ちくわさんの映画レビュー・感想・評価

ちくわ

ちくわ

  • List view
  • Grid view

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.4

マックがこんな経緯できたとは全く知らず鑑賞。
欲しいものは自分の手にしなきゃ気が済まない人間っているよね。
ウルフオブウォールストリート見たことあると、やや霞んで見えるのが本音、、

コンタクト(1997年製作の映画)

3.6

宗教と科学というありがちな二項対立を分かりやすくSFに落とし込んだ映画。
そこを深掘りして欲しかったな〜〜
20年も前の映画なのに楽しめる。

エブリシング(2017年製作の映画)

3.1

主役の2人は良かったけど、オチがなんとも…途中から読めたし、そもそもそのオチだと物語の良さ半減じゃない?と思った、、

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.3

事実は一つしかないけど、真実はいくらでもあるってことを伝えたい映画なのかなと思う。
鑑賞者の解釈に幅をもたせた作品で、だいぶ終わり方がモヤモヤするので、そういうのが嫌いな人には向かないかも。
役所広司
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.6

おもしろかった!
思っていたよりキャスト采配が上手くハマっていたし、原作にあるギャグだけでなくて新しいネタも詰め込まれてて、原作ファンでも純粋に楽しめた。

佐藤二朗が本当にずるいし面白すぎる(笑)
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

3.9

このアイディア思いついて形に出来るのすごいなあ
細部を見ると?となる部分もあるけど、全体の構成が良い。
何回見ても面白そうな映画。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.0

レオナルドディカプリオかっこよすぎないか???
演技力とんでもねえ〜〜
知的でカリスマ性があって魅力的な役柄がベストマッチ。
時系列の構成が絶妙。
人物像を描くのが上手い。
フランクは愛を欲していたん
>>続きを読む

あの日、兄貴が灯した光(2016年製作の映画)

3.6

the韓国映画って感じ。
ストーリーの浅さは気になったけど主役二人の演技は良かった、、
二人の絆が深まっていく過程の描写が自然で、前半のシーンがとても良い。泣いたのは後半部分だったけど、、

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.0

原作とちょっとずつ違っていて、でもそれがガッカリ感に繋がらず、むしろプラスに働いてた。
エマワトソンは美しいし、ガストン役の人はガストンそのもの(笑)
音楽・映像素晴らしい。
晩餐のシーンは圧巻。キラ
>>続きを読む

キック・アス(2010年製作の映画)

3.5

ポップに殺す爽快感。
アクション苦手だけど楽しめました。

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.5

笑って、泣ける、胸踊るミュージカル。
でもそれだけじゃなくて、ランチョーを通して発せられるメッセージ性、そして散りばめられた伏線を回収していく巧みさを兼ね備えてる、観客を楽しませてやまない映画。
自分
>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

3.6

構成すごいなと思った。
最後の機長が反駁するシーン良い〜〜

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

夜の天文台で始まった恋は、昼の天文台で終わりを迎える。互いの夢のために道を切り拓いて、互いの夢のために別れる。
店の名前はセブス、チキンじゃなくてお酒がウリ。あのシーンは本当に泣けた。
ただミアが結
>>続きを読む

Mr.インクレディブル(2004年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

テンポが良くて、ユーモアもあって、分かりやすくメッセージ性もあって、純粋に楽しめるし感動できる映画だと思った。
家族愛の大切さと、自己解放。
マントのくだりとか地味に布石が散りばめられててすごかったし
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.3

アクションが特段好きではないからか、たいして面白さが理解できなかった。
映像の迫力はすごかったと思うが、日本社会への風刺は割と薄っぺらで中身がないように感じてしまった…
石原さとみの違和感。上手くもな
>>続きを読む

トイ・ストーリー2(1999年製作の映画)

3.8

キャラクター・CG・映像すばらしい!
何度見てもワクワクする〜

美女と野獣(1991年製作の映画)

4.1

プリンセスって割と性格がおや?ってなるキャラクターいるけど、ベルは本当に素敵な女性。音楽良い。

バクマン。(2015年製作の映画)

2.8

小松菜奈のスタイルの良さに度肝を抜かれた記憶。
エンディングは良かった。原作読まない方が楽しめる映画だと思う。

カンナさん大成功です!(2006年製作の映画)

3.3

キムアジュンかわいい…
自分がブサイクだから感情移入して泣けた。
自分は偽れない。

ヒトラー 〜最期の12日間〜(2004年製作の映画)

3.4

首都陥落寸前のドイツ、ヒトラーのもとを離れていく部下、崩れていく組織を描いた作品。
戦争が生み出す狂気、、恐ろしい。
わたしたちの世代は最後の秘書の方のセリフを教訓としていかなければいけない。

スティーヴン・キング ファミリー・シークレット(2014年製作の映画)

2.0

スティーヴンキング原作というのに惹かれて観てみたけど、イマイチ…。
夫の秘密を知った妻の内面的な葛藤の描写がされるわけでもなく、ハラハラするサスペンスなわけでもない。中途半端で退屈。
驚かすパターンが
>>続きを読む

華麗なるギャツビー(2013年製作の映画)

3.8

演出・映像美がすごい。
レオナルドディカプリオかっこよすぎないか?? ギャッビーの登場シーン忘れられないなあ〜
ストーリーにはあまり共感も感動も出来なかったかも。

DEATH NOTE デスノート the Last name(2006年製作の映画)

3.3

原作とは全く違う結末だけど、むしろこっちの方がうまくまとまってて好きです。
キャストがよかった。

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.0

ベンみたいに歳をとりたい、映画を見終わったあとにみんな考えると思う。
常備しているハンカチは自分のためじゃなくて、人のために。そんな素敵な人になりたい。
良い映画だった〜

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

4.0

いや〜ファックって言い過ぎ(笑)
ストーリーは単純で、見る前からある程度結末を知ってたのにその割には魅せられた映画だった。
ディカプリオの演技はすごいけど、最後のまとめ方が何とも。そのカットで終わるの
>>続きを読む

悪人(2010年製作の映画)

3.9

主役の二人の演技もすごかったけど、樹木希林・柄本さん・満島ひかりの演技に圧倒された。
悪とは。人はひとりでは生きられない。

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年製作の映画)

3.6

頭をからっぽにして見れる映画。
友達と一緒にポテチとコーラをお供に見るくらいがちょうどいい。
なんだかんだのハッピーエンド感が好き。

ダーリンは外国人(2010年製作の映画)

3.0

原作をうまくまとめるのが難しかったのかなという印象。
特に最後の方は煮詰まってる感でてる。
全体的にはほのぼのできる映画。

美女と野獣 ベルの素敵なプレゼント(1997年製作の映画)

3.9

小さな頃、クリスマスによく観た。
音楽が特に好きだった。
ひいらぎ飾ろう〜♪

>|