おさつさんの映画レビュー・感想・評価

おさつ

おさつ

映画(137)
ドラマ(5)

ユンボギの日記(1965年製作の映画)

3.0

“イ•ユンボギ 君は10歳の少年”

朗読に繰り返し織り込まれる台詞だ。

10歳の子どもの生の言葉なんだなと胸を打つ。
当時、ユンボギのような境遇の子どもが沢山いたことは間違いない。
ユンボギは日記
>>続きを読む

赤ちょうちん(1974年製作の映画)

3.2

シュールな重さに満ちてた...

秋吉久美子のピュアなメンヘラ感いい味出してた...
樹木希林はメイン役じゃなくてもやっぱ濃くて残るんだなぁ

精神病棟の看護師さんは本能の椎名林檎みたいだし(関係ない
>>続きを読む

愛のむきだし(2008年製作の映画)

4.5

4時間という長さからなかなかタイミングを見つけ出せなかった作品。
やっとやっと観た!!

満島ひかり可愛すぎる...
今回の安藤サクラは病みきった超絶厄介な役でした😇
でもやっぱり滲み出る危ない色気。
>>続きを読む

白河夜船(2015年製作の映画)

4.3

よしもとばなな原作の安藤サクラと井浦新とか良いに決まってる....!!

前に見た『かぞくのくに』もこの2人の組み合わせではまってた。

堕落しきった生活と無防備な安藤サクラ、最高でした。

井浦新と
>>続きを読む

風の外側(2007年製作の映画)

3.0

安藤サクラ見たさで。

ちょっと待って安藤サクラが制服!?
そう思いきや、まさかの安藤サクラの初主演作で21歳だと...
しかも監督は父•奥田瑛二、母•安藤和津までもが出演している一家集結の作品。
>>続きを読む

ある殺人、落葉のころに(2019年製作の映画)

4.5

これは難解...!
あの地下道とかよく通った場所で、地元感強く見られた。
北陵出身の監督という点も地元感満載。

サキは全体を俯瞰してる、実は一番重要な人物だったと思う。
見終わってから反芻して色々気
>>続きを読む

デザート・フラワー(2009年製作の映画)

5.0

後半は見るに耐えないシーンも...
未だに1日6000人も少女が割礼を行われてるって...本当に受け入れられない。

役者がとにかく美しかったです。
その美しさの奥には、抱えてきた苦難が垣間映し出され
>>続きを読む

島々清しゃ(2016年製作の映画)

3.8

心が温まった。
みんなで音を合わせる楽しさとか、吹奏楽時代が懐かしくなったな。

安藤サクラはまたいい味出してる😭✨
本当にバイオリニストみたいで、役者ってなんでこんなすごいんだろう。

沖縄離島のゆ
>>続きを読む

マージナル=ジャカルタ・パンク 2014年春版(2014年製作の映画)

4.0

父の影響で観た!

あったかくて優しくて、愛に溢れたかっこいいバンド。
行き場のない子どもたちを養ったり、その子どもたちもパンクに情熱燃やしてて、芸術がつなぐ力って大きいな。

みんなが自然に音を重ね
>>続きを読む

『ワナジャ』(2006年製作の映画)

3.5

まずこれが卒業制作と知って驚いた。

インドのカースト制のリアルを実感した。
シェカールの態度が許し難くて、何だよこのボンボンって思ったけど、高カーストに生まれた彼にとってはそれが普通で、そういう振る
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.5

よかった〜〜!
皆でなんか作っていくのって、観てても元気になる✨

全然関係ないけど、グレタのファッションがとても好み...

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.0

最後デュークへ放ったセリフがスカッとした!!
異様な世界への潜入は、見てる分にはワクワクする
KKK気持ち悪い.....
.
【6/4追記】
アメリカでの連日の騒動を受けて、人種差別の現実が浮き彫りに
>>続きを読む

太陽の下で 真実の北朝鮮(2015年製作の映画)

3.0

最後3分間のジンミが、北朝鮮で生きる心のあり様を収斂してると思う...

ジンミから、はたとこぼれる涙。
好きなことを思い出して?と言われても、
よくわからないと返す。
好きな詩は?と問われた時、
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.5

前半は本当胸糞で途中で見るのやめようかと思うくらいだったけど、最後まで見てよかった。
自分が信じきってた愛情の注ぎ方の歪みを身をもって実感した後の父の成長と、あんな洗脳環境で育っても父の変化を理解し包
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.5

登録忘れてた!
過去に鑑賞
レディガガの演技が秀逸だった記憶

ピザ!(2014年製作の映画)

4.0

スラム街に暮らす兄弟の、ピザを求めて奮闘する健気さにホロリ...
複雑な形でついにありついたピザを食べた後の2人の感想がちょっとスカッとした笑

聖者たちの食卓(2011年製作の映画)

3.5

家族が見ていたので。
巡礼のために何万人も集まってる光景がブータンに行った時に見たそれと同じで、懐かしい感じもした。

かぞくのくに(2012年製作の映画)

3.5

安藤サクラが大好きでどうしようもないので出演作を片っ端から見ていきたいこの頃。
今回も”安藤サクラ”としての自然体、でもその役に見事にハマってる演技が素晴らしかった。

井浦新の韓国語(朝鮮語?)が自
>>続きを読む

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

4.3

溢れ出すぎるほどの才能と、枠の中に収まる窮屈さ、けれど踊ることは好きすぎてやめられない、その葛藤の中で模索し生きるセルゲイの姿に惚れた。
インスタフォローした。
YouTubeで1000万回以上再生さ
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.5

おぉぉ〜ゾクゾクした🤤
怪しさ満点、でも美しい、明るい中の北欧独特の薄暗い感じが最高でした
(撮影地はブダペストとのことだが)
お爺さんになった美少年ビョルンアンドレセンとここで再会できるとは!
思っ
>>続きを読む

ビンゴ!(1991年製作の映画)

3.0

突っ込みどころしかないんだけど、犬が可愛すぎるからまあいいや🐕笑笑

ペット2(2019年製作の映画)

5.0

続編も最高に元気になる❤️😭✨
楽しすぎて2日連続で観ちゃった〜〜!!

ペット(2016年製作の映画)

5.0

あぁ〜〜犬飼ってる身としてはたまらない〜🤣✨✨✨✨✨✨✨

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

大学時代、韓国人の先生から韓国文化についての授業を受けていた。その時に『華麗なる休日』『大統領の理髪師』を観て、60年代、80年代の韓国の歴史について詳しく知った。

今回はまた、光州事件について描か
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

部屋真っ暗にして新年早々カメ止めからスタート!
伏線回収の勢いハンパなくてドタバタぶりに終始爆笑
でもって役者が良い味出しまくり!!

モノ作る現場のハチャメチャ感好き〜〜

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

クイーン、そしてフレディ尊すぎる....!!!

ひたすら、ひたすらに
感情が突き動かされる

きっとフレディは自分の運命とか全部
本能的に感じてたんだと思った
Live Aid で歌った曲の歌詞とか
>>続きを読む

しあわせのパン(2011年製作の映画)

3.5

深夜食堂と重なる
いろんな境遇の人がすーっと集まってきて、癒されて帰っていく

映像がひたすら綺麗
食べ物がひたすら美味しそう
絵本の延長線上のような構成
ブレンディ感

少女の伏線が最後の最後で回収
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

5.0

最初から最後までずっと泣いてた;;
プーさん&ぬいぐるみ好き過ぎて、どんなシーンでも涙腺緩む
プーたちがクリストファーロビンの娘とも出会えるのは幸せな展開だった
何もしないをすることが最高の何かに繋が
>>続きを読む

>|