千紅葉さんの映画レビュー・感想・評価

千紅葉

千紅葉

きみはいい子(2014年製作の映画)

4.2

期待ゼロで見始めたが、つい見入ってしまった。先生にはオススメ。
本音と建て前、見栄と現実、それぞれ誰もが持ってる感情を子供達を中心に描いていた。
「いい子」になりたいのは誰なのか。

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.5

グロかった。
しかしまあストーリーは面白いかも。
心の動きはとても細かく描写していて分かりやすい。

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.9

浜辺の演技がとてもキャラクターに合ってる。小説を読んでからの鑑賞だったので違いを比べられて面白かった。小説を読んでからの方が心情がイメージしやすくていいかも

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

3.5

化物語ファンとしては声優、映像が好き。ストーリーはイマイチかな。結局最後まで話の本筋が見えなかった。

ジャッジ!(2013年製作の映画)

3.2

コミカルなリズムとテンポで話が進んでいくのが面白い。ただなんか欠ける。

サンブンノイチ(2013年製作の映画)

4.0

品川監督とあって、掛け合いがコントみたいで面白い。内容もスピード感があって面白かった笑
見ている人の裏の裏の裏をかいてくる。


第2弾出たらぜひ見たい。けど田中聖もう出れないな笑

タッチ(2005年製作の映画)

3.8

原作知らない身としては面白かった。
長澤まさみも可愛い。

江ノ島プリズム(2013年製作の映画)

2.7

ストーリーは明快。
けど、、なんだろう、、
王道ストーリーを盛り込みすぎて何が軸なのかわからなくなった感じはある。
恋愛?友情?SF?

ちょっと今から仕事やめてくる(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

話の流れがベタで分かりやすい
単調に感じた
一個一個のセリフはいくつか良いのがあった

ヒミズ(2011年製作の映画)

4.0

結構好き。
人のために生きたい、人の役に立ちたいそういった思いを強く感じながらも、現実を変えることもできず平凡に毎日を過ごす。
そんな平凡な毎日を親に壊される。
結局人は人との関わりから逃げることはで
>>続きを読む

苦役列車(2012年製作の映画)

2.9

ひたすらクズの映画
生きるのに必死で、必死だからこそ周りが見えなくなる。
でも時間が経って振り返ると、自分のやったことに後悔。
後悔するけどまた必死になる。
アダルトチルドレン、大人になりきれない劣等
>>続きを読む

そのときは彼によろしく(2007年製作の映画)

3.5

感動できる場面がいくつかあり、面白かった。豪華俳優陣の演技がとてもうまいなあと感じた。ストーリーは明快で、とても気持ちよく話が進んでいく。

風が強く吹いている(2009年製作の映画)

4.0

小出恵介の真っ直ぐでみんなを突き動かす言葉がかなり効いている。
ああいう真っ直ぐな人になりたいなーとつくづく思う。
10人それぞれの思いを語るにはとても時間が足りなく、なんとなく終わってしまった印象。
>>続きを読む

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

2.0

そんな面白くなかった。
一人一人事情を持っていて必死に生きているのは分かった

orange(2015年製作の映画)

3.7

純粋の青春もの。
友情、恋愛、純粋にいいなあって思えた。
原作とは少しストーリー変わっていた。
土屋太鳳の演技は正直あまり好きになれなかった。演技して控えめな弱気な女の子を作っている感がすごくあった。

私の頭の中の消しゴム(2004年製作の映画)

4.0

2人の純愛を中心に描いていて面白かった。
若年性認知症について知ろうと思ってこの映画を見たがかなり残酷だということが分かった。自分のできないことが増えていく、分かっているのにどうしようもできない、やが
>>続きを読む

ピースオブケイク(2015年製作の映画)

3.0

恋愛映画の面白い要素をふんだんに取り込んでいる。多部未華子は可愛かった。
「ほら、この世界にはちょっと見渡せば、自分より大変な人はいっぱいいて、自分の悩みなんてちっぽけなもんで」
本編にはあまり関係な
>>続きを読む

>|