまりはオールディズが流れ古き良きアメリカなちょっとワクワクしたけど、
最終的によくわからない映画でした。
主人公は誰?ダコダファニング?
それよりデヴィッドストラザーン必要?

ドライヴ(2011年製作の映画)

3.8

ライアン・ゴズリング
孤独がよく似合う。
影のある笑顔だなー。
キャリーマリガンとの距離感がドキドキした。

ファニー・ガール(1968年製作の映画)

3.8

バーブラストライサンドの顔は個人的にあまり好みでなありませんが素敵な女優さんです。
追憶しか観たことないけど。
これも切ないなぁ。
涙なしで観れない。

エル・マリアッチ(1992年製作の映画)

3.3

ロバートロドリゲス監督のマリアッチシリーズ3部作の1作目。
デスペラード、レジェンドオブメキシコは鑑賞済みだったけどこちらは初めて。
デスペラードといえば濃いっこいのアントニオバンデラス。のつもりで観
>>続きを読む

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

3.9


ありえない展開&出来過ぎなラブストーリーだけど何度も観たくなる作品です。
イギリス的なユーモアが随所に散りばめられてとてもハッピーな気分になります。
エルヴィスコステロの主題歌が流れハッピーエンド。
>>続きを読む

ブリザード 凍える秘密(2014年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

なかなか面白かった。
でも最後の最後のオチはちょっと想像しなかったなぁ。
まさかそっちとは。。
結末がわかってからなるほど。ふーん。そうだったのか。ってなる。

バーン・アフター・リーディング(2008年製作の映画)

3.2

コーエン兄弟の作品について詳しい訳では無いが、初めからその覚悟をして観る方が楽しめると思う。
何も残らないといえば残らない映画かな。
多分何度か観てるけど忘れてる部分多いし。
豪華キャスト陣の中でもフ
>>続きを読む

麗しのサブリナ(1954年製作の映画)

3.8

オードリーヘプバーンの魅力満載の映画。
定期的にヘプバーンの映画は観たくなります。
ストーリーはおとぎ話のようなハッピーエンド。
小粋なセリフやファッションでオシャレ度⤴︎
ヘプバーンのドレス姿もサブ
>>続きを読む

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

94分の映画ですが物凄く長く感じた。
とても重く哀しい作品。
見終わった後の何ともやり切れない思い。
ずぅっと痛々しく緊迫した内容だが、途中でテレビを見て笑うシーンでちょっとホッとする。
ラストのどん
>>続きを読む

オール・アバウト・マイ・マザー(1998年製作の映画)

3.6

現実味なさすぎだけど
考えさせられる話だった。
スペインではよくあることなのか?
いろいろな愛のカタチがある。
男性らしい男性はほぼででこない。
女性の為の映画かな。
純真無垢なシスター役のペネロペク
>>続きを読む

エクスポーズ 暗闇の迷宮(2016年製作の映画)

2.5

相棒のジョーイもイサベルのお父さんも
ジョーイの妻も相棒として信頼してた⁉︎キアヌリーブスもサイテーだ。
イサベル演じるアナデアルマスが綺麗で観てるだけでうっとり。それだけでした。

ザ・ドライバー(1978年製作の映画)

3.7

シンプルな映画。
音楽やセリフも少なくカーアクションのタイヤのキュルキュルって音が耳に残っている。
孤独なライアンオニールが良かった。

とても男性的な映画だと思う。

2011年のライアン・ゴズリン
>>続きを読む

パイロマニアック 炎の中の獣(2016年製作の映画)

2.3

北欧サスペンスって事でちょっと期待してみたらとんでもない。
サスペンスじゃない。どちらかというとヒューマン的な。
主人公はどこでどう間違ってしまったのか。歪んだ青年になってしまった。
母親の立場で観る
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.5

すごく可愛らしい映画。
ヘイリースタインフェルドとウディハレルソンのやり取りが良かった。

でもでも腹立ったわ〜いい加減にしろ〜って感じ。まさにモンスター。

本人もそんな自分が嫌だったんだろうけどあ
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.6

鮮やかな色彩。綺麗な映像美。
綺麗でスタイリッシュな映画。

ドロドログログロだけど色が綺麗なのでそこまで嫌悪感は感じず。
理解しがたい部分もあるけどなかなか好きな映画でした。

プレイス・イン・ザ・ハート(1984年製作の映画)

4.0

アメリカの南部で生活する女性が、夫を亡くし子どもたちと生活するために綿花栽培をしながら前向きに生き抜く姿を描いた作品。
人種差別、不倫、殺人、暴力すべてを許し主の平和を。
とても感動的。

ワイルドシングス4(2010年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

1人増えてちょっとパターンが変わってた。

>|