satoriさんの映画レビュー・感想・評価

satori

satori

映画(40)
ドラマ(0)

グッド・タイム(2017年製作の映画)

3.4


Oneohtrix Point Neverが音楽を担当しているということで知った映画。
2人の過去や事情は推測の域を出ないけれども、互いには互いしかいないという関係性が伝わり苦しかった。最後の捕まる
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.2


前作から監督が変わったこともあり、先が読める展開が多かった。ストーリーというよりもイェーガーと怪獣の戦いを純粋に楽しめる作品かなと思う。前作への愛やリスペクトは十分に感じられるため、同人作品という表
>>続きを読む

エコール(2004年製作の映画)

3.6


𝕀ℕℕ𝕆ℂ𝔼ℕℂ𝔼

白のシャツに白のプリーツスカートという統一された服装の中で、一際目立つ色違いのリボン。それに守られ、囚われる少女たち。
ミネハハも後に見たいと思う。

サウスパーク/無修正映画版(1999年製作の映画)

3.4


普通に再生したら関西弁で驚いた。字幕で見ることをオススメする。
当時のアメリカの社会的な背景をもっと知っていたら、より楽しめたと思う。
どこまでも下品なくせして、キャラクターがたまに見せる仲間思いな
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

3.6


キャロルの年齢や経験を重ねた美しさと、テレーズの青さの残る脆い美しさの衝突が、とても綺麗な映像とともに儚く映し出されていた。
今よりさらに同性愛に理解の無い時代の中で惹かれ合う二人が切ない。
タバコ
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.2


ファンタジーなだけでは終わらせない、これぞギレルモ監督といったような作品。
社会的・政治的背景や、身体障害・同性愛者・黒人など社会的に弱い立場の人間に対しての問題を落とし込んでいる。
イライザが話す
>>続きを読む

ミザリー(1990年製作の映画)

4.2


オバケよりも狂った人間の方が何倍も恐ろしい。
映像作品で「怖い、見たくない」と何度も途中で断念してしまったのはこれが初めて。
初めこそアニーのふくよかで人当たりの良い笑顔に好印象を受けるが、そこから
>>続きを読む

ロブスター(2015年製作の映画)

3.2


あり得ない設定でありながらも、どこか妙なリアルさがあった。パートナーがいる利点を淡々と教示するセミナー、無機質な性欲処理、どこまでも冷酷な女、森での異様なダンス、とにかく印象に残るシーンは多々あった
>>続きを読む

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

4.3


面白い構成でした。
馬鹿だなぁと笑ってしまう場面もあったが、平凡な日常への抵抗・普通じゃない何かになりたいという気持ちは痛いほどわかってしまった。
スペンサー役のバリー・コーガンの味のある演技に引き
>>続きを読む

>|