STさんの映画レビュー・感想・評価

ST

ST

映画(64)
ドラマ(2)

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

3.8

この映画には3作目が必要。

一作目大好きでした。特に日本語吹き替え版。松たか子と神田沙也加の声は、歌が上手いだけでなく、その声そのものが2人のキャラクターを体現してたと思います。

今回もその部分は
>>続きを読む

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

4.3

恐怖に打ち勝つということ。

itとは恐怖をあらわし、ひとりひとりが感じる恐怖が異なるためその総称としての呼称なんだね。名前を呼んではいけないお方、ではなかった。

前編はキング原作のキング絶賛のホラ
>>続きを読む

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

3.7

T1.T2を超えるのは無理だ。

そんなこともうみんなわかってるから、この映画で完結にしておこうよ。

製作陣はこの映画を新しい3部作の1作目にしたかったみたいやけど、十分完結してるし、この先の展開は
>>続きを読む

劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~(2019年製作の映画)

4.0

やっぱり、おっさんずラブだった。

劇場出るとき、若い女の子のグループが『(私は)腐女子じゃないけど、この映画のよさをみんな見て確かめるべき!』と熱く語っているのをきいて、この映画愛されてるなあと。
>>続きを読む

チャイルド・プレイ(2019年製作の映画)

3.5

設定の変更はよくできてる。

オリジナルはブードゥ教の呪文で犯罪者の人格が人形に宿る設定だったので人形は最初から最後まで人形でしかなかった。しかし、今回は人形自身が人工知能により人格を持ち暴走する。
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

4.0

スルーしようかと思ったけど見てよかった。

新海監督の映画がどれも好きなだけに大ヒットした前作のあと、どんな映画を作るか、予告編やタイトルだけでは大丈夫なの?と思ってました。

でも結果、好きではない
>>続きを読む

シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢(2018年製作の映画)

4.0

おっさん版ウォーターボーイズ
みんなが書いてる通り。個人的にはおっさん版ブレックファストクラブにも近いんじゃないかと。

年齢を重ねると誰もが自分の思い描いたとおりにいきているわけではなく、またそれを
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.2

I will always love you.
この始まりで泣きそうになった。ずるいよ、これは。

あるものを放り投げたあと、
キャプテンは凄いなあ、て台詞にしみじみとした。

ハッピーとのトニーに会
>>続きを読む

X-MEN:ダーク・フェニックス(2019年製作の映画)

3.6

キャプテンマーベルVSダークフェニックス

ジーングレイもちゃんとパワーを抑制できたら、アメリカンヒーローになれたのに。ファイナルデシジョンを作り直してもらえたのは嬉しいけど、これじゃあねえ。

てか
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

5.0

グラナイト・マウンテン・ホットショット

マーベル映画のように特殊な能力や武器があるヒーローが出てくるわけでもない。生身の人間が山火事の消火部隊としての仕事に誇りを持ち、自らを鍛え、チームや家族を大事
>>続きを読む

ラ・ヨローナ~泣く女~(2019年製作の映画)

3.6

ジャジャーン

個人的には死霊館ユニバースが他のホラーと一線を画しているのは、単に怖がらせるとかグロいとかやなくて、その恐怖に怯える人たちを完璧ではない人間くさい霊能者やその仲間が助けるというドラマに
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

4.0

人間パートはご愛嬌。

この映画はゴジラ、キングギドラ、モスラ、ラドンを大迫力で楽しむためのもの。大いに楽しめました。

そして、それぞれの役割を十分理解した上での展開。モスラパートは泣けてきそうにな
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.8

寂しい時は自分から動け。

ガサツでそれでも男気があって憎めなくて家族思いな男と、才能があり自らのおかれてる差別に毅然と立ち向かおうとする男の話。アメリカのロードムービーてなんでこんなにいい映画が多い
>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

4.5

令和元年初日にwowow鑑賞。

深夜に何気に始まり懐かしいなあとちょい見してたら、結局最後まで見てしまった。

ラブストーリーに始まりタイタニックが沈むパニック映画のようなスペクタクル、そしてそこか
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

5.0

アッセンブル!

この映画を作ってくれたことに、そしてこの映画が見れたことに感謝したい。ずっと21作見てきてよかった。

エンドゲームの前作にキャプテンマーベルがあり、その圧倒的な強さで彼女がキーとな
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

4.5

これだよ、これ!

