かなこさんの映画レビュー・感想・評価

かなこ

かなこ

82年生まれ、キム・ジヨン(2019年製作の映画)

5.0

何気ない言葉、悪気のない善意、作られた偏見。少しずつ彼女が壊れてしまった。

観ながら苦しくなった。これからの自分を見ているようで、これまでの自分を観たから。

理大囲城(2020年製作の映画)

5.0

ついに観れた。
理工大学の攻防を外から撮った映像は観ていたが、中から観ると、この出来事がなんだったのか、理解に少し近づく。

考えることが多すぎる。
また改めてこの映画の意味を考察したい。

劇場版 きのう何食べた?(2021年製作の映画)

-

ドラマも大好きでスペシャルも全部観た。

日々の食事はみんな同じように嗜むもの。
同性愛者が経験する苦悩も、ステレオタイプとして描かず、日常の中の出来事として描いている。

とりあえず最高、大好き。

少年たちの時代革命(2021年製作の映画)

-

12/10、12/17と2回この映画を観た。

◯香港人というアイデンティティ
香港人としてのアイデンティティは、近年になって芽生え始めたものである。2014年の雨傘運動から、「香港」という空間に生き
>>続きを読む

>|