Sentokunさんの映画レビュー・感想・評価

Sentokun

Sentokun

主に洋画、ごくたまに邦画。
音楽系、マフィア・ギャング系、宇宙人系、ゾンビ系、ピュア系が好きです。
ジャンルは特に問いません。何でも観ます。
感じたままを書きます。ストーリー紹介はしません!そこはプロにお任せで(文才ないのでw)
感じた事を共有出来たらと‥。
オススメして頂けると嬉しいっす!

映画(331)
ドラマ(0)

ザ・クライアント 依頼人(1994年製作の映画)

4.1

久々の鑑賞でもクソおもろい!

ジョン・グリシャム原作の90’sサスペンス。

女性が活躍する映画は銃を乱射するやつより頭脳と度胸で勝負するやつの方が絶対面白いですね。

注目するべき所は悪役バリーの
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.4

個性的な作品の多いソダーバーグ監督、彼のユーモアが好きです。

“ストーリ”とかいうカクテルを作る描写は圧巻。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.5

内容はさておき、映画としては個人的にはそこそこ。

仕事に対するモチベーション、パッションは強く感銘を受けた。

明日から仕事頑張ろう!

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.6

流石はスピルバーグ印。テンポ良く飽きずにハイセンスな編集を堪能出来ます。

デカプリオにトム・ハンクス、クリストファー・ウォーケンと豪華俳優陣が個性的なキャラ揃いで楽しめます。

ロードキラー(2001年製作の映画)

3.4

シンプルでコンパクトにまとまってて良い。

2度目の鑑賞でもハラハラドキドキ。

この手のジャンルはお色気シーンが欲しいのは自分だけ?

ダイ・ハード3(1995年製作の映画)

3.9

シリーズの中で2番目に好きな作品。

これ以降はガッカリなやつばかり‥。

パート6が出ても‥観るけどね。

本作はガチの爆破シーンも多く時代のせいかCGは少なめ。

サミュエルとの掛け合いもいい感じ
>>続きを読む

ハービー・ハンコック ポシビリティーズ(2006年製作の映画)

4.2

こんな映画があったとは‥

ハービー・ハンコックの衰える事のない音楽への探究心には脱帽です。

YouTubeで若手アーティストとJAMしてる動画は結構観てたけど、この作品は異色コラボが多くて、その化
>>続きを読む

28日後...(2002年製作の映画)

3.5

ダニー・ボイルがまさかのゾンビ映画を撮る?当時は驚きと興奮を隠せませんでした。

起承転結がゾンビ映画マナーを守ってて、好感。しかし、オチはまさかのハッピーエンド?

絶望的なオチだったらスコアはプラ
>>続きを読む

ブラッド・ファーザー(2016年製作の映画)

3.4

ジャケのダサさにいい意味で裏切られたパターン。

終始地味ではあるが、ハードボイルド感満載の激シブ映画。

メル・ギブソンがいい味出しとる。

ブルース・ウィルスとメル・ギブソンはズタボロでボコボコに
>>続きを読む

ベガスの恋に勝つルール(2008年製作の映画)

1.3

メンヘラ系女優とポンコツ系男優のどーでもいい内容で、笑いもそこそこ。

過去に観たことあったけど、すっかり内容忘れてた。それもそのはず。

クローバーフィールド/HAKAISHA(2008年製作の映画)

3.7

この手法が好きなだけです。

POV系って最後は破滅的な終わりを必ずするの何故なんだろうか?

でも、そこが好き。

サウンド・オブ・サイレンス(2001年製作の映画)

3.3

ぼちぼち。

ブリタニー・マーフィーはやっぱりかわいいっすね。

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.8

登場人物が全員魅力的でストーリーも見応えあって面白い。

ただマーク・ウォルバーグの配役だけは納得いかん。

マーク・ウォルバーグじゃない他の人で良かったのでは?しかも特にいい仕事してる訳でもないしw
>>続きを読む

沈黙の戦艦(1992年製作の映画)

4.0

90’sアクション映画の王道。

今観ても見応えあってハラハラ感あり!

初見の時、まだ小学生だった自分にはプレイメイトの金髪チャンネーは刺激が強すぎて下半身は沈黙出来なかった‥。

セガールの包丁使
>>続きを読む

エイリアンVS. プレデター(2004年製作の映画)

3.0

中盤でエイリアンとプレデターが初めてバトルするシーンが頂点。そこからはダダ下がり。

途中まではすげぇ好きなんだけどなぁ‥。勿体ない。

トンネルをプレデターと女が駆け上がるシーンはシュールな画で何度
>>続きを読む

プロメテウス(2012年製作の映画)

3.8

回を追うごとにつまんない作品になるのはシリーズ物の性。エイリアンシリーズもそれ。

しかしプロメテウスだけは好きだなぁ。たしかにコヴェナントは超微妙だったけど。

今見返すとキャストも豪華だし、内容も
>>続きを読む

ダークタワー(2017年製作の映画)

3.0

内容や設定はあまり好みのジャンルではない。

マシュー・マコノヒーとイドリス・エルパの存在感やキャラ、演技を賞賛したいです。

マコノヒーは勿論のこと、イドリス・エルパがこの作品をきっかけ大好きな俳優
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

1.5

映画館に観に行かなくてよかった。

CGが苦手だからそもそも観る必要が無かった。話題作だったから一応観ようとおもったけど、やっぱりこういうの苦手かな。

80’sなBGMが良かったくらい。

交渉人(1998年製作の映画)

4.2

久々に観ても面白い。

オチわかってても面白い。

「女子高生の格好して尻をぶたれた事あるか?」のくだりはサイコーです。

ケビン・スペイシーもサミュエルもノリに乗ってた時期のだから2人とも気合い入っ
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.4

感謝感激雨嵐。

良作。

久々に食らっちゃいました!