アニメ実写化て、るろ剣もそうだけど、たまにこんなにとんでもなく面白い映画が突然でてくる。

珍しく原作既読からの鑑賞だが、何度も原作シーンを思い出すほど、キャラにも話にも違和感がな
>>続きを読む

ハロウィン(2018年製作の映画)

3.0

オープニングのテーマ曲を映画館で聞けただけで満足。

子供の頃、一作目を初めて月曜ロードショーで見たときの怖さといったらなかった。それ以来、シリーズ作は全てレンタルでやけど鑑賞。ゾンビ版も。3作目から
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.0

アベンジャーズ ゼロ


アベンジャーズ前作で、圧倒的な強さで凌駕してきたサノスに、最後どうやって立ち向かっていくんだろうか?同じメンバー、それも半分になったメンバーじゃ、どんな展開も説得力ないやろ、
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.5

St. Elmo's Fire

80年代の同名映画の主題歌が流れるんですよ。因みにサントラには入ってない。同じ大学を卒業した仲間が社会に出てそれぞれが自分探しをする群像劇。僕も大好きな映画。

なん
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

3.8

モノクロが心地いい。

監督の幼少期の経験を半自伝的に描いた映画だとか。そう考えると、映画としての主人公はクレオとソフィアの2人の女性に見えるが、実はあの男の子なのかもしれない。

幼少期に覚えている
>>続きを読む

ゴッズ・オウン・カントリー(2017年製作の映画)

4.0

羊のシーンはどれも考えさせられる。

あの環境の中で生きていくこと、苛立ちと焦り、父との確執と病、それでも優しい祖母、馴染みがないがそこにある人種の問題。主人公がゲオルゲと出会うことで、見失いかけたも
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.5

おにぎりですら泣けた。

あのまま報道されなかったらどうなっていたんだろう。怖すぎて、本当は見つからないんじゃなくてもういないんじゃないかということさえ考えてしまう。

ソンガンホほんとすごいねえ。う
>>続きを読む

サスペリア(2018年製作の映画)

3.6

見てはいけないものを見てしまった感じ。


これはリメイクではないですね。オリジナルとは別物。でも、オリジナルの存在を前提としないと、なんだこりゃ映画は間違いない。こういう映画って最初は否定されても、
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.8

ガンズ・アンド・ローゼズ最高。

ボードゲームからテレビゲームにフォーマットを変えて、アバターと現実キャラのギャップで笑かす。うまいなあ。

でも、ゲームの中に入ると予定調和で、前作の何が現実世界に飛
>>続きを読む

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

4.0

なんじゃこりゃあ。

誰が擬態か探り合う心理描写も展開の妙もさすがやけど、ばれちゃった途端、開き直って想像を超えるクリーチャー化はもはや笑っちゃうくらい素敵です。パカって割れたり、頭がクモになんて誰が
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

その指輪ははずさないでくれ。

アーティストが転落していく様てみんな似たようなもんなんやね。何かを求めそれが何かがわからずに、たださみしさを代わりのもので埋めようとする。

病に冒されながらもフレディ
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

4.0

One more time, One more chance

この曲に泣かされた。ずるいよ、あのタイミングでこの曲は。

福田ファミリーの安心感すら感じる定番のノリと笑いを盛り込みつつ、ちゃんとラブ
>>続きを読む

氷菓(2017年製作の映画)

2.5

わたし気になります。

wowowでアニメ版を何気に見てたらそのクオリティにびっくり。今回実写化に際し期待してなかったけど同じくwowowでやっていたので鑑賞してみた。

個人的にはこの話は謎解きの前
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

2.8

ポアロがどれだけ変わったキャラクターかなんてどうでもいいんだよ。

なぜこの殺人事件が起こったのか、その動機がどれだけ多くの人を苦しめ、そうせざるを得なかったか。そして、それゆえにラストにポアロが取っ
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.8

とりあえず疲れました。

音を立てたら何かが襲ってくる、この延々と続く緊張感。砂の上を歩く音でさえ、おいおいやばいよやばいよ、とこちらがびくびくもの。

釘がずっと気になってたのは俺だけやなかったんで
>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

5.0

愛しさと切なさと心強さと。
(かからないけどね、そういう映画)

韓国映画SUNNYが良かったので、日本版リメイクと聞いた時は大丈夫?て思ったけど、想像以上の出来。筋はまんまなんやけど、設定のうまさで
>>続きを読む

劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~(2018年製作の映画)

3.0

夏目友人帳の世界観は映画になっても変わらず安心して浸れることができる。

でも、これは映画にしなくてもいいんじゃないかなあ。テレビアニメの1エピソードを、登場人物総動員や過去話説明して無理やり長尺にし
>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

4.0

いいタイトルだ。

東野圭吾の原作はやっぱり琴線に触れる。違うシリーズだけど、容疑者Xの献身にも通じる深い愛とその悲しさ。

今回は松嶋菜々子もさすがだけど、小日向文世のお父ちゃんがさすが。あの人が惚
>>続きを読む

死霊館のシスター(2018年製作の映画)

3.0

最初と最後がなければ、ただの普通のホラー映画やん。

終始突っ込みどころ多いし、これじゃない感もあり、物足りないを通り越してる。

ただ、何も分からなかったヴァラクがなにかが見えてきて、死霊館本体の続
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.0

ここまで中国資本が露骨な映画も珍しい。もはや、中国映画(^^)

それでもステイサム兄貴のかっこいいこと。生身の身体ひとつで飛び込むか、普通。それでもなんとかなる大いなる安心感。ある意味鮫映画としてみ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

最初のグダグダなゾンビ映画で、大丈夫?と思わせておいて、それすら伏線のとんでもなくやられた感たっぷりの素敵な映画。こんなにも笑えて、こんなにも感動できるなんて。この映画はすごい!

伏線回収のうまい映
>>続きを読む

>|