Sentokunさんの映画レビュー・感想・評価

Sentokun

Sentokun

主に洋画、ごくたまに邦画。
音楽系、マフィア・ギャング系、宇宙人系、ゾンビ系、ピュア系が好きです。
ジャンルは特に問いません。何でも観ます。
感じたままを書きます。ストーリー紹介はしません!そこはプロにお任せで(文才ないのでw)
感じた事を共有出来たらと‥。
オススメして頂けると嬉しいっす!

映画(249)
ドラマ(0)

ディパーテッド(2006年製作の映画)

3.5

本家の足元に及ばないのは周知の事実。だけど久しぶりに観たらこれはこれでありなのかも‥。

よく考えるとこのキャスティングはすげぇ〜。あの人からこの人まで色んな名優が出てますね。個人的にはケリー・チャン
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

4.0

脚本や演出、毎度毎度のキャストのハマりっぷり、脱帽です。

3回程観た時にやっと内容理解出来ましたw

神作品。

オーシャンズ12(2004年製作の映画)

3.5

今回はジュリア・ロバーツの一人勝ち。助演男優賞はマクレーン。

マラヴィータ(2013年製作の映画)

3.6

映画”グッドフェローズ”はFBIのヌケる映画らしい‥。

インターステラー(2014年製作の映画)

4.3

ノーラン作品ばかり観てる昨今。頭が疲れてきたw

今まで映像美や演出に目をとらわれてきたけど、全ての作品共通で”希望と絶望”のバランスに惹かれていた事に気付く。

でも五次元の映像化や発想にもおったま
>>続きを読む

ベイウォッチ(2017年製作の映画)

3.3

“Bay watch motherfucker!!”

筋肉とおっぱい祭り。下品な下ネタてんこ盛り。もう内容はどうだっていいw

ロック目当てでの鑑賞だったけど、金髪ちゃんねーのお尻にしか目がいかない
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.8

好きです。こういうの。

ハリポタが出てる映画で初めておもしろいと思った作品です。死体役がハマってます。そしてケツが汚いw

シュールな笑いにハイセンスな映像。

一見する価値ありです。

バッド・バディ! 私とカレの暗殺デート(2015年製作の映画)

3.0

気楽に観れる映画。

個人的にはもうちょいクレイジー感あったら笑えて楽しかったのかなぁと。

RZAのカンフーが飛び出す事を期待してたらまさかのヘタレ役w

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.7

シリーズのなかでは1番アメコミ色が強いのかな。

ビギンズよりダークナイトのレイチェル役の方がタイプです。

キャスティングはどのシリーズも完璧。我らがケン・ワタナベもへんてこりんな見た目にもかかわら
>>続きを読む

ゲットバック(2012年製作の映画)

2.9

思ってたよりかは楽しめました。

っが、どれをとっても中途半端で残念な印象。

特に記憶に残る様な箇所もなく、話の盛り上がりもなく、ラスボスはショボく、テンポも遅め。

暇つぶしにどうぞ。

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

4.1

あいもかわらず豪華キャスティングで、流石完璧主義な監督だなぁと。M気質な当方としてはアン・ハサウェイ扮するキャットウーマンのハイヒールでの首絞めはたまらんですなぁ。

トム・ハーディ扮するベインも最高
>>続きを読む

ヒア アフター(2010年製作の映画)

2.6

何らかの因果関係により、最終的に主要キャラが交差するって仕組みの映画は好きな方。

正直ラストのマット・デイモンとフランス女のくだりは良くわからんやったな。

ヘロイン中毒のおかんと子供のくだりは最高
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.8

コレを越えれるアメコミ作品は今後出てくんのか??何度観ても完成度の高さに脱帽です。レビューするのはおこがましいレベル。

ヒーロー物の概念を覆してくれた作品です。善と悪の戦いを描いてるだけなのに、ドラ
>>続きを読む

チェイサー(2017年製作の映画)

3.5

思春期くらいの時に観た「チョコレート」以来ハル・ベリーが大好きです。車から降りて走るシーンは堪らんです‥。ハァハァ‥

良くある類のストーリーではあるものの、演出は良いし、テンポ良く、尺短めで観やすい
>>続きを読む

ブラッド・スローン(2016年製作の映画)

3.8

クソかっけぇー!中学や高校生の時に観てたら影響受けて筋トレしてまうだろうなぁ‥。

普通の良いパパがよそ見運転して同乗者を死なせてしまい、刑務所に投獄されるが、良きパパよりギャングスタの才能が高かった
>>続きを読む

隣人は静かに笑う(1998年製作の映画)

4.0

久しぶりの鑑賞。テロの話だけど、サスペンス色が強く、話もグイグイ引き込まれて面白いです。

演出的な所は90’sって感じで今じゃやり尽くされてる感あるけど、当時はとても新鮮に感じたのを覚えてます。
>>続きを読む

ネイバーズ2(2016年製作の映画)

3.5

前作を観てないのに続編からの鑑賞。

深い内容は無さそうなので続編からでも観れます。

そしてめっちゃおもろい。セス・ローゲンと言うこともあって、マリ××ナネタが多め。

内容はくだらない。むしろ内容
>>続きを読む

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

1.9

予想通りのおもんなさ。

先日観た「バリー・シール」は良かったけど、やっぱりトム・クルーズといった印象。

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.7

正直女スパイものは「ニキータ」以降面白いと思う作品に出会わなかったけど、コレはボチボチ面白かった。

動ける、カッコいいだけじゃなく、泥臭くて主人公がフルボッコにされる所が好感。

シャーリーズ・セロ
>>続きを読む

俺は、君のためにこそ死ににいく(2007年製作の映画)

