小夜子さんの映画レビュー・感想・評価

小夜子

小夜子

映画(649)
ドラマ(17)

Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~(2017年製作の映画)

4.0

クリスマスキャロルの作者が、スクルージと対話しながら物語を編んでいくという表現が、ファンタジーと伝記ものを上手にMIXさせていて、ワクワクしました!

青の帰り道(2018年製作の映画)

2.5

夢があったり、なかったりする若者たちの青春群像劇。人生なかなか上手くいかないけど、私たちは元気です的な。

春待つ僕ら(2018年製作の映画)

3.2

爽やかな青春映画。惚れた腫れたの前に「夢に向かう彼と対等の立場になりたい…」と真剣に自分と向き合うヒロインに好感を持つ

グリンチ(2018年製作の映画)

3.5

健気な忠犬に、母想いの少女など、意地悪なグリンチの心を溶かすキャラに癒されます

愛と銃弾(2017年製作の映画)

3.2

荒唐無稽な"スパイ・ミュージカル"!イタリアの情熱がスクリーンから溢れ出ています

マダムのおかしな晩餐会(2016年製作の映画)

4.0

晩餐会に無理やり参加させられるスペイン人のメイドと、トニ・コレット扮するセレブ妻のチグハグなやりとりに大笑い。シチュエーションだけで好みです。愛を巡って、次第に立場が逆転していく展開に惹きつけられる。

喜望峰の風に乗せて(2018年製作の映画)

3.6

世界一周ヨットレースに参戦した素人セーラーの運命を描く、コリン・ファース主演作。予想外の方向に転がっていく物語に驚愕

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

クィーンのクの字も知らなかった私ですが、クライマックスのLive Aidに大感動!観客と一体になるってやつはこのことかと、これまでいったライブの中で一番心震えましたw

ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス(2018年製作の映画)

3.8

ふと映る彼女のアトリエや暮らしている部屋が、言葉にできないほどカッコ良い。

77歳の喜寿にして、少女のような軽やかな声で「世界を知りたい」と熱く語る様は、観ているこちらも込み上げてくるものがある。

メアリーの総て(2017年製作の映画)

3.7

SFの生みの親として独自の道を切り開く、エルファニに熱くなる。無謀な駆け落ちをするラブストーリーも◎。ちと、説教くさいのがたまにキズかな

おとなの恋は、まわり道(2018年製作の映画)

4.0

「ビフォア」シリーズのような会話劇なんだけど、話の内容が意地悪で下世話なのが楽しいです。キアヌもウィノナも期待を裏切らない

シシリアン・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.8

気の強そうなヒロインが良い!悲惨な事件をもとにしながら、悲しくて美しいラブストーリーが展開される

ブラ物語(2018年製作の映画)

4.0

あえてセリフを廃した、スラップスティックコメディ。拾ったブラジャーの持ち主を探す、初老の男の困り顔に笑ってしまう。やってる事はほぼヘンタイなんだけど(笑)、大事なブラが風で飛んでいくシーンが切なくて良>>続きを読む

体操しようよ(2018年製作の映画)

4.0

冴えない定年オヤジに成り下がった草刈正雄の、やつれた不精髭姿が衝撃でした(良い意味です)!木村文乃、きたろう、和久井映見、渡辺大知ら個性派俳優の演技も光る、ジーンと温かい物語でした

駅馬車(1939年製作の映画)

3.5

まずは、駅馬車に乗り合わせた、男女のキャラが分かりやすくハッキリしていて面白い。加えて、馬車で疾走しながら、アパッチ族と戦う場面は、今見ても迫力満点です。主人公とヒロインの恋愛がどうなるのかハラハラす>>続きを読む

ユーズド・カー(1980年製作の映画)

3.8

ゼメキス監督の初期作で、どこか「バックトゥザフューチャー」的なカットが多くて、熱い!!女性と中古車の扱いが、めちゃくちゃ過激で、時代を感じる

あのコの、トリコ。(2018年製作の映画)

2.6

恋する男の子が、カッコよく変身していくお話です。芸能界✖︎幼なじみの三角関係という、今時珍しいくらいのロマンチックなシチュエーションにクラクラします。

天才マックスの世界(1998年製作の映画)

3.5

マックスのアグレッシブさ、年齢を超えた友情が印象に残る。とぼけた調子のビル・マーレーもいつも通りいい味だしてるけど、なによりラストが言葉で言い表せないくらい良い

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

2.5

ブラックなギャグが散りばめられていて、笑ったり、笑えなかったり…。なにげに「ルーム」の天才子役が登場し、このギャグに一役買っている場面も

ホーム・アローン4(2002年製作の映画)

1.5

今度は、ハイテク機能を搭載した豪邸が舞台だが、張りぼて感あり(涙)

ホーム・アローン3(1998年製作の映画)

2.7

ベタなコメディなんだけど、国家機密が絡んでたり、改造おもちゃが登場したりと、意外とサスペンスフルです

ホーム・アローン2(1992年製作の映画)

4.0

セントラルパークの鳩おばさんの悲哀がわかるようになりたした

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.0

「沈黙」がホラー演出を一層盛り上げる!その一方で、しっかりした家族ドラマが描かれていて2倍楽しめます。些細な不注意が命取りになる感じがハラハラっ!!

散り椿(2018年製作の映画)

3.8

岡田准一と麻生久美子はただ向き合っているだけなのに、只ならぬ艶っぽさ!その雰囲気を出すために、時代劇の所作を意図的に崩しているそう。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.2

ルーカス監督のもと「アメリカン・グラフィティ」でハリソン・フォードと共演したロン・ハワードが、"ハン・ソロ"を撮るって事自体が胸アツ!

細かいつじつま合わせは置いといて…、私がスターウォーズに求めて
>>続きを読む

ストリート・オブ・ファイヤー(1984年製作の映画)

3.7

邪悪なデフォーに、扇情的なライブシーン。高温多湿の世界観は結構好きです。

羊の木(2018年製作の映画)

3.5

原作と映画は、主題が少しズレますが…
友情物語に舵をきったうえで、「偽善」に切り込む吉田大八監督の凄味!

>|