せうさんの映画レビュー・感想・評価

せう

せう

猫とドラムと映画が好き。
適当にレビューとかしていくつもり。
読者に関しては、太宰治と三島由紀夫が好きです。

映画(200)
ドラマ(0)

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

4.0

出演者等をロクに調べずに見に行ったので、リーアムニーソン出てて驚きました。

シンドラーのリストでオスカーシンドラーの役として出ていたことや、スターウォーズエピソード1のオビワン・ケノービの師匠である
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

1.0

ゴジラのクオリティが低すぎて萎える。全体的に安っぽい。プラスチックでできたゴジラが模型の街で暴れまわってる感じ。

日本の映画は終わってますって感じの映画でした。

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999年製作の映画)

4.0

リーアムニーソンが出演しているということで、見てみたら予想以上に面白かった。

個人的にダースモールがめちゃくちゃ好き。かっこいい。

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

5.0

人の命に優劣をつけることなどできない。

こんな当たり前のことすらも、人間はわからなくなってしまう。

何故、人間が同じ人間に対してここまで冷酷で残虐になれるのだろうか。ユダヤ人というだけで、何故無抵
>>続きを読む

メン・イン・ブラック2(2002年製作の映画)

4.0

一作目より投げやりな感じはするのだけど、楽しめました。

メン・イン・ブラック(1997年製作の映画)

4.1

めちゃくちゃテンポ良くて飽きないし、笑えるから最高。

イモータル・ライフ・オブ・ヘンリエッタ・ラックス(2017年製作の映画)

4.5

HeLa細胞、理系生物屋なら誰しもが知っている細胞ではないでしょうか。栄養状態さえ整っていれば、永遠に生きながらえる癌細胞。僕も実験室で培養したことがあります。

しかし、この細胞がヘンリエッタという
>>続きを読む

アイ・アム・レジェンド(2007年製作の映画)

4.0

バイオハザードとかいうくだらないゾンビ映画よりかは遥かに面白かった。

テンポが良くて飽きずに見られます。

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

4.5

ぶっ飛んでる!だがそれが良い!!

映画に下手な小細工なんていらねぇ!!

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

4.0

時間が長いとか言われてるが、あまり気にならなかった。

スパイダーマン3(2007年製作の映画)

4.0

スパイダーマンの敵が大集結してて、見てていてとてもハラハラしました。

2ガンズ(2013年製作の映画)

3.6

とにかく2人が拳銃を打っ放して暴れまくる映画。ド派手に暴れまくる以外の場面ではあまり見所はなかったが、無駄な様子がなくて逆に良かったのかも。。

なんかみてて気分が良かった。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

4.0

細田守さんが作ったような、何も考えずに観て、単純に楽しめるような作品では無い。だから、とりあえず流行りに乗っかって観てみた!と言う人には向かない作品だと思いました。

よく言われている通り、とても文学
>>続きを読む

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

-

太宰治のファンとしては、小栗旬ではイメージが合わない。もっとダーグで、キザっぽくなくて落ち着いた雰囲気の男でなければ太宰は務まらない。この映画の監督は太宰治の作品を本当にちゃんと読んだのだろうか...>>続きを読む

ハードコア(2015年製作の映画)

4.0

発想が斬新!観てて爽快だし、笑えるし、個人的にはかなり楽しめた。

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.5

この作品のネタバレをすることは、「ユージュアルサスペクト」のカイザーソゼが誰であるかバラすくらい馬鹿なことだと思うので、内容に触れることは何も書かないが、ともかく最高の映画だった。

>|