Ryoさんの映画レビュー・感想・評価

Ryo

Ryo

映画(77)
ドラマ(0)
  • 77Marks
  • 9Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

4.0

レバノン住人とパレスチナ難民の些細な喧嘩があれよあれよと民族紛争にまで発展していく過程が面白い。

本人たちよりも弁護士やマスコミが騒ぎ始めるのだけど、個人として向き合ったら解り合えたかもしれないのに
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.0

なぜかわからないけど、音立てると変な生き物に殺されちゃう設定。

セリフもないから字幕もほぼないし。

超怖くて、面白かった!
ホラー映画はあんまり見ないけど、ホラーって感じでもなく、音だけでビクッと
>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.3

王道のシンデレラストーリーでシンガポールを観光した気分。

ハリウッド映画なのにキャストは全員アジア人っていうのが新鮮でよかった。

しかもヒロインは特別美人でもないし、胸の開いたドレス着てるのにまな
>>続きを読む

散り椿(2018年製作の映画)

3.1

雪の中での殺陣が美しかった。

静寂が心地いい映画。

寝てもうた。

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.0

こんなタイ映画初めて!ハラハラドキドキ、面白かった。

切れ長で九頭身のリンが魅力的。お父さん、ポップアイで象と旅してたおじさんじゃないか!いい味出してる〜。

カンニングもこんなに進化してるのね〜。
>>続きを読む

食べる女(2018年製作の映画)

3.8

休業前のキョンキョンを見納め。もっとたくさん出て欲しいけど。

ごはんが美味しそうな映画は幸せな気分になる。

なかなかの豪華キャスト。見応えはあるけど、美女がいっぱい出すぎてちょっと名脇役的存在がい
>>続きを読む

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

4.0

80年代の韓国の街もファッションも建物も警察署内も、たぶんものすごく忠実に描かれているのがすごい。

「タクシー運転手」と同様に、ほんの30年前に韓国でこんなことがあったなんて、恥ずかしながら全然知ら
>>続きを読む

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

3.5

安田顕さんと木野花さんが凄かった。アイリーン役の女の子もとてもよかった。

フィリピンの若い女の子をお金払って嫁にして日本のど田舎へ連れてくるっていうのは実際ある話なんだろうけど、やっぱりそれって無理
>>続きを読む

泣き虫しょったんの奇跡(2018年製作の映画)

3.6

プロ将棋棋士への敗者復活戦。

じわじわ感動した。
次々と出てくる豪華俳優陣も楽しくて見てて飽きない。
いろんな人と出会い、後に恩返ししていく姿が美しい。

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.9

かつてこんな青春が、こんな夏が、あったようななかったような。

映像が美しい。

石橋静河の圧倒的な存在感。顔の造形と骨格が綺麗。あと、歌が上手くてびっくりした。
踊ってるシーンが好き。

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

4.1

想像以上にすごいよかった!
こんなに号泣するとは思わなかった。

コギャルとかTKをフューチャーし過ぎてどうなんだろう?って思ったけど、ストーリーがめちゃくちゃよかった!
やっぱりオザケンは最高だった
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.4

迷子になってからの生き延び方がすごい。

故郷を探し当てるのも然り、基本的に頭がよかったんだろう。

あんな子どもだったら泣いて途方にくれるだけだよ、普通。

インド、怖いなあ。

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.7

恋愛のヒリヒリした感じを思い出して苦しくなってしまった。

ストーリーは東出昌大が二役やってる時点で幻想的でもあるけど、目の前の大事な人をなぜか傷つけたくなったりして、元の状態に戻れなくなる危うさにぞ
>>続きを読む

皇帝ペンギン ただいま(2017年製作の映画)

3.1

不思議な生態系。
過酷な環境の中で、なぜあんな大変な子育て出来るんだろう。

グレーのもふもふが可愛い💕

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.0

コンパクトにまとまり過ぎて、前半のセリフの速さとインパール作戦の絡みについていけなかった。でもこれ以上長いと寝ちゃう。

ニノはうまいなあ。引きこまれた。
木村拓哉はカッコよすぎちゃって、なんかリアリ
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.1

