marikoさんの映画レビュー・感想・評価

mariko

mariko

人が死なない映画がすきです。

  • List view
  • Grid view

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

5.0

せりふが気持ちいい。
絶妙な間が癖になる。
みおわった直後に
もういちど、丁寧に見直したいと
おもった。

ジゴロ・イン・ニューヨーク(2014年製作の映画)

3.5

ウディ これは僕の持論だけどね、(恋愛において)相手の言葉がわからないっていうのはとてもいいことだと思うんだ。

もしも君に恋したら。(2013年製作の映画)

3.5

ダニエルラドクリフの新しい一面。魔法使いじゃなくて普通の人でもとっても魅力的。

奇跡の2000マイル(2013年製作の映画)

4.0

アダムドライバーに惹かれてみた。けれどもなにもない砂漠にいくからこそ、誰かの優しさに素直になれるんだと思った。
撮影大変だっただろうなあ。

ローサは密告された(2016年製作の映画)

2.5

フィリピンの貧しい暮らしがリアル。その場にいるような感覚になった。お金をかりたり、お金が物をいったり、足りないものが明確な社会。

マイレージ、マイライフ(2009年製作の映画)

3.5

ジョージクルーニーと青が、少し切ないかんじで頭に残る。

SHINOBI(2005年製作の映画)

3.0

中学生のときにみて素直に泣いてしまった。

ONCE ダブリンの街角で(2006年製作の映画)

2.5

ジョンカーニーはもっともっといいものをこの後に作る!

私がクマにキレた理由(わけ)(2007年製作の映画)

3.0

スカヨハの、セクシーだけどさばさばしてる演技が活きてる。

マスク(1994年製作の映画)

2.5

すごく小さい頃に見て少しトラウマになった。

パプリカ(2006年製作の映画)

3.5

ちょっとした非日常。
はっきりとした夢の世界。
ごちゃごちゃ。

ストレイト・アウタ・コンプトン(2015年製作の映画)

3.5

自分の真反対にいるような気がするひとたちなのに、全く違和感がなく最後まで見られた。

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

4.0

一瞬のキラキラした夏。みんなもってるはずの記憶。

幸せのちから(2006年製作の映画)

3.0

お父さんは、自分のお腹から出てきてなくても自分の子をどうやって愛すのだろうという問いに答えてくれた。

サーミの血(2016年製作の映画)

3.5

民族浄化の歴史を垣間見た。ヒロインの目つきが記憶に焼き付いている。

>|