suuuuさんの映画レビュー・感想・評価

suuuu

suuuu

映画(991)
ドラマ(26)

さんかく窓の外側は夜(2021年製作の映画)

3.5

舞台挨拶付きライブビューイング。スタッフにどれくらい長いかを内緒にしたまま手紙を読み出した志尊くんの独壇場。途中で切るわけにもいかず劇場によっては次のタイムテーブルが崩れる怖さで気が気でなかった。
>>続きを読む

映画 えんとつ町のプペル(2020年製作の映画)

3.8

演出の揃っていない細切れのエピソードの組み合わせだけど、それでも瞬発力で一気に泣かせに来る感じはよく研究されているなぁと感じた。

AWAKE(2019年製作の映画)

2.8

その場の状況を説明してしまう独り言を喋る登場人物がいたり、早口のエンジニアがいるけれど、吉沢君も若葉君も全然喋らない。1番見たいこの2人の会話が無く、寡黙な2人の顔と音楽だけで物語は進む。
たしかに将
>>続きを読む

私をくいとめて(2020年製作の映画)

3.8

軽いなー軽いなーと思って見てるとだんだん映画的な豊かな瞬間の連続になるいつものやつ。

アンダードッグ 後編(2020年製作の映画)

3.8

あんなに丁寧にドラマ描いてきたのに。。最後ボクシングしかやってなかった。。

きみの瞳(め)が問いかけている(2020年製作の映画)

3.6

目が見えないということによって考えられるほとんど全ての感動伏線を後半に回収していく韓国映画らしいお手本のような脚本。
吉高由里子相変わらず変わり者なのに見れてしまう。

さくら(2020年製作の映画)

3.7

原作を大事に大事に溢れないように扱っている感じがひしひしとつたわるけれど、挟まれる映画的な瞬間が違和感とともに、そうそうこれがやりたかったんだよなあ矢崎さんは、と嬉しくなる。

罪の声(2020年製作の映画)

3.6

最初これで2時間以上持つ?と思っていたけど事態はどんどん深刻に骨太になっていった。

スパイの妻(2020年製作の映画)

3.7

メロドラマのような日本のフィルムは結局輸出されない。日本は負けた。でもその裏で、選ばれた誰かが命をかけて輸出しているかも、しれない。回路の船も、そういえばここではない何処かへ向かい終わる。
これがヴェ
>>続きを読む

浅田家!(2020年製作の映画)

3.8

最初これ全部ナレで説明する感じかと思ったら、物語や役者と適度な距離感を持って少しずつ冷めたいい感じの演出に変わっていった。音楽はガンガン鳴ってたけど、、中野監督らしさは残っていた。

>|