しーまんさんの映画レビュー・感想・評価

しーまん

しーまん

レビュー書き始めました

映画(468)
ドラマ(0)

主人公は僕だった(2006年製作の映画)

2.6

設定は面白いんだけど、途中で眠くなった。
チャリの少年はもっと公園で練習したほうがいい。

トータル・リコール(1990年製作の映画)

3.0

ひたすら、き◯んたまを蹴られるシュワちゃん、変顔をするシュワちゃんがみれる映画です

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

4.0

前作よりグレードアップしてて楽しめました。
トランプが行き来するシーンは見ててハラハラした。
このシリーズの、高度な中二病感が少し苦手なんだけど、それでもトリックやマジックの技術が華麗だから全然みれち
>>続きを読む

ラッキーナンバー7(2006年製作の映画)

3.5

豪華俳優の活かし方がすこしもったいないかな〜とおもったりもしたけど、ストーリーの組み立て方がよかった。

猿の惑星(1968年製作の映画)

3.5

中学の担任がネタばらししてからみたので最後の衝撃がなかった。今でも軽く恨んでいる

おとなの事情(2016年製作の映画)

4.0

恋人・友達の携帯に来るメール・電話を隠さずにみんなでみようぜ!!って映画なんだけど、言い出しっぺの女もやましいところあるのに音頭をとるからサイコパス臭を感じる。
面白いけど絶対に1人でみなきゃだめ

キラーコンドーム(1996年製作の映画)

3.2

歴史に残るB級映画。
ブツが食いちぎられていくのがひえってなるけど、キラーコンドームのビジュアルがだんだんかわいくみえてくる。
主人公のラブロマンスが唐突で面白い

ザ・プレイヤー(1992年製作の映画)

3.8

油断してると大物俳優が出てくるから気が抜けない。
ハリウッドお得意のハッピーエンドの皮肉り方が最高。

悪童日記(2013年製作の映画)

2.9

ただひたすら重い。
双子が可愛くてショタに目覚めるかと思った。
登場人物ほぼ全てがあまり幸せでない最期を迎えるけどそこがこの作品のいいとこ

ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション(2003年製作の映画)

3.6

アニメと実写が融合した作品。
最初は暇つぶしでみてたのにドタバタ感がだんだんはまっていく。
最近WBのスタジオツアーにいったから今みたらさらに面白いかも

>|