登場人物全員魅力的でストーリーを良い。

隣人ロバータが個人的に好きでした。

キャプテン・アメリカの教育方針は勉強になります。特に病院での‥
>>続きを読む

ジャンパー(2008年製作の映画)

3.8

「もし俺がジャンパーならこうするな」的な事を詰めてくれてるので好感。

そしてヒロインが超ツボ!クソ可愛いぜよ!

ティーン向けの映画ではあるけど好きです!

ザ・センチネル/陰謀の星条旗(2006年製作の映画)

2.7

ハリウッドでスーツと不倫が似合う男、マイケル・ダグラスと銃を持ったらジャックバウワー以外になれない男、キーファー。

キャスティングだけに期待してたらなんのその。

詰めが甘々なポリティカルアクション
>>続きを読む

スリープレス・ナイト(2017年製作の映画)

3.6

元ネタの方が好き。

アクションも凄くてテンポも良い。悪くはないけど、色々詰め込んだ感あり。

尺が短いので見易いです。

デトロイト(2017年製作の映画)

3.9

何の前情報もなく、評判が良かったので鑑賞。

キャスリン・ビグローだったからハズレる事は無いだろうと思い挑んだ。

結果、面白かった。内容が内容だけに「面白かった」と表現しにくいですね。とても興味深い
>>続きを読む

チェンジング・レーン(2002年製作の映画)

3.8

初めてこの映画を観た時に「クソつまんねぇ映画だな、クズ野郎同士の喧嘩かよ」って印象だった。

初見の時はまだ若かったし、学生だったからつまんなかったんだろうと。

社会人になって妻子持ちになって初めて
>>続きを読む

プレデター2(1990年製作の映画)

3.8

またしても地球にやって来てプレデター。今度はコンクリートジャングルが舞台。

そしてシュワに変わる主役はダニー・グローヴァー。マータフ刑事ではなくサリバン刑事が大暴れ。

前作も好きだけどこれも好き。
>>続きを読む

プレデター(1987年製作の映画)

3.9

モンスター系映画の名作。シュワ映画としても傑作。

動きが遅い、重い。全員デカい銃を持ち、ジャングルの中なのに肌の露出多め。マラリアなんてクソ喰らえ!最後はステゴロのタイマン。そして爆破。

最高です
>>続きを読む

フェイク シティ ある男のルール(2008年製作の映画)

3.5

特にこれといった派手さはないけど、面白い。

ギャングスタ映画が好きな人向け。

マイ・ボディガード(2004年製作の映画)

4.5

デンゼル好き、スコット兄弟好き、ハードボイルド好きって事で、この作品が嫌いなわけない!

最近見ないダコタ嬢も大人に負けないほどいい仕事してます!

ケツの穴に爆弾‥恐るべし。

ラストの橋のシーン、
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.5

説明不要のクラシック。

トム・ハンクス✖️ロバート・ゼメキスのタッグは間違いないですね。特にこの時期の映画は外れなし。

実際の歴史的映像にトム・ハンクスをコラージュした映像は今観ても新鮮。

観て
>>続きを読む

フローズン(2010年製作の映画)

3.0

いわゆるシュチュエーションもの。

内容はシンプルでB級ではあるけど見易い。

登場人物の構成も男2女1と丁度いい設定に感じました。もうちょい女が正確の悪いやつで輪をかき乱してたら面白かったかも!
>>続きを読む

トランセンデンス(2014年製作の映画)

3.7

初見で観た時は微妙と感じてたけど、今回3度目の鑑賞で好きになりました。

結構やりすぎ感は否めないが、近い将来ありえそうな話。こうゆうのツボです。

ファンタジー感のないジョニデ作品は個人的にどれも良
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

2.1

ダメだ。

やっぱり悪魔とか心霊的な類いの奴はあまり好きになれないわ。

しかも色々詰め込み過ぎてて、なんか冷めちゃった。

最近観たコリアン映画はハズレが多いなぁあ。

セル(2015年製作の映画)

1.5

怒涛の忙しさのせいで1ヶ月ほど映画を観ておらず、久々に鑑賞したのがこれ。

B級の中のB。

その場の思いつきで撮ったんじゃねぇかと思うくらい纏まりがない映画。

Re:LIFE リライフ(2014年製作の映画)

3.2

のんびりした雰囲気の映画。

悪くもなく、特別良作ってわけでもない。

ヒュー・グラントはいつも通りで、ヒュー・グラントが出てる映画は上から目線で観てしまう傾向があるが、実は嫌いじゃないかも。

ダメ
>>続きを読む

>|