Yudaiさんの映画レビュー・感想・評価

Yudai

Yudai

SFを好んで観ます。スタンスとしては「まずはただ面白いかどうか」です。

映画(140)
ドラマ(5)

運び屋(2018年製作の映画)

4.0

実話を基にした本作、自身が御年88歳で監督かつ90歳の主役を演じるクリント・イーストウッドに期待したものがそこにしっかりとありました。彼の作品の中でもベストかもしれません。

崖を登ったり飛行機からダ
>>続きを読む

レプリカズ(2018年製作の映画)

3.3

うーーーーん、なんやろ。面白いっちゃ面白いのですが、同時に多くの違和感が残る。というか問題ありやと思われます。

ただまぁ、げに恐ろしきは人の業なりって感想を持たせられる意味ではありかもしれない。

アクアマン(2018年製作の映画)

3.3

進み過ぎた海中SFは宇宙SFとほぼ同一。戦争シーンはスター・ウォーズでしたね😂

アトランタの入口は格好良すぎなのと、エンディングは「欲しい!」と思ったのが劇中でのもっとも心が動いた瞬間な気がします。
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

3.5

歴史物かな?戦争物かな?と思ってあけた中身は大層豪華な昼ドラでした😂

文化や歴史の背景がわかる人にはここがおもしろいのだろうとピンとくる部分も多く、改めて観たいと思います。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.8

歌の力はすごい。

最後はグイグイくるので涙が出そうに。
世代の人たちはなおのことでしょう。実際横のおとうさんは涙されてましたし。

難しいですね。愛とか人とかって。

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.3

皆書かれてますが、この構成には舌を巻きますね。めちゃ面白い!

パソコンの画面を通して進めるという斬新さだけの映画ではなく、ストーリーも文句なし。伏線回収もお見事でした。

何かを表現する時にどういう
>>続きを読む

モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!(2018年製作の映画)

3.2

子供向けで観ていて楽しい!けど面白いわけではなかったです。バンパイアの娘と、その子供がとにかく可愛いかったですね。

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.5

機内にて。

メインのテーマで納得いかないことがあって、そこで前作が勝ると考えました。

ただ、それはともかくとして大きくなったり小さくなったり、他にないダイナミックさがこの映画のアクションの面白さ
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.3

なんやこれ!最高にCoolな映像のこの斬新さはアニメーションの新境地やろ。すごい!始まりから終わりまで、映像の格好良さが留まらない。どうやって作ってるのか、それは特許申請も頷ける…🤩

各ディメンショ
>>続きを読む

移動都市/モータル・エンジン(2018年製作の映画)

3.4

原作未読です。
中世ヨーロッパのスチームパンクSFかと思っていたら、現代社会が崩壊してからかなりの時が経った未来のスチームパンクSFでした。

なぜこうなったか、特に「都市群が移動して他都市を吸収して
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.1

観たくて観たくて仕方なかった本作をようやっと観られました。高まり続けた期待を見事に満足させてくれて、非常に面白かったですね!

しかしこれ、何重のメタ作品になってるのか。映画が終わってもそこからまた始
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.6

実話をもとにした本作。粗野で無骨で無教養な白人トニーと、知的で上品な天才黒人ピアニストのシャーリーが、トニーを運転手に迎えてコンサートのツアーを巡る出発から帰宅までのストーリー。

まずは第一声として
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.5

オリジナルやそのリメイクがあることはおろか、レディー・ガガが主演であることすら知らずに観てきました😅

初端でレディー・ガガであることに気づいたので「ガガ版ドリームガールズかな?」と思ってたんですが、
>>続きを読む

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年製作の映画)

3.4

物語自体が暗転しながらも、映画自体は私としては好転。映画独自のシナリオに変更しながらもうまくまとめていて「あ、やっとハリポタの映画楽しめる!」と感じました。

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年製作の映画)

3.2

このシリーズ全体にある駆け足感はどうしてもあるものの、それは良しとして、あくまで個人の印象での判断ですが、ムーディとダンブルドアが残念でした。
ムーディには、静かでも燃えたぎる怒りと知性のある厳かなキ
>>続きを読む

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年製作の映画)

3.2

前作までと監督が変わったからか、純粋に原作の分量が多過ぎてただ詰め込んでなぞる事すら映画一本に収められないからかは不明ですが、話の順番や、ゴールは同じながらも映画独自のアプローチに変えるなど、脚本が原>>続きを読む

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年製作の映画)

3.0

引き続き原作をなぞる映画。なぞること自体は何も問題ないのですが、結局説明不足になっているなぁと。そういったシナリオの無理がたたって純粋に楽しめない作品に。

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

3.0

原作のトレース。となると、映画一本に収まる分量でないためにかなりの駆け足に。ということで詰め込み感も説明不足感も相まって、色々と足りない無理がある作品になってしまっています。

ラドクリフとエマ・ワト
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ(2012年製作の映画)

3.8

続編を先に観てしまってるのですが、前日譚というスタンスで観ました。
子供に観せたい、終始可愛い映画ですね。ストーリーも文句なし!

