sazeさんの映画レビュー・感想・評価

saze

saze

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

4.4

おもしろかった!終わり方もほのぼので好き!地元が撮影地でさらに好きな映画となった!

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.4

始終泣きっぱなし。
無償の愛に出会った。人を愛すことがこれだけ人生に温かみを与えるものと。最後の終わり方がとてもよい。

新聞記者(2019年製作の映画)

3.3

官僚はずいぶん暗い所で仕事しているなーと。

阪急電車 片道15分の奇跡(2011年製作の映画)

3.6

心あたたまる映画!原作にある心理描写がちょっと少ない気がして物足りなさがあったかなー。

おにいちゃんのハナビ(2010年製作の映画)

4.3

ティッシュの山が出来上がった( ; ; )高良健吾くん好きだ…

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

3.9

ムカつくー全部時代のせいだ!と言いつつとてもとても素敵な映画でした。

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

3.9

友達に勧められてずっと観たかったけど、なかなか戦争映画を見るパワーがなかった。やっと見れた。妻の気持ちが痛いほど感じられて、辛かったー。そしてブラッドリークーパーの目が好き。

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.3

最後のシーンは圧巻だった。涙がぽろぽろ溢れた( ; ; )

コロニア(2015年製作の映画)

4.0

実話と聞いて、もっと歴史を知りたくなった。エマちゃんが好きで見てみたけど、予想以上に入り込んでしまった。

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

3.7

集中力が続かなかったからもう一度みたい!他文化を知れるのと、辛い時も笑いになるところがよかった。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

主役の男の子だけでなく、他の登場人物も魅力的。それぞれのストーリーがあって、話の進め方もよかった。

アンダー・ユア・ベッド(2019年製作の映画)

1.1

高良健吾くんが好きで前情報なくみたら、とんでもなかった。DVの描写が強烈すぎて、内容の良さが残らない。

>|