恋多き女!(前作未見です。)

どこかで見たことあるお嬢さんだなあと思ったら、ベイビードライバーの!リリーさん。とっても魅力的で出会う人たちみんなを虜にしてしまう笑顔に有無を言わせず納得‼︎

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

2.7

夏休みももう終わりかあ。


原作、こんなだったっけ?
2時間がものすごく長く感じた。

エンディングの宇多田ヒカルが切なくてよかった。
蒼井優もわりとハマっててよかった。

ポップ・アイ(2017年製作の映画)

3.0

おじさんと象という斬新な組み合わせが気になって見たロードムービー。

タイの田舎道に癒された。象が道を歩いてるなんて、もう日本では見られない風景。

2重螺旋の恋人(2017年製作の映画)

3.2

とにかくマリーヌ・ヴァクトがどの角度から見ても美しくて見とれてしまう。

伏線がいろんなところに張られていて、一回だけではよくわからないかも。

ただ、意外と人間の根源的なところを突いているのかもしれ
>>続きを読む

菊とギロチン(2016年製作の映画)

3.5

大正末期、警察より軍事が威張っていた頃の女相撲の事もアナキスト達が革命だと言って熱に浮かされていた事も、日本のこの時代のこと、何も知らなかった。

東出昌大の演技と女相撲の女性たちの生き様が印象的だっ
>>続きを読む

悲しみに、こんにちは(2017年製作の映画)

3.3

両親の死、新しい家族。
誰も悪くない。

ただ、6歳の少女にはあまりにも残酷な現実。受け入れるしかない。悲しみはふとした瞬間に現れる。

しかし、子どもたちほ演技とは思えないくらい自然だったなあ、

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.3

暑い日にピッタリの一面の雪景色のサスペンス。

アメリカ、広すぎる問題ね。
先住民居留地で先住民の女性がレイプされ殺される。
広大の土地に警察は6人しかいない。だから殺人やレイプかあっても犯人は捕まら
>>続きを読む

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

4.1

主人公はドイツ人でルーマニアの石油を採掘する仕事。かなりのエリート。でも全然幸せそうじゃない。同僚とのセックスも然り。

なぜなら、ルーマニアの貧困層の人々から搾取しているのを見て見ぬふりをしているか
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

2.9

発想はすごい。

星野源の声はとてつもなく優しい。

長男長女は、まず下に兄弟が出来た時に自我が芽生えるんだろうな。

これから子ども産んで家族を作っていく人にはいいかも。
あそこまで、ザ家族を押し
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.8

安定の面白さ。
しかし、大胆なエンディング。
次回作は恐怖しかないっ!

グッバイ・ゴダール!(2017年製作の映画)

2.8

ステイシーマーティンが可愛すぎて魅力的。ファッションが素敵過ぎる。

これから咲く19歳と枯れていく37歳のゴダール。なんか切ない。


しかし。映画か革命か。

政治的背景のセリフが全く頭に入ってこ
>>続きを読む

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

2.8

カオス。町田康の原作をクドカンが脚本にするとこうなるのかあ。

キャストが豪華すぎるし、めっちゃお金かかってる超大作なのにあんまり人が入ってなかったわ。

主人公の綾野剛をなぜか愛せなかったな。でも永
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.0

エマストーンがすごくよかった。
かっこよかった!
テニスの試合のシーンは魅了された。

こんな事、実際あったのかあ。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.3

夏の風物詩。

単純にハラハラドキドキ楽しめました。
あの曲が聴けるだけでテンション上がる。

フジコ・ヘミングの時間(2017年製作の映画)

4.0

まさに奇跡のピアニスト。
生い立ちが謎で知りたかった。

14歳の絵日記が素敵。
デザイナーだったドイツ人のお父様譲りなんだろうな。

とにかくピアノの音色が素晴らしくて感動した。

行方知らずになっ
>>続きを読む

君が君で君だ(2018年製作の映画)

3.8

松井大吾監督は、いつも私の感性にないものを見せてくれます。
池松壮亮もすごいなぁ。

>|