大阪人としては、やはりビアードパパが出ていることが嬉しいやん😆って感
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

3.5

感想としては、子供向けReady Player Oneです。

ネット上のミームを取り入れるのはもちろん、画面の至るところにネタを散りばめていて面白い!懐かしのオールドゲームのキャラなどがたくさん出て
>>続きを読む

ロビン・フッド(原題)(2018年製作の映画)

3.2

話としては特筆すべき何かは特になく、「ロビン・フッドとよくある物語」と名付けたい。でも、しっかり作られてるので映像もアクションも良いとは言えます。

そしてやっぱりタロン・エガートンはイケメン。ただ私
>>続きを読む

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)

4.8

アメリカにて、映画館でラピュタを観ることができたので再レビューです。

純粋で素直な少年少女の冒険活劇として、これほど素晴らしい作品も珍しいですよね。
大画面で観る感動は、本当に引き込まれるようで、い
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.7

一般公開に先駆けてファンイベントにて観てきました!
前作にも増しての魔法てんこ盛りでファンタジーなのかアクションなのかと悩ましいですね!そしてニフラーの可愛さも更に増していました😍

やっぱりダンブル
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.5

基本的にはメインキャラが魅力的で、魔法動物達も好奇心を煽る感じでよいですが、どうしたって最初の導入が必要となって、軽さがみえるかなーと。

ただ、とはいえこの映画好きです。エディ・レッドメインが表現す
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.5

Venom自体のキャラがよく、またトム・ハーディもさすがの演技でしたが、ストーリー構成はいいのやろうか。

とりあえず序盤の葛藤もいまいち真に迫らないとうか足りないというか。最後の敵さんとの絡みもやっ
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.6

サンフランシスコ、Fullest IMAXにて。

この監督の作品のセッションもララランドも好きなのでもちろん楽しみにして行きました。セッションで感じた手に汗握る狂気ではなく、全体的に重い緊張が継続す
>>続きを読む

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

4.8

アメリカにて、映画館でリバイバルがあったので、公開年以来の映画館での再鑑賞からの再レビュー。

この一年アメリカでいくつかのジブリ作品を映画館で観てきましたが、終了後に拍手が生まれたのは本作品だけでし
>>続きを読む

トランスフォーマー(2007年製作の映画)

3.7

さすがのアメリカアクション映画。もはやお約束のストーリーなので見ずとも結末がわかる話ですが、それでもトランスフォーマー達が画面狭しと暴れまくる戦闘シーンは一見の価値ありですね。
好き過ぎる人たちがいる
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

5.0

Cool Japanimation の代表であり金字塔であり生きた伝説、30年前の作品であることを考えると加えてオーパーツである本作。どれほど見ても色褪せない格好良さが確かに存在します。

映画を観た
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.8

前作より断然面白い。ちょい役で「え?今の、え、今の彼やろ?!」となったり。エンドロールまでネタ満載で、是非子供には見てほしくないですね。笑

老人Z(1991年製作の映画)

3.7

まだ未就学児だった頃にテレビで観た記憶があり、大学の時にふとフラッシュバックされた記憶を頼りに見つけて観れたという思い出深い(?)作品。

そんなことはどうでも良くて本作品ですが、今でも通じる主題をコ
>>続きを読む

もののけ姫(1997年製作の映画)

5.0

先日、初公開年の夏以来となりますが、機会あって映画館で「もののけ姫」を再鑑賞。と言う事で再レビュー。

アメリカの映画館なので非日本人が多い中でしたが、緊迫のシーンなどは息を呑む音が聴こえるかのごとく
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

話そのものは普通ですが、非常によかった。

ギフテッドな子供であるメアリーの話かと思いきや、その天才性にフォーカスをおくわけではなく、またメアリーをがっつり中心とするわけでもなく、あくまで「子供の幸せ
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

3.8

1を観たあとすぐに2を観てたのにポスト忘れてました。もうてんこ盛りのアクションで、私もいつしか「バーフバリ!」と叫んでいたとかいなかったとか。2だけでも楽しめるし2で話題になったのもよくわかる作品でし>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

2.8

世界観は好き。全体的に可愛い、もしくは幼い印象。子供時分に観たかったかな。でもそうすると内容と年齢に乖離が。つまりそれが私の感想です。

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

4.0

音楽はLOVE&PEACEである。という映画。湯浅監督のアニメらしいアニメでファンにとってたまらない映像。めっちゃ好きです。

>|