RyosukeSasakiさんの映画レビュー・感想・評価

RyosukeSasaki

RyosukeSasaki

映画(55)
ドラマ(0)

王になった男(2012年製作の映画)

3.9

韓国映画の振り幅は本当に凄い。
感動的に泣けるか、残忍すぎて気色悪いかどちらかだ。
どっちつかずの映画はホントに退屈で、振り幅が大きければ大きいほど韓国映画は面白い!

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

4.4

変な題名に釣られて観たら、スゲー面白かった。
桐島登場を待ち待ちに期待しながら観てたが、途中からそんなのどうでもよくって、指揮官を失ったかの如く、脆弱に乱れる高校生がたまんなく笑える。良作!

スターシップ・トゥルーパーズ(1997年製作の映画)

2.0

気持ち悪いのを、あえて楽しみながら観るもんなんだろうけど、脳みそチューとかもうウゲゲーッて感じでダメすぎた。

冷たい雨に撃て、約束の銃弾を(2009年製作の映画)

3.5

ジョニー・トーの作品は他に「EXILE 絆」しか観たことがないけど、楽しめるよ。

まほろ駅前狂騒曲(2014年製作の映画)

1.8

麿赤児だけが観てて楽しかった。
あとは何を楽しみに観てりゃ良かったんだ?

椿三十郎(1962年製作の映画)

4.7

黒澤明の映画で一番好きなヤツ。
三船敏郎のセリフのどれもが眩い。

用心棒(1961年製作の映画)

3.9

20年以上前に観た作品。
ずっとジャイアント馬場が出てたと思ってたが、ちゃんと調べると「羅生門綱五郎」という元力士の役者さんだった。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.6

妄想面倒女子を投影したかのようなアンモナイトの化石ってのはいいが、せめてカタツムリくらいでお願いしたい。

男は真っ直ぐ進むしか出来ん。
二はよー頑張った。

レオン/完全版(1994年製作の映画)

4.0

菜食主義者ナタリーへ告ぐ‼︎
食事はバランス良くやで!

まほろ駅前多田便利軒(2011年製作の映画)

2.8

1時間半あたりまでは良かった。
残り30分は観なくていいと思う。

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

1.9

天才少女出現のありがちパターンに、お茶目な演出のイェーガー‼︎
超〜偉い人なはずなのに、最前線で戦うチャイナガール。
なんだ、このバカ映画?

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.0

ダークナイトのナイトってのを、ずっと「Knight」でなく「Night」と思ってた。

恋しくて(1987年製作の映画)

3.7

19歳の時に観たこの映画を再び鑑賞。
すれ切ったオッサンになった今、「ケッ、現実はこんなんじゃないぜ⁉︎」な〜んて思うかと思いきや、やっぱ泣く!

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

3.6

デルトロ監督は本当に日本の特撮やアニメが好きなんやな。内容は単純だが、昔の日本の特撮を見てた者としては、やり合う感じがたまんなかったよ。

海街diary(2015年製作の映画)

3.5

しっかり者の綾瀬はるかに戸惑った。
あの人天然で有名なのに、ちゃんとしてやんの👍
原作が吉田秋生だから、間違いはない。

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

4.7

ミュージカル映画は好まんが、コレ観終わった後、1人泣きながら映画館でスタンディングオベーションしてた。感動したよ。

でも「ジャンバルジャン」を日本風に言うと「山本山」みたいなもんなのか?笑ける

君の名は。(2016年製作の映画)

3.2

大騒ぎする程のもんなのか?
最後はちょいとウルっと来たけどよ。

シャイニング(1980年製作の映画)

3.9

二十歳くらいに観たもんで、DVDじゃなくビデオテープだった。
スゲー怖かった。やめろよなー

キングスマン(2015年製作の映画)

3.5

結構、ちゃんと観た。
うん、面白かった。
首がドンドンパンパンと楽しめた。

百円の恋(2014年製作の映画)

3.8

可愛くない!けど、愛しく感じる安藤サクラはいい女だと思う。

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

3.0

キーラ・ナイトレイが美人すぎて、そこばかり観てた。皆さんの評価が高いのに驚き‼︎ エロオヤジ目線で何が悪い‼︎

百万円と苦虫女(2008年製作の映画)

2.9

んー
んー
上手く書けないって事は、オレにとってその程度なのかと。

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

1.9

当時CUTiEで読んでた岡崎京子の傑作品とあって期待して観に行ったが、ガッカリもいいとこだ。
二階堂のパイ乙でも採算あわねぇ‼︎
原作が90年代の作品だからって、オザケン音楽合ってねー
書きたい事は山
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

4.4

小津安二郎好きのカウリスマキとあって鑑賞。良いよコレ!

否定と肯定(2016年製作の映画)

2.5

2017年最後に観た作品。ようやくチケ消費完了!でもハズレたさ笑

我は神なり(2013年製作の映画)

3.1

純愛と残酷でしか韓国は映画が撮れないのか?極端に振り切った韓国作品は確かに面白い!1日3本鑑賞敢行の3本目。

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

4.3

寺山修司と天井桟敷を思い出したな。
1日3本鑑賞敢行で飛び込んだ2本目。
良かったぞホドロフスキー!

花筐/HANAGATAMI(2017年製作の映画)

4.0

大林監督の頭ん中を映像化するとこんな風になるんだなぁと観てた。吐き出せる事が素晴らしいね!

猫が教えてくれたこと(2016年製作の映画)

3.1

年末の映画チケ消費のために1日3本鑑賞敢行!第一弾がコレ!
お〜猫よ、お前ら可愛いぞ!

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.0

年内に映画チケを消費しなきゃと、ジャケ買い的勢いで飛び込んで観た映画。
当たりましたね!

>|