さとうちさんの映画レビュー・感想・評価

さとうち

さとうち

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.5

アニメの感じを丁寧に再現してるなあと思った。ちょっと所々長かったかも。

特捜部Q Pからのメッセージ(2016年製作の映画)

3.8

カールがとにかくモゴモゴする。早く彼女でもできればいいのに。

スモーク(1995年製作の映画)

4.0

もっと早く見ておけばよかった。
エンディングがいい。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.7

音楽がいい&子供たちかわいい。
万引きのチームワーク良すぎ。

お嬢さん(2016年製作の映画)

3.5

世界観はよかった。ストーリー的には原作のいいところをちょちょっとつまんで合わせたような感じで、ちょっと分かりづらかったかも。

パターソン(2016年製作の映画)

3.5

とにかくマーヴィンがかわいかった。
奥さんが不思議というか、何なのかな…という感じ。
あと音楽がなぜか不安を誘う感じでした。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.8

ミュージカルテイストありつつガツガツアクションでかっこよかった。
銃の音とかも音楽とシンクロしてたりして、いい感じでした。
ジェイミーフォックスがほんとにワルそう。いい味出していた。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

ムチムチおじさんやらイケメンお父さんの男前行動に涙腺崩壊。
電車内のゾンビっていうのは今までありそうでなかったような。
ハゲおやじは圧巻のクズぶりでした。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.9

アンドリューガーフィールドあまり見たことなかったけど、いいですね。関根勤の若い頃を彷彿とさせる
あそこまで信念貫けるってなかなかない。

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.5

途中中だるみ感はあったけど、子供たちが可愛かったし、ガイコツが暴れるシーンは爽快だった。

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

4.0

いい意味で全てが予想どおりで安心して観れる。サミュエルL・ジャクソンの死に方が特にいい。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.3

最初のシーンでクライマックス感。
ストーリーはいたって普通。
楽しい部分はもういいよっていうくらいひたすら歌とダンスで表現してるけど、それ以外の部分がちょっとおざなりというか。
ミアも途中まで大根大根
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.8

ありそうでなかった設定で面白かった。盲目の状態であれだけ強かったら、見えてたらどんだけ強かったんだろう。

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.0

怖いというよりなんか気持ち悪い感じ。付いてくるのが何なのか、幽霊でもなさそうだし人間でもなさそうだし。
ホラー感はあんまりなく、アンニュイおしゃれな雰囲気でした。

裸足の季節(2015年製作の映画)

4.0

五女の行動力!何かと助けてくれるヤシンさんもよかった。

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.1

女性より女性だった。奥さんの心情考えると複雑すぎるけど、あそこまで支えられるのはすごい。

>|