2.3

内容が内容だけにディスりづらいけど、正直映画としては微妙な作り。

特攻隊員にフォーカスを当てた作品は色々見たけど、1番微妙かも。

知覧の博物館は三度ほど訪問した事あって、色々な事を感じて、深く考え
>>続きを読む

パーフェクト・ルーム(2014年製作の映画)

3.4

結構見ごたえのある謎解き系サスペンス。

これといって新鮮味は無いけど、何故か引き込まれていく。エロさとゲスさがてんこ盛りだからだろうか‥。普通にゲス野郎共が羨ましいw

多少舐めた感じで鑑賞する事を
>>続きを読む

ベルリンファイル(2013年製作の映画)

3.5

結構楽しめましたー!作りもしっかりしており好印象。

中盤からハリウッドばりのアクションで見応えあります。

韓国側の工作員があんまりハマってない印象。そして英語下手。

北側の工作員はもっと土臭くて
>>続きを読む

ターミネーター(1984年製作の映画)

5.0

通算100回くらい観てるんじゃねぇかと言うほど観まくった映画。なん度観てもいい作品です。

シリーズではパート2が人気だけど、元祖が1番出来が良いと思います。

パート2の1/16の制作費で作られてる
>>続きを読む

すべては君に逢えたから(2013年製作の映画)

1.4

もちろんあの”ラブ・アクチュアリー”を意識して作ったであろう映画。

毎度思うけど、邦画のアクション映画と恋愛映画ってなんでこんなにもクオリティが低いんだろう‥。

見所は女優がみんなべっぴんさん。本
>>続きを読む

泣く男(2014年製作の映画)

2.5

韓国映画を観る度に技術の高さに嫉妬します。日本ももっと高い技術で映画を作ればもっと邦画観るのになぁ‥。

だけど、センス的な話は別。この映画もオチはお涙頂戴の様なまどろっこしい感じで終わる。

なんか
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.8

久々のトム・クルーズの良作。

エンタメ要素は強めで見やすく、面白い。

アメリカって実際にいた犯罪者をモチーフに映画作って金儲けするのがすげぇ。さすがアメリカ様。

とにかく見やすくファニーな感じ。
>>続きを読む

今そこにある危機(1994年製作の映画)

3.5

久々の鑑賞。先日観たクリス・パイン版よりこっち。

政治的なサスペンス要素がある強めで、見応えあり。

他の2作も見直そうかな。

ザ・ファン(1996年製作の映画)

3.8

ミスター七変化ことデニーロとブレイドの映画。

デニーロは勿論だけど、90年代はいい映画ばかり出てたスナイプス。今じゃセガールと同じ扱いで切ないです。

実力ある2人の作品なので緊迫感満載で楽しい作品
>>続きを読む

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

4.0

男の生き様のバイブル的映画。

あーゆー床屋に通わなければ‥男の会話を学ばせてもらいました。

最近イーストウッドはあまり映画出演はしてないけど、貫禄あるし凄みのある役者さんだなぁと。ピストルを構え
>>続きを読む

グッド・ライ いちばん優しい嘘(2014年製作の映画)

4.4

またしても良い映画に出会っちまった‥。

ツボ中のツボ。掘り出し物。

スーダンの難民とアメリカ人の間でうまれるカルチャーショックがいい具合に描けてて、ファニーな感じでもあれば、濃厚な社会派でもある。
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.3

イーストウッド印の実話もの。

期待値を若干下回ったかな。

ドキュメンタリー映画でも良かったような‥。

本人出演の為もちろんリアリティはあるし、最後の実際の映像は良かったな。特にフランスで勲章貰う
>>続きを読む

ジャッジ・ドレッド(2012年製作の映画)

2.4

スタローンを愛してるので、スタローン版とは比較するつもりはありません。

アメコミとかヒーロー物にカテゴライズするよりどちらかというとトリップ物。

スローモーというドラッグをキメてるときの演出は超ト
>>続きを読む

ドラフト・デイ(2014年製作の映画)

3.1

後半からラストにかけて畳み掛けて来る感じ。正直長く感じました。

アメフトはルールがわかんないってのもあってあんまりハマらなかったなぁ〜。でも、ドラフトという世界にフォーカスを当ててる本作は興味深い。
>>続きを読む

グランド・ジョー(2013年製作の映画)

3.3

ニコラス刑事版グラントリノ。

こっちの方が泥くさい。

エンタメ性のないニコラス刑事もなかなか。リービングラスベガスを思い出しますね。

親父の最期が納得いかない。もっとフルボッコにでもして欲しかっ
>>続きを読む

バンク・ジョブ(2008年製作の映画)

3.6

今やアクションスターのイメージが強いステイサム、こういうクライム物の方が好きかな。特にイギリス訛りの方がいい!

まさかの実話ってのがびっくり。

銀行に押し入った後のゆすり、たかり、恐喝が面白い。
>>続きを読む

ロード・オブ・ドッグタウン(2005年製作の映画)

4.3

西海岸ってやっぱり良いなぁ〜。

70年代の音楽やカルチャーがフィーチャーされてて、良き!

チェックシャツにバンダナ、ハイソックス。

導入部分でスケボーのウィールから入るのだけど、スケボーデッキの
>>続きを読